ASUS ZenBook Flip Sの実機を見たらとても欲しくなった話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10
ASUS ZenBook Flip S - 1

現在開催中のCOMPUTEX 2017でASUS ZenBook Flip Sを見てきました。

キーボードを取り外しできなくてもいいなら、これ、最強かもしれません。


スポンサーリンク

ZenBook Flip Sの概要

ZenBook Flip SはCOMPUTEX 2017の開催前日に発表された、360度ヒンジを備えたラップトップで、通常のラップトップとして以外に、キーボードを本体の裏までぐるっと回してタブレットとして使うこともできる、2-in-1タイプのデバイスです。

仕様は次のとおり。

項目 内容
OS Windows 10 Pro / Windows 10 Home
CPU 第7世代 Intel Core i7-7500U / i5-7200U
RAM 8GB / 16GB (2133MHz LPDDR3)
ストレージ 256GB / 512GB / 1TB SSD(1TBはPCIe 3.0 x 4、他はSATA3)
ディスプレイ 13.3インチ、1920 x 1080ピクセル / 3840 x 2160ピクセル
カメラ イン:VGA Webカメラ
インターフェース USB 3.1 Type-C x 2(充電ポート兼用)、3.5mmヘッドセットジャック
ネットワーク Wi-Fi:IEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.1
バッテリー 最大11.5時間
サイズ・重さ 31.3 x 21.8 x 1.09cm、1.1kg
その他 指紋センサーあり、タッチ操作・ペン入力対応

ディスプレイのアスペクト比が16:9であることと、256GB/512GBのストレージがPCIeじゃないところを除けば、隙のないナイスな仕様ではないでしょうか。


デザインがナイス

ZenBook Flip Sにはロイヤル・ブルーとスモーキー・グレーの2色のカラーバリエーションがあります。

説明員の方は天板にASUSお得意の同心円デザインを採用し、キーボード側のエッジや天板のロゴに金色をあしらったロイヤル・ブルーの方を強めに押されていましたが、ビジネス用途にはスモーキー・グレーの落ち着いた雰囲気も捨てがたいです。

ASUS ZenBook Flip S - 4
ASUS ZenBook Flip S - 5

どちらの色のモデルも細部の作り込みまで繊細で、持つ喜びを適度に刺激してくれそうです。


キーボードとタッチパッドも良好な操作性

キーボードのサイズは十分。押し込みの深さこそ1mm程度と短いですが、フィードバックの比較的はっきりした快適なものです。薄いからといってユーザーに不便を強いるような作りにはなっていないと感じます。

ASUS ZenBook Flip S - 2

タッチパッドの方も大きさは十分で、クリックはメカスイッチ式となっています。クリック感もはっきりしていて、すでに発売されているZenBook 3でやや不満だった部分がしっかり改善されています。

ASUS ZenBook Flip S - 3

タッチパッドの設定はWindows 10の設定画面から行える(=独自UIではない)ようで、一般的な高精度タッチパッドで行える操作はちゃんとカバーされています。この点も好印象です。

ディスプレイを大きく開くと、ゴム脚の代わりにヒンジがデスクに接触するようになり、そのことでキーボードが手前に傾いてタイプしやすくなるという機構を備えています。この状態ではキーボードの奥側がデスクから浮いた状態になりますが、とくに不安定だったりタイプしづらかったりということはありませんでした。よく考えられてます。


クラムシェルモード以外での使い勝手

ZenBook Flip Sのウリはなんといっても2-in-1デバイスとしてクラムシェル以外の使い方ができることです。

ヒンジを180度回転させて1枚の板の状態にするとタブレットのように使えますが、厚みが1.1cmとキーボード付きのデバイスとしては異例に薄いので、手の中でキーが押されてややフニャフニャする以外は、タブレットとしても違和感なく使えます。

ちなみに、iPad Pro 12.9インチモデルにSmart Cover(キーボード機能なしの純正カバー)を取り付けたときの厚みが1cm弱です。ZenBook Flip Sの1.09cmがどれほど薄いかイメージできるのではないでしょうか。

ZenBook Flip Sの指紋センサーは本体側面にセットされているので、タブレットモードでも無理なくアクセスできます。
ASUS ZenBook Flip S - 7

タブレットモード以外のビューアーモードやテントモードに関しては既存の類似機種と大差なく、どれも快適に使えます。


発売時期は未定. 価格は1,099ドルから.

ZenBook Flip Sの発売時期は未定。価格は1,099ドルからスタートだそうです。
日本での発売があるかどうかは発表されていませんが、きっと発売してくれるでしょう。

タッチ操作とペン入力ができるデバイスが欲しくて、キーボードが外れる必要がないという方にとって、ZenBook Flip Sは確実に選択肢に入る1台です。

ASUS ZenBook Flip S - 8

キーボードは分離できませんが、キーボード込みでも十分に薄いです。

重さ1.1kgというのは、タイプカバーをつけたSurface Proとほぼ同じで、Surface Laptopよりは軽いです。

1日も早い国内発売を待ちたいです。

リンク:ZenBook Flip S(ASUS)
リンク:ASUS公式オンラインショップ