今年発売の第3世代Apple WatchがLTE対応になるという噂

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
Apple Watch

2017年中に発売されると言われている第3世代Apple Watchに単体でLTE通信する機能が搭載されるという噂が報じられています。

ただし、キャリアは限定されるという話もあります。


スポンサーリンク

第3世代Apple WatchはLTE通信に対応?

Bloombergによると、関係者の話として、今年中に発売されるとみられるApple Watchの第3世代モデルの一部の機種にLTE通信モデムが搭載されるそうです。

Bloomberg Technology「Apple Plans to Release a Cellular-Capable Watch to Break iPhone Ties」
https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-08-04/apple-said-to-ready-cellular-capable-watch-to-break-iphone-ties

第2世代までのApple Watchは、外部との通信をすべてiPhoneに依存していたため、通信が必要な機能を利用するとき(たとえば、メールやLINEの着信の通知のような)には、iPhoneを携帯するかBluetoothの通信可能範囲に置いておく必要がありました。

LTEモデムが搭載されるとこの制限がなくなるわけで、外に走りに行くような時にApple WatchとiPhoneの両方を持っていくといういまいちクールじゃない状況が改善されます。

記事によると、LTE版Apple Watchの取り扱いは一部のキャリアに限られるようで、Appleはすでにアメリカのいくつかのキャリアと接触しているとのことです。

LTEに対応した場合の料金プランがどうなるのかなど、気になることはたくさんありますが、記事ではその点には触れられていません。


Apple Watchは第3世代で一新されるという噂も

また、第3世代Apple Watchはフォームファクターを一新するという話も出てきています。

ソースもよくわからない話ですが、2年周期でデザインを変えてきたかつてのiPhoneのように、Apple Watchも2年サイクルで新しくするというのは、ありそうな話ではあります。

デザインが変わってしまったら現行のアクセサリーで使えなくなるものも出てくるわけで、あれだけたくさん色や形を展開しているバンドなんかがどうなってしまうのか心配でもあります。

私の初代Appel Watchも2世代落ちになるので、そろそろ買い替えなども考えたいところです。

リンク:Apple Watch(Apple)
リンク:Apple Watch(ビックカメラ)icon