AirPods Proは予想をはるかに超えて最高だったという話

※ 当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しており、記事等には [広告・PR] が含まれる場合があります。
※ 当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しており、記事等には [広告・PR] が含まれる場合があります。
Apple AirPods Pro - 1 Apple

Apple AirPods Proが各所でたいへん好評です。

私もビックカメラのオンラインストアiconで2週間待って手に入れましたが、ソニーのWF-1000XM3を全く使わなくなるほど気に入りました。

そんなAirPods Proのかんたんなご紹介。


スポンサーリンク

AirPods Proとは

言わずもがなではありますが、AirPods ProはAppleから発売されているフルワイヤレス・ノイズキャンセル機能搭載イヤフォンです。

iOS/iPadOS機器やMacだけでなく、他社製のデバイスともペアリングして利用できます。

とは言え、iOS/iPadOS機器との組み合わせではペアリングのシーケンスなどが最適化されていて、Bluetooth機器であることを忘れるような快適な使い心地が実現されています。


ケースが小さくて最高

AirPods Proの最大の美点は充電器を兼ねたキャリングケースがノイズキャンセリング機能搭載イヤフォンとしては異例に小さいことです。(写真左:AirPods Pro、右:AirPods(初代))

これならピッタリしたジーンズの前ポケットにも無理なく収まります。

フルワイヤレスイヤフォンは耳から外したらケースに入れるしかないので、ケースがいつも手の届くところにあることが大切なのですが、AirPods Proならほとんどどんなポケットにも入れられて便利です。

ケースの小ささと軽さが、私の用途でWF-1000XM3が完全に駆逐された最大の理由です。


ノイズキャンセリングがびっくりするほど効く

AirPods Proは耳の穴にイヤーピースを入れるカナル式のイヤフォンですが、イヤーチップがフニャフニャしたシリコンゴムなのであまり高い遮音性は期待できそうにないし、ノイズキャンセリングもたいして効かないんでしょ?と思っていました。

この予想は良い方向に裏切られました。

都心の雑踏でも、スーパーマーケットの人混みでも、不快なノイズはきれいにカットされるので、AirPods Proがあればいつも快適に過ごせます。

ノイズキャンセル機能はAirPods Proの軸の部分を1秒くらい摘むことでオン/オフできますが、オフからオンに切り替えて周囲の雑音がすーっと遠のいていく感覚はこれまで使ってきたどのノイズキャンセリングヘッドフォン・イヤフォンとも異質のものです。

絶対的な効き具合はWF-1000XM3やBOSE QuietComfort 35iiには及ばないような気もするのですが、耳への物理的な負担の小ささと相まって、トータルの快適さは最も高いと感じます。


音質はたぶん「そこそこ」

装着感の印象が良すぎて音質についてフェアに判定できる気がしないのですが、敢えて言うなら、音の良さではWF-1000XM3の方に軍配が上がるだろうと思います。

AirPods Proは高音が少し詰まるような印象があります。また、低音の分量もやや少なめに感じます。

だから、高音キラキラでベースがブンブン鳴るようなのが好きな方にはちょっと物足りなく感じられるかもしれません。

でも、しつこいようですが、装着の軽さや適度なノイズキャンセリングとのバランスを考えると、このくらいの音質でも全く不満に思わないというか、もう他のイヤフォンは欲しくないと思うほどなので、音質が最高ではない点にはいったん目をつむってAirPods Proを手にとってみるといいですよ。


ケースへの出し入れが難しくなった(AirPods比)

ではAirPods Proで唯一不満な部分の話をします。

それはケースへの出し入れ、特にケースからの取り出しが難しくなったことです。

写真の左がAirPods Pro、右が初代AirPodsです。

ケースからイヤーピースが飛び出している度合いはどちらも似たようなものなのですが、AirPodsの方は音が出てくる部分に指を掛けて引っ張り出すことができるのに対して、AirPods Proの方はそれができません。

AirPods Proはどこをつかめばいいのか未だにわかりません。

だから、ケースから出すときは指先に神経を集中して落とさないように気をつけないといけないし、冬の乾燥した指先ではつるつる滑って持ちづらいし、ニットの手袋なんかしていたら絶対に取り出せないでしょう。


まとめ 〜 2週間待つ価値があります

そんなわけで、AirPods Proはとても良い製品です。

ケースへの出し入れの件では文句を言いましたが、そんなマイナスを大きく飛び越えるプラスがあります。

ケースの小ささと軽さ、期待以上のノイズキャンセル機能、そこそこの音質がバランス良くパッケージされていて、イヤフォンはもうこれだけあれば良いと思えるほどの製品になっています。

当分の間は普段の音楽鑑賞はAirPods Proを、動画編集などタイミングがシビアな作業をするときにはQuietComfort 35iiを有線でと、この2台体制でぜんぶ賄えることがわかりました。

私がビックカメラのオンラインストアiconに発注したのが11月13日。11月26日に発送されて、自宅に届いたのが11月27日で、所要期間はきっかり2週間でした。

今も品薄状態が続いているようですが、在庫が復活するのを待っていてもいつになるかわかりません。直近ではAppleストアの店頭で手に入るのは1月15日だそうです。

早く発注して一日でも早く手に入れるのが吉でしょう。

リンク:AirPods Pro(ビックカメラ)icon


関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Apple周辺機器
キリツメをフォローする
kiritsume.com
タイトルとURLをコピーしました