【レビュー】SpigenのiPhone X用ハイブリッドケース

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 17
Spigen iPhone X hybrid case - 1

iPhone X用のケースとして、現在はApple純正のレザーケースを使っていますが、その直前まではSpigen製のハイブリッドケースを使っていました。

全体としてはよくできているのですが、結果的には使わなくなってしまったSpigenケース。その理由などを含めてレビューします。


スポンサーリンク

SpigenのiPhone X用ハイブリッドケースのレビュー

今回レビューするのはこちらの製品です。

iPhone Xに装着してみるとこのようになります。
Spigen iPhone X hybrid case - 1
Spigen iPhone X hybrid case - 2

背面のしっかりしたポリカーボネート素材と、側面のやわらかなTPU素材。これが「ハイブリッド」の所以です。
Spigen iPhone X hybrid case - 3

側面がやわらかいので、装着が比較的簡単な上、装着後はアクシデントで外れたりすることがなく、同時に衝撃吸収効果も期待できます。
手に持ったときに滑りにくいというのも良い点です。

私が買ったのは薄くグレイがかった「スペース・クリスタル」というタイプですが、ほかに「マット・ブラック」「レッド」「ローズ・クリスタル」というカラーバリエーションがあります。

側面にはボタン類にアクセスするための突起とくり抜きがあります。
Spigen iPhone X hybrid case - 4
Spigen iPhone X hybrid case - 5

突起の周囲は素材を薄くして柔らかくしているようで、軽い力で押し込むことができます。
ボタン操作がしづらいという印象はありません。

底面にはLightningポートにアクセスするためのくり抜き(兼、マイク用の穴)と、スピーカー用の穴があります。
Spigen iPhone X hybrid case - 6

手持ちのいくつかのケーブルで試して見ましたが、くり抜きが十分に大きいので、ケーブルが刺さらないようなことはありませんでした。

背面にはカメラ用の穴が開いています。
Spigen iPhone X hybrid case - 7

iPhone X本体のカメラ部分は周囲よりも突出していますが、このケースを取り付けるとケースの背面よりも低くなるので、デスクに置いたときや、万一落としたときにも、カメラ部分を破損する可能性が低くなっています。

ケースの四隅には内部のTPU素材が欠けた部分があり、iPhone Xに装着するとその部分に空気が閉じ込められて、落下時にクッションのように作用するようになっています。
Spigen iPhone X hybrid case - 8

ケースの四隅の背面には高さ1mm弱程度の脚があって、背面を下にしてデスクに置いたときにも、ポリカーボネート部分がデスクに接しないように配慮されています。
Spigen iPhone X hybrid case - 9

せっかくのケースが傷だらけになってしまっては残念なので、これはナイスなアイデアだと思います。

最後に、このケースを装着した状態でも、ワイヤレス充電は問題なく行えます。


ちょっと残念なこと

さて、現在私はこのケースを使っていないのですが、その理由は二つあります。

まず、背面のポリカーボネート部分が指紋だらけになってしまうこと。
ケース単体ではそれほど気になりませんが、スペースグレイのiPhone Xと組み合わせると、ちょっと気になるレベルです。
もちろん、指紋はきれいに拭き取れますが、適当な布やティッシュペーパーで拭いたりするとケースに傷が付きそうで、なるべくやわらかい布で拭いた方が良さそうな感じです。

次に、ケースの横幅がやや大きすぎること。
ケースを付ける以上、iPhone X単体よりも大きくなるのは避けられませんが、私の手のサイズでは片手操作がちょっと厳しくなる程度にまで大きくなってしまいます。
そのぶん保護性能も高まるのでしょうが、ずっと触れているものなので気になってしまいました。

また、これは買い替えの理由というほどではありませんが、iPhone Xの周囲に透明感のあるTPU部分がつけ加わることで、ぼってりした外観になるというのも、やや気に入らない点でした。

このような点を鑑みて、私はほどなくApple純正のレザーケースに移行してしまいました。

純正レザーケースについてはこちらで書いています。

iPhone Xは表と裏の両面がガラスで覆われていて、落とした時に致命的な損傷を負う可能性が従来比で2倍、裏は操作に支障がない分割り引いたとしても1.5倍くらいにはなっています。 長い間、スマホケースを使わない裸族を貫いてきた私が久しぶりに使ったApple純正レザーケース。かなり良いです。

そんなわけで、Spigenのものはすっかり使わなくなって、無駄な出費になってしまったわけです。こういうものは実際に買って使ってみなければ好みに合うかどうかがわからないので、ある程度は仕方ないことではありますが…。

もしも「純正ケースが良さそうだけど、ちょっと値段が高いしな…」と他社製品を買おうとされている場合は、私の経験を糧にしていただければと思います。
Spigenのも悪い製品じゃないですけど。