Apple AirPodsの寿命は約2年? 〜 バッテリーが劣化してきた話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 26
Apple iPhone X / Apple Watch Series 3 / AirPods

2016年の年末に手に入れたApple AirPodsを、途中約3か月のブランクを経て、ずっと使い続けていますが、満2才を間近にしてとうとうバッテリーが劣化してきたようです。

すぐに買い換えるか? それとも噂のAirPods 2を待つべきか?


AirPodsのバッテリー寿命は2年くらい?

2016年の大晦日、当時品薄だったAirPodsを旅先のAppleストアで偶然発見して即ゲットしてから早2年弱。ついにこのときがやってきました。

こちら、直前までずっと電源に接続しておいたAirPodsを約1時間半利用した直後の状態です。

Apple AirPods battery - 1

イヤフォン側のバッテリー残量が19%(充電開始時は18%)まで減っています。

本来、最大5時間持つはずのバッテリーが1時間半で約20%まで減るというのは、やはりバッテリーの劣化に違いありません。

また、2時間を超えて使うとバッテリー残量を警告する「ポポポポ」という音がすることもあり、到底5時間も持つとは思えません。そろそろ寿命を迎えそうな様子。

また、上の写真の状態からイヤフォンをケースに格納し、しばらく経ったあとの状態がこちら。

Apple AirPods battery - 2

イヤフォン側の充電はできましたが、こんどは先程までほぼ満充電だったはずのケース側の残量が9%まで減っています。

いよいよ深刻です。


AirPodsのバッテリーサービス料金

AirPodsにはバッテリーの劣化に対応する「バッテリーサービス」の料金が設定されています。

Apple AirPods battery - 3

片耳5,800円、ケースが5,800円。いずれも税別です。

私のAirPodsの場合、おそらく全パーツを交換しなければならないので、合計1万7,800円。新品を買うよりも高くなってしまいます。

つまり、この選択肢はないということです。


AirPods 2の噂

バッテリーの劣化に気づいていろいろ調べる中で、ずっと現れては消えてを繰り返していたAirPods 2発売の情報の確度がいよいよ高まってきていることがわかりました。

リンク:新型AirPodsが近日中に登場?Bluetooth機関で2つの型番が認証取得(Engadget)
リンク:Apple’s AirPods 2 are still set for a 2018 release, more information suggests(phoneArena.com)

Bluetooth認証と有名リーカーのリークツイートが根拠になっています。

仕様については、Bluetooth 5を採用とか、W2チップまたはW3チップを採用といったことが言われているようですが、私としてはいま持っているAirPodsが完全に使えなくなる前にリリースしてくれるなら、仕様は今の使い勝手を維持してくれればある程度どうでもいいです。

最近、町を歩いていてAirPodsを使っている人を見る機会がものすごく増えました。中には「AirPods風」の別物を使っている方もいるかもしれませんが、まあ大半は本物と考えていいでしょう。
こんなに大勢の人が税込2万円近くするイヤフォンを普通に使っているというのはちょっと驚きです。

というわけで、AirPodsを手に入れようという方はこれからも増えていくと思われるのですが、そういう方は次の点を心に留めておくといいでしょう。

  • AirPodsのバッテリーは2年以内に劣化する事例がある

  • もうすぐAirPods 2が発売されるという噂がある

以上、約2年弱使ったApple AirPodsのバッテリーがヘタってきた話でした。