ソフトバンクとauのサービスエリアが徐々に拡大して夏のレジャーが捗りそうな件

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 15
Softbank area - 1

山奥へ行くならドコモ(とドコモ系MVNO)一択だと思っていたのですが、気がつけばソフトバンクもauも順調にエリアを拡大中で、もうどのキャリアを選んでもほとんど不都合がない状態になりつつあります。

夏のアウトドアレジャーを計画されている皆様には朗報。


スポンサーリンク

ソフトバンクとauが順調にサービスエリアを拡大中

夏が来たので涼しいところでキャンプでもと思って調べ物をするついでに、これまでずっとドコモしか繋がらなかった山間のキャンプ場の電波状況はいまどうなっているのか調べてみました。

まず盤石のドコモがこちら。
NTT docomo area - 1

薄紫色の800MHz帯限定ですが、バッチリエリア内です。安心。

次にソフトバンク。
Softbank area - 1

赤は4Gと4G LTEの両方が使えるエリアです。かつてはスマホを天にかざしてぎりぎり3Gが入るかどうかだったのに!

最後にauです。
au area - 1

auもエリア内じゃん!と思いきや、オレンジは2017年11月末までに順次拡大予定の4G LTE対応エリアとなっています。
つまり、現時点ではエリア外ですが、来年のキャンプシーズンにはしっかりエリア内です。

このあたりは山道をどんどん登り切ったところで、非常に自然豊かで素敵な場所ですが、それだけに万一のときに備えて通信手段が整っていてほしい場所でもあります。

キャンプ場というのは意外にやることがない場所で、ずっと飲み食いするわけにもいかず、焚き火を眺めるのにもやがて飽きるものですし、雨でも降ってテントに閉じ込められた日にはただただ退屈するばかりです。そんなときにも、ネットにさえつながれば、何かしらの暇つぶしが可能というものです。

また、スマホナビは電波がなければルート検索ができなかったりしますので、そういう点でも通信エリア内であることはとても重要。

私の場合、当面はドコモ系MVNOであるBIGLOBE SIMを使う予定ですので心配ないわけですが、各社のエリア拡大によって今後はキャリア選びの自由度が上がるわけで、有り難いことであります。

リンク:NTTドコモ
リンク:ソフトバンク
リンク:au