iPad Pro 2018年モデルを買うべきか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 24
iPad Pro 2018 - 2

iPad Proの2018年モデルがついに発表されました。早速予約受け付けも始まっています。

新規購入や旧モデルからの買い替えをするべきか検討します。


iPad Pro 2018年モデルの概要

2018年モデルのiPad Proは、ホームボタンを廃止した狭額縁と、iPhone SEのように真っ直ぐに切り立った側面を持つ、従来モデルとは異なるイメージのデザインを採用して登場しました。

主な仕様は次のとおりです。

項目 11インチモデル 12.9インチモデル
OS iOS 12.1 iOS 12.1
プロセッサー A12X Bionic A12X Bionic
RAM (不明) (不明)
ストレージ 64GB / 256GB / 512GB / 1TB 64GB / 256GB / 512GB / 1TB
ディスプレイ 11インチ、2388 x 1668ピクセル(264ppi) 12.9インチ、2732 x 2048ピクセル(264ppi)
カメラ イン:700万ピクセル、ポートレートモード
アニ文字&ミー文字、フラッシュ
スマートHDR、手ぶれ補正
アウト:1200万ピクセル、スマートHDR、手ぶれ補正
イン:700万ピクセル、ポートレートモード
アニ文字&ミー文字、フラッシュ
スマートHDR、手ぶれ補正
アウト:1200万ピクセル、スマートHDR、手ぶれ補正
インターフェース USB Type-C USB Type-C
サイズ・重さ 247.6 x 178.5 x 5.9mm
468g(Wi-Fi、セルラーとも)
280.6 x 214.9 x 5.9mm
631g(Wi-Fi)、633g(セルラー)

11インチモデルは昨年の10.5インチモデルとほぼ同じ大きさと重さで、ホームボタン廃止と狭額縁にした分でディスプレイがやや大きくなりました。

一方の12.9インチモデルは昨年までのものより一回り小さくなり(25.1 x 5.7 x 1.0mm減)、重さも46〜49g減って、ディスプレイサイズは据え置きとなりました。厚みを14%以上減らせるとは驚きです。


2018年モデルのポイントとなる仕様

さて、今回発表された2018年モデルを買う・買わないを検討するにあたり、ポイントになる部分を見ていきたいと思います。

アクセサリーは完全刷新

まず、純正アクセサリーはどれも新モデル専用のものに置き換わります。

キーボードカバー(Smart Keyboard Folio)はそもそもサイズが違いますし、接点の位置も全く違います。旧製品を流用することはできません。

Apple Pencilもワイヤレス充電方式の新モデルとなりました。Apple Insiderのこちらのハンズオンレポートによると、新しいApple Pencilは旧iPad Proでは利用できず、古いApple Pencilは新iPad Proでは利用できないとのことです。

インターフェースがLightningからUSB Type-Cに変わったことで、ケーブル類もすべて新しくなっています。

旧モデルからの買い替えでは、アクセサリーの出費も覚悟する必要がありそうです。

3.5mmヘッドセットジャックは廃止

3.5mmヘッドセットジャックがなくなりました。

有線のヘッドフォンを使いたい場合は、新たにアクセサリーに加わった「USB-C – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」というものを購入しなければなりません。

お値段は1,000円(税別)です。

iPad Pro 2018 - 14

Smart Keyboardがフォリオタイプに

純正のキーボードカバーがSmart Keyboard Folioという名称になり、iPad Proの背面をカバーするようになりました。

気になるのは背面側の厚みがどうなるのかですが…

iPad Pro 2018 - 13

こちらの写真を見ると、背面側はざっと2.8mmくらい、全体で13.8mmくらいでしょうか。

iPad Proには102個のマグネットが仕込まれていて、その働きでSmart Keyboard Folioはあるべき位置にピタッと吸着されるのだそうです。

iPad Pro 2018 - 12

Apple Pencilがマグネット固定 & ワイヤレス充電タイプに

旧iPad Proユーザーにとって、最大のストレスが解消されるかもしれません。

Apple PencilがSurfaceペンと同じように、デバイス本体にマグネットで吸着するようになりました。

さらに、その状態でiPad Proから電力を得て充電されるというではありませんか!

これで我々は、Apple Pencilのバッテリー切れ問題と、ペンの置き場所問題と、キャップがなくなる問題から事実上開放されると言っていいでしょう。すばらしい改善です。

USB Type-C採用

ついにiOSデバイスにUSB Type-Cがやってきました。

iPad Proに同梱されるACアダプターは18Wで、これまで急速充電の裏技で使われてきたMacBookの30Wアダプターには及びませんが、従来の12Wアダプターよりはずっと強力です。

また、USB-C接続のアクセサリーをダイレクトに接続できるということで、発表会の後のハンズオンセッションでは5Kディスプレイに接続するデモなども行われていたようです。

ただし、外部ディスプレイへの接続は、現時点では基本的にはミラーリング(内蔵ディスプレイと同じ内容を表示する)のみということで、動画再生以外ではあまりメリットを感じられなさそうではあります。

USB-C接続のストレージを直接接続できるのなら、非常に利用価値の高いインターフェースになると思います。

シングルコアで35%、マルチコアで90%のパフォーマンス改善

iPad Pro 2018年モデルにはA12X Bionicというチップが搭載されています。

7nmプロセスで製造された、CPU部が8コア、GPU部が7コアの構成で、従来モデルに対してシングルコアの性能で35%、マルチコアでは90%ものパフォーマンスアップを実現しているとのことです。

GPUの性能はゲームコンソールのXbox One Sと同等の性能があると言っていましたね。NBA2Kのデモもすごかったです。


iPad Pro 2018年モデルを買うべきかどうか

とこのようなiPad Pro 2018年モデルは買うべきかどうか?

ここで価格表を見てみましょう。

■ 11インチモデル

モデル 価格(税別)
64GB Wi-Fi 8万9,800円
256GB Wi-Fi 10万6,800円
512GB Wi-Fi 12万8,800円
1TB Wi-Fi 17万2,800円
64GB Wi-Fi + LTE 10万6,800円
256GB Wi-Fi + LTE 12万3,800円
512GB Wi-Fi + LTE 14万5,800円
1TB Wi-Fi + LTE 18万9,800円
アクセサリー 価格(税別)
Smart Keyboard Folio
(キーボードカバー)
1万9,800円
Smart Folio
(前後面カバー)
9,800円
Apple Pencil 1万4,500円

■ 12.9インチモデル

モデル 価格(税別)
64GB Wi-Fi 11万1,800円
256GB Wi-Fi 12万8,800円
512GB Wi-Fi 15万800円
1TB Wi-Fi 19万4,800円
64GB Wi-Fi + LTE 12万8,800円
256GB Wi-Fi + LTE 14万5,800円
512GB Wi-Fi + LTE 16万7,800円
1TB Wi-Fi + LTE 21万1,800円
アクセサリー 価格(税別)
Smart Keyboard Folio
(キーボードカバー)
2万2,800円
Smart Folio
(前後面カバー)
1万1,800円
Apple Pencil 1万4,500円

キーボードカバーとApple Pencilをセットで買うとすると、最も安い組み合わせで12万4,100円(税別)(11インチ、Wi-Fi、64GB)。

せめてストレージはもう少し欲しいとすると14万1,800円(税別)(11インチ、Wi-Fi、256GB)になります。

12.9インチになるとさらに一律2万2,000円(税別)アップです。

iPad Pro 10.5インチモデルを1年間使ってきた経験から、用途がiPad Proにマッチしている場合は、十分以上に高いパフォーマンスを得られるという実感はあるのですが、やっぱりPC(Macでも可) が欲しい場面もあるわけで、iPad Proだけで15万円以上を投じるというのは、誰にでもおすすめできることではないと思います。

というわけで、iPad Proだけでやりたいことを完結できそうな方や、別途PCやMacを買うことができる富裕な方は、一度手にしてみるとちょっと世界が変わるような経験ができると思います。とくに、小さくて軽い11インチモデルはどこへでも持っていける強力なツールになってくれるはずです。

リンク:iPad Pro(Apple)
リンク:iPad Pro(ビックカメラ)icon