BIGLOBEモバイルがiPhoneの取り扱いを開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 15
iPhone SE 1

格安SIMでおなじみのBIGLOBEモバイルがiPhoneの取り扱いを始めました。

さしあたりiPhone 6SとiPhone SEが対象ですが、テザリングも可能なナイスなサービスになっています。


スポンサーリンク

BIGLOBEモバイルがiPhone 6SとiPhone SEの取り扱いを開始

BIGLOBEモバイルが取り扱うiPhoneはこちらの2機種。

iPhone 6S and iPhone SE

それぞれスペースグレイ、シルバー、ゴールド、ローズゴールドの4色すべてを取り揃え、ストレージの容量も32GBか128GBのどちらかを選べます。

SIMはau回線を利用する「タイプA」に対応していてSIMロックが掛かっていますが、今後何らかの方法でロックを解除できるよう準備中とのことです。

BIGLOBEモバイルのiPhone - 2

BIGLOBEモバイルでいちばん使いやすいプランである「音声通話6ギガプラン」を利用する場合の月額料金は、iPhone 6Sが4,500円(税別)、iPhone SEなら3,850円(税別)です。

これは端末代金を24回払いする割賦金額込みの価格なので、24か月後に端末代金を払い終わったあとは、月額料金がiPhone 6Sなら2,350円(税別)、iPhone SEなら1,700円(税別)安くなります。


プレミアムキャッシュバック特典

iPhoneの取り扱い開始を記念して、2018年1月8日までの期間限定で「プレミアムキャッシュバック特典」というキャンペーンが行われています。

内容はiPhone 6SまたはiPhone SEと「音声通話6ギガプラン」以上を同時に申し込んだ場合、6か月ごとに6,300円ずつ4回、総額2万5,200円がキャッシュバックされるというものです。

BIGLOBEモバイルのiPhone - 3

この金額を1か月ごとに均すと月額1,050円。これを前出の月額料金から差し引くと、iPhone 6Sなら月額3,450円、iPhone SEなら月額2,800円相当で使えることになります。

iPhone 6SとiPhone SEはどちらもAppleが現役で販売している機種で、最新モデルと比べればパフォーマンスは劣るものの、メールを読み書きして、写真を撮って、動画を試聴して、SNSを使うといった一般的な用途なら余裕でこなせるレベルです。

Geekbench Browser「iPhone, iPad, and iPod Benchmarks」
https://browser.geekbench.com/ios-benchmarks

先代のiPad Proと比べてもベンチマークのスコアがほとんど遜色ないことからもそれがわかります。


エンタメフリー・オプションをセットすると便利

BIGLOBEモバイルにはYouTubeやApple Musicなどのストリーミングサービスがデータ通信のカウント対象にならなくなる「エンタメフリー・オプション」というサービスがあります。

BIGLOBEモバイルのiPhone - 4

3GB以上の音声通話プランに加入している場合、オプション料金は月額480円。容量の多いプランを契約するよりもずっと安く済みます。

対象となるストリーミングサービスもじわじわと拡大が進んでいて、あとはNetflixとAmazon Prime Videoが追加されれば完璧な布陣になります。

普段はWi-Fi環境で使っているという場合も、旅行に行く月だけこのオプションを利用して通信容量の心配を取り除くような使い方をすると便利です。

そんなわけで、BIGLOBEモバイルのiPhone 6S / iPhone SE取り扱い開始についてでした。

これまでMVNOのiPhone取り扱いについてはあまり興味を持てませんでしたが、料金プランがちょうどいいBIGLOBEモバイルが参入するとなると話は別です。
iPhoneシリーズをなるべく安く、通信容量を気にせずに快適に使いたいなら、BIGLOBEモバイルは悪くないと思います。

リンク:BIGLOBEモバイル