【レビュー】手頃な価格のUSB Type-Cアダプター「dodocool 7-in-1 USB Type-Cアダプター DC30S」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 282
dodocool DC30S - 2

12インチMacBookや2016年モデルのMacBook Proで気になるのは、インターフェースがUSB Type-Cポートしかないことです。

周辺機器側の対応がそれほど進んでいない現状、他の機器と組み合わせて使おうとすると何らかのアダプターが必要なわけですが、今回dodocoolのUSB Type-Cアダプター「DC30S」を使わせていただいたので、そのレポートをお届けします。


スポンサーリンク

dodocool DC30Sのレビュー

dodocool DC30SはUSB Type-Cポートに接続するタイプのアダプターで、本体には以下のインターフェースを備えています。

  • USB 3.0 Type-A x 3ポート
  • USB Type-C x 1ポート
  • HDMI x 1ポート
  • SDカード x 1ポート
  • microSDカード x 1ポート

USB Type-Cポートがあるので、アダプターを使いながらMacBookを充電できて便利ですし、アダプターに接続したUSB機器(ポータブルSSDなど)も電力不足になりにくいという利点があります。

また、SDカードとmicroSDカード(本製品の仕様上は「TF Card」と書かれていますが、microSDの読み書きができます)のスロットがあるので、デジカメからのデータの取り込みが簡単にできます。
この点もカードスロットがない新しいMacやその他のPCでは助かるポイントです。

さらに、HDMIポートがあるので、外部ディスプレイやプロジェクターへの映像の出力ができます。
自宅やオフィスのようにスペースに余裕がある場所でサブディスプレイを繋いだり、外出先でプロジェクターに接続してプレゼンをしたりという場合にも対応できます。

というわけで、1台5役(USB Type-Aのポート数分数えれば1台7役)の全部入りUSB Type-Cアダプター「DC30S」です。

MacBookとの親和性

DC30Sを12インチMacBookに接続するとこのようになります。
dodocool DC30S - 1

ケーブル部分はコネクターも込みでおよそ14センチ。
dodocool DC30S - 5

本体の箱の部分はクレジットカードと同じくらいのサイズです。

本体の側面の片側にはUSB Type-Aが2ポート、SDカード、microSDカードのスロットがあります。
dodocool DC30S - 3

反対側にはやはりUSB Type-Aが1ポートと、フルサイズのHDMIが1ポート、さらにUSB Type-Cが1ポートあります。
dodocool DC30S - 4

このUSB Type-CにMacBook付属のACアダプターからType-Cケーブルを繋ぐことで、アダプターを介してもMacBookを給電・充電することが可能です。

dodocool DC30S - 2

Type-AポートにiPhone等を接続して充電することもできますし、MacBookとのデータ通信(同期やファイル転送)も可能です。

もちろん、USB Type-Aで接続する外付けHDDケースを接続して使うこともできます。
dodocool DC30S - 6

Macのバックアップは外付けHDD/SSDで行うのが一番簡単で楽ちんですが、そのためだけにUSB Type-Cに対応したドライブを買うのは経済的じゃないので、手持ちのドライブを流用できるのはありがたいです。

さらに、HDMIケーブルでディスプレイを接続すると、手持ちの12インチMacBookの場合、最大Full HDサイズで60pの出力を選択できるのを確認しました。(モニターはDell P2415Q)
MacBook本体と同じ内容をミラーリングすることもできますし、デスクトップを拡張して別の内容を表示することもできます。
外部ディスプレイを動画のビューアーとして使ったり、動作編集のプレビューウィンドウとして使ったりすると、いろいろ捗ると思います。

SDカードの読み込みスピード

SDカードの読み込みがどの程度のスピードでできるのかを試してみました。

デジタル一眼レフカメラで撮影したRAWファイルと動画ファイルを合わせて463ファイル、合計約9GBを、DC30Sに差し込んだSDカードからMacBookの内蔵SSDにコピーするのに要した時間は、およそ2分20秒でした。

dodocool DC30S - 7

使ったSDカードはSanDiskのExtreme Proで、仕様上の読み出し速度は95MB/sとなっています。これに対して上で試した結果は約65MB/sで、カードの実力をまずまずのレベルで引き出した結果となっています。

外付けのアダプターでこのレベルのスピードが出ていれば上々と言えると思います。


MacBookやMacBook Proのお供に持っておくと便利

以上、dodocoolのUSB Type-Cアダプター「DC30S」を使ってみた感想でした。

2015年に12インチMacBookが登場してから、USB Type-Cのアダプターは数多く発売されています。
MacBookにピッタリ寄り添うケーブルレスのものや、Ethernetポートを備えた多機能なものもありますが、全体的に値段が高いと感じます。

そんな中で、DC30Sはうまく機能を絞って比較的低価格に仕上がった製品です。

個人的にUSB Type-Cアダプターに求める必要最小限の機能として、USB Type-AポートとSDカードスロットがあるのですが、これらをしっかり備え、ついでにHDMIポートで外部ディスプレイへの目配せができているのは、とてもバランスが良いと思います。
さらに、GoProなどのアクションカメラを使う方にとっては、microSDカードをそのまま差し込めるスロットがあるのも便利でしょう。

これ一つあれば、「USB Type-Cだけじゃ手持ちのデバイスが使えない」とか「ポートが1つしかないんじゃ困る」といったMacBookやMacBook Proへの不満もほぼ解消するはずです。

というわけで、dodocool DC30SはけっこうおすすめできるUSB Type-Cアダプターだと思う、という話でした。

期間限定で25%オフになる割引コードがありますので、お買い上げの際はぜひ利用してください。

割引コード:763CTXZP (2017年3月20日まで有効)

リンク:dodocool 7-in-1 USB Type-Cアダプター DC30S(Amazon)