Surface LaptopのOSをWindows 10 Proに無償で切り替えられる期限が延長

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6
Surface Laptop

Surface LaptopにはWindows 10 SというOSがインストールされて出荷されます。

Windows 10 SはWindowsストア経由でインストールしたアプリしか動作させないことでセキュリティを向上させるものですが、制限がキツすぎて使い勝手を損ねると感じる場面も少なくありません。このような懸念に対応するため、Surface LaptopのOSは期間限定で無償でWindows 10 Proに変更できるようになっています。この期限が延長されました。朗報!


スポンサーリンク

Surface LaptopのOSをWindows 10 Proに切り替えられる期限が延長

Windows 10 SをWindows 10 Proに切り替えられる期限は、当初2017年12月末日とされていましたが、今回この期限が2018年3月末日まで延長されると発表されました。

Windows Blog 「Surface Laptop colors arriving in additional countries」
https://blogs.windows.com/devices/2017/09/05/surface-laptop-colors-arriving-additional-countries/

上のリンク先(Microsoft公式のWindows Blog)ではSurface Laptopのカラーバリエーションが各国で追加されるという情報に加えて、OSの切り替え期限延長について触れられています。

日本のマイクロフトストアiconでは、現時点では「2017年12月31日まで」という記述になっていますが、上のリンク先では特に地域を限定した書き方はされていないので、近日中に日本でも同じアナウンスがされるものと思われます。

Windows 10 SからWindows 10 Proへの変更は基本的には片道切符だとされていて、一度変更したら後には戻れないのですが、そのわりには変更期限までの時間が短い状態でした。本来はこんな時間制限などなしに変更できるようにされているのが良いと思いますが、ともかく期間が延びたのは朗報です。

Windows 10 SがネックでSurface Laptop購入に二の足を踏まれている方は、この機会に手に入れてしまうと良いのではないでしょうか。
こちらでレビューしたとおり、Surface Laptop自体は非常によくできたデバイスです。

リンク:Surface Laptop(マイクロソフトストア)icon