【AirPods 2】Appleの2019年新製品 買うべきものと見送るべきもの【iPad mini 5】

Apple iMac 2019 - 0 Apple

Appleから矢継ぎ早に新製品が発表されて、どれを買うべきか悩ましい日々です。

この記事では今回発表された「iPad Air (3)」「iPad mini (5)」「iMac」「AirPods (2)」のどれを買って、どれを買わないのがいいのかを考えます。


スポンサーリンク

Apple 2019年の新作 どれを買うべきか

iPad Air(iPad Air 3)

Apple iPad Air 2019 - 1

iPad Airが刷新されました。

iPad(2018)よりも薄く・軽く、ディスプレイを10.5インチにして、プロセッサーを最新のiPhoneシリーズと同じ「A12 Bionic」にすることで、比較的安価に強力な処理能力を手に入れました。

もちろんApple Pencilも使えます。ただし第1世代のものですが。

さらに専用のキーボードカバー(Smart Keyboard)も使えます。

GeekbenchのiOSランキングにはまだスコアが出ていませんが、CPUのパワーで言えばiOSではトップグループに入ります。

Apple iPad Air 2019 performance - 1
Apple iPad Air 2019 performance - 2

Metalの方は最高峰のiPad Pro (2018)や2番手グループのiPad Pro (2017)には及ばず、3番手グループに含まれることになると思われます。

Apple iPad Air 2019 performance - 3

同じ10.5インチのiPad Pro (2017) 10.5インチモデルと比較すると、CPUでは勝っているが、GPUでは負けている、という位置関係です。

iPad Pro (2017)の方には、ディスプレイが120Hz駆動に対応しているというアドバンテージがありますが、単に価格と処理能力で考えればもうiPad Airを買うのが良さそうに思えます。
今回のiPad Airはフルラミネーションディスプレイ(表示面とガラスの隙間がないディスプレイ)にも対応しています。

なお、iPad Airはストレージが最大256GBまでしか設定されていないので、より大きなデータを扱いたい場合にはProを選ぶしかありません。

動画や写真をたくさん溜め込んだり、長い動画を編集したりする用途では、(新旧問わず)iPad Proを選ぶのがいいということになりそうです。

iPad mini(iPad mini 5)

Apple iPad mini 2019 - 1

一部のユーザーには待望のiPad miniがやって来ました。

プロセッサーはiPhone XSなどと同じA12 Bionic。前出のiPad Air 3とも同じです。

サイズ感は既存のiPad miniシリーズそのままに、Apple Pencil(第1世代)にも対応してきました。

ただし、価格はiPad (2018)よりもずっとお高い4万5,800円(税別)からです。

こちらもiPad Air 3と同様にフルラミネーションディスプレイです。

Apple iPad mini 2019 - 2

iPad miniのサイズが使い方に合っていて、そろそろ旧モデルもパフォーマンスが辛くなってきたユーザーには、今回のmini 5は救世主です。迷わず買いましょう。

iMac

Apple iMac 2019 - 1

iMacは21.5インチでは最高で6コアのCore i7を、27インチでは最高で8コアのCore i9を選べるようになりました。

また、GPUも21.5インチはRadeon Pro 555X or Radeon Pro 560X、27インチはRadeon Pro 575X or Radeon Pro 580Xにアップグレードされて、全体に処理能力が大幅にアップしています。

Macが欲しくて持ち運び不要な方は、これを買うかMac miniを買うか悩ましいところですが、27インチ Retina 5Kディスプレイ付き + ディスクリートGPU内蔵 + キーボード + マウスでおよそ20万円からスタートの新型iMacがお買い得に見えますね。

AppleストアならVESAマウントに対応したiMacも買えます。

Apple iMac VESA - 1

AirPods(AirPods 2)

Apple AirPods 2019 - 1

ついにAirPodsがアップデートされました。

ただし、内容はものすごく地味です。

  • Hey Siriに対応

  • バッテリー持続時間がより長く(1回の充電で5時間、ケース使用で24時間)

  • デバイスの切り替えや応答の高速化、ゲームでの遅延軽減

  • ワイヤレス充電対応ケースを同時発売

噂されていたブラックモデルやマット塗装の話はどうなったのでしょうか?

ともあれ、iPhoneユーザーで標準イヤフォンのケーブルが煩わしいと感じている方は、一度はAirPodsを試してみるのがおすすめです。

ケーブルがないのでケーブルに引っ張られてイヤフォンがずれる・外れることがなくなり、またiPhoneとの通信がめちゃくちゃ安定しているので人混みへ行っても音が途切れるなどのストレスがほとんどありません。

耳栓タイプではないので騒がしい場所での使用には向きませんが、比較的静かなところで利用することが多いならAirPodsは理想的な完全ワイヤレスイヤフォンの一つです。

一方、従来版のユーザーがわざわざ乗り換えるほどの魅力は感じません。
バッテリーライフは従来版でも実用に十分な長さでしたし、Hey Siri対応はSiriがもう少し賢くなってくれないとあまり魅力を感じません。
もしも従来版のAirPodsを気に入っていて、でもバッテリーが劣化してライフが短くなってきたのなら、迷わず新型を買いましょう。

以上、Appleの新製品についてでした。

#どちらかというと25日の新サービス発表の方が気になります。

リンク:Apple


タイトルとURLをコピーしました