ソニーα7 IIIが約20万5,000円って安いのか?

※ 当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しており、記事等には [広告・PR] が含まれる場合があります。
※ 当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しており、記事等には [広告・PR] が含まれる場合があります。
Sony α7iii - 1 周辺機器

タイのバンコクでお買い得だというソニー α7 IIIのボディ(新品)を発見しました。

本当に安いのか?


スポンサーリンク

ソニーのフルサイズミラーレス一眼が5万9,900バーツ

カメラメーカーの主戦場がセンサーサイズ大きめのミラーレスカメラ市場へ移るにつれ、ソニーの存在感が増しています。というか、ミラーレスではほとんど一人勝ちの状態ではないでしょうか。

ミラーレスといえばパナソニックだと思っていた時代はどこへ行ってしまったのか?

で、そのソニーのミラーレス一眼で現実的に手が届きそうなモデルはというと、最近リリースされたばかりのα9 IIでもα7R IVでもなくα7 IIIではないかと思うわけです。

α9 IIはボディが40万円台後半、α7R IVでも30万円台後半で、これにレンズを加えると50万円とか60万円といった世界になってしまいます。

これでは興味本位でちょっと手を出す金額を超えています。

というわけで、旧モデルとなったα7 IIIに注目してしまうわけですが、バンコクを訪れた外国人の多くが足を運ぶという有名なショッピングセンター「マーブンクローンセンター(MBKセンター)」でα7 IIIのボディ(新品)が5万9,900バーツで売られているのを発見しました。ポップによるとセール価格だそうです。

5万9,900バーツというと、記事作成時点の為替レート(1バーツ=3.6円)で計算すると、21万5,640円ということになります。

価格コムの最安値が19万8,000円ほどなので、日本で買った方が安いじゃんはい終了、となるかというとそうはいきません。

付加価値税(VAT)の還付がある

上記5万9,900バーツには付加価値税(VAT)が含まれています。

海外からの旅行者がこうした商品を購入して所定の手続きを行った場合、出国時にVATの一部が還付されます。

戻ってくるのは7%丸ごとではなく5%程度のようですが、5%=約3,000バーツ(約1万800円)が戻ってくるとすれば、日本で購入した場合との差額は少なくなります。

仮に1万800円戻ってきたら20万5,000円ほどですね。

クレジットカードで購入できる

次に、上記価格コムの最安値店では現金による支払いを求められます。クレジットカードで購入する場合の最安値はおよそ20万5,000円です。

クレジットカードで購入できれば、カードのポイント還元を受けられるので、その分お得ということになりますし、陸マイレージを貯めるのに熱中していたりすると、多少のマイナスには目を瞑ってカードを利用することもあるでしょう。

約20万円分の利用を上積みすることで、翌年度のカード年会費を回避できたり、翌年度の会員ランクアップの基準を満たすことができる場合もありそうです。

実店舗で購入できる

VATの還付を受け、カード決済を利用したとしても、まだ日本国内で買うのと比べてとくべつお得というほどではありません。

ということで、タイで5万9,900バーツで購入するメリットをもう一つ加えるとすれば、それは実店舗で購入できることです。

過去にタイでカメラやレンズを購入した経験から、どうやらタイのお店では実際に買う個体を箱から出して、動作確認までしてからお支払いというしきたりらしいことがわかっています。

つまり、基本的な動作については初期不良に悩まされる心配がないということです。

バンコク中心部ではMBKセンター以外のモールにもたくさんのカメラ販売店がありますので、カメラ好きの方がバンコクへお越しの際は、ちょっと覗いてみると楽しいと思います。

というわけで、タイ・バンコクでカメラを買うと得か損かという話でした。


関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
周辺機器
キリツメをフォローする
kiritsume.com
タイトルとURLをコピーしました