WWDC 2018で発表されるかもしれないAppleの新製品たち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 22
WWDC18 - 1

アップルの開発者向けイベント「WWDC 2018」の基調講演の日時が、アメリカ太平洋標準時の6月4日午前10時と発表されました。これは日本時間の6月5日午前2時にあたります。

そこで発表されるかもしれないAppleの新製品についてまとめます。


WWDC 2018の基調講演は6月5日午前2時から(日本時間)

WWDC 2018のプレス向け招待状が送付され、基調講演が現地時間(太平洋標準時[夏時間])の6月4日午前10時と確定しました。

WWDCの基調講演では例年、その年の秋に行う各OSのメジャーアップデートの概要説明と、新製品の紹介が行われます。

2017年の基調講演では、iOS 11、macOS High Sierra、watchOS 4の概要と、MacBook Pro、iMacとiMac Pro、iPad Proの新製品、さらにHomePodが紹介されました。

今年は次のようなことが期待されています。


WWDC 2018で期待されている発表

期待される発表は次のようなものです。

  • iOS、macOS、tvOS、watchOSの新バージョン
    まず、各OSのアップデートについて。例年、基調講演の当日からプレビュー版の配布が始まるので、アップデート内容の詳細は、翌日以降各メディアで取り上げられるはずです。楽しみ。

  • MacBook Proの新製品
    アップデート待ったなしのMacBook Proについて。
    Apple Insiderによると、RAMを32GB搭載できるプロセッサーは採用されない見込みだとか。つまり、今年後半に生産が始まるCannon Lakeを待つのではなく、現行の最新プロセッサーであるCoffee Lakeを搭載したアップデートモデルがリリースされるという見立てのようです。

  • iPad Proの新製品
    iPad Proはホームボタンを廃止し、指紋認証の代わりに顔認証でロックを解除するFace IDを採用した、新モデルが登場すると言われています。

  • iPhone SE 2
    あちこちで噂されているものの、その内容がバラエティに富んでいて、本当に出るのかどうかよくわからないのがiPhone SE 2です。Face IDに対応してiPhone Xのような切り欠き画面になるとか、サイズはiPhone SEより少し大きくなって背面がガラスになるとか言われています。
    しかし、WWDCでは2010年以降iPhoneは発表されておらず、秋には「SE」とは異なる廉価版iPhoneが噂されていることから、今回の発表は無さそうだという意見もあります。

  • 低価格版HomePod
    現行のHomePodは349ドルで、AmazonやGoogleの競合製品と比べてあまりにも高すぎることから、仕様を落とした廉価版がリリースされると噂されています。
    価格は199ドルだとか、AppleからではなくBeatsからリリースされるとか言われていますが、WWDCで発表されるのか、9月のiPhone発表に合わせるのかはよくわかりません。

WWDC 2018は日本時間の月曜深夜ということで、リアルタイムで目撃するのはなかなか大変そうですが、期待の新製品が発表されるのかされないのか、楽しみでしかたありません。

リンク:WWDC18(Apple)