Apple Watch Series 5を買うべきか?

Apple Watch Series 5 - 1Apple

ついに、やっと、とうとう、常時画面表示に対応したApple Watchが登場しましたが、買うべきか、買わざるべきか?

私はいまのところ買わないつもりです。それはなぜか?


スポンサーリンク

Apple Watch Series 5 は画面の常時表示に対応

Apple Watch Series 5のトピックは、とうとう画面の常時表示に対応したことです。

新登場のチタンケースとか、復活のセラミックケースとか、コンパスを搭載したとかも楽しげですが、やっぱり常時表示。

従来のApple Watchの不満点はバッテリーが2日ももたないこと以上に、だいたいいつも画面が消えていることでした。

時刻やその他の情報を確認しようと手首を上げれば表示されるものの、画面が表示されるまでに1秒未満ではありますがタイムラグがあります。

作業中、キーボードを打ちながら時刻を確認するにも、いったん手を上げてくいっと手首を返さなければならず、この点が既存の腕時計に対する決定的なディスアドバンテージでした。

Apple Watchの宣材写真を見るとどれもこれもカッコよく見えるのですが、よく見るとどれも画面が点灯している写真です。

Apple Watch Series 5 - 2
Apple Watch Series 5 - 3

しかし、われわれが手に入れるApple Watchはほぼいつも画面が消えているわけで、買ってみて「思ってたのとなんか違うな」という違和感が拭いきれなかったのです。

それがついに、通常は暗い表示ではあるものの常時表示に対応するということで、やっとここまで来たかとたいへん感慨深いです。

そして、こちらの動画を見ると、単に同じ画面を暗くするのではなく、黒い部分が多いデザインに切り替えることで消費電力を減らしているのがわかります。

非点灯部分は電力を(ほぼ)消費しないというOLEDの特性をうまく生かした仕様ですね。


Apple Watch Series 5 を買うべきか?

画面の常時点灯という素晴らしい進化を成し遂げたApple Watch Series 5を買うべきか?

私は今のところ、少なくとも発売日には、買わないつもりです。

画面の常時点灯機能が必要なのは、Apple Watchを普段遣いの時計とする場合ですが、普段の時計は機械式でまだApple Watchに置き換える(戻す)つもりにはなれません。

【ロレックス】高級腕時計の個人輸入の手順と結果【オメガ】
Apple Watchを卒業してコンベンショナルな腕時計を探す中、腕時計の個人輸入について検討・実践しました。ちゃんと手順を踏めば、とくに大きな不安や危険はないと思います。

ずっと使う時計になら4万2,800円(税別・40mm/アルミニウム/GPSモデル)を払っても惜しくはありませんし、バッテリーライフを考えて昼用と夜用の2本買って交互に使ってもいいでしょう。

しかし、他に普段遣いのお気に入りの時計があって、スマートウォッチは主に運動するときにだけ使うというのなら、Series 4以前のモデルでもとくに不満はありません。

今のところ、一昨年発売されたSeries 3の一部モデルは引き続き販売されるようですので、そちらを買って必要なときにだけ使うというのが、じつはリーズナブルなのではないかと思います。

それならたったの1万9,800円+税です。

Apple Watch Series 5 - 4

新しいwatchOS 6はSeries 3でも使えます。

どうでしょう?いいアイデアではないでしょうか?

というわけで、私は当分のあいだSeries 4(Nike+)を使い続けようと思うという話でした。

リンク:Apple Watch(Apple)


タイトルとURLをコピーしました