ブログ書きや簡単なテキスト資料の作成はiPhone 8 Plusで十分かもしれない話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 15
iPhone 8 / 8 Plus

iPhone 8 Plusを手に入れて持ち歩くようになりましたが、A11 Bionicという新しいプロセッサーが採用されたおかげで、GeekbenchではiPad Pro (2017年モデル)よりも高いスコアを叩き出していて、また、画面サイズもまずまず大きいことから、作業用に使えないかと考えています。

とりあえずApple Magic Keyboardとの組み合わせでブログ書きに投入してみます。


スポンサーリンク

iPhone 8 Plusをブログ環境にできないか

iPhone 8 Plusには5.5インチでFull HD解像度のディスプレイが搭載されています。

iPhone Xよりもインチ数が小さいのですが、iPhone Xはディスプレイが縦長のため、面積ではiPhone 8 Plusもほぼ変わらず、横置き時の作業のしやすさとしては8 Plusの方が都合がいいという逆転状態になっています。

iPhone 8 Plusを横置きにしてiOSの「メモ」アプリを全画面表示にすると、約40文字×13行ほど表示できます。Evernoteでも同様です。(いずれも文字サイズはデフォルトの状態)
これくらいあれば、ちょっとしたテキストの文書は問題なく書いたり推敲したりできます。

ウェブサイトの閲覧は、スペース的にもスピード的にも非常に快適です。

YouTubeなどの動画もはっきり・くっきり見えますし、字幕もちゃんと読めるサイズで表示されます。

つまり、このブログの記事を書いてアップロードする程度の作業なら、iPhone 8 Plusでも特に困ることはないだろうということです。


ブログ記事の更新に必要な道具

iPhone 8 Plusでブログ記事を更新するとして、iPhone本体だけでもできなくはありませんが、それでは文章の入力の効率が悪すぎます。やはり外付けのキーボードは欲しいところです。

iOS 11がリリースされた直後にいつものとおりハードウェアキーボードの動作確認をしましたが(確認はiPhone 7で行いました)、これまでと違った動きは見られず、日本語キーボードとして動作するのは相変わらずApple Magic Keyboardのみでした。

iOS 10とiOS 11の間にiPad Pro用の日本語キーボード(Smart Keyboard)が発売されたので、キーボード周りの動作が改善されてるかもと期待しましたが、まだダメなようです。

というわけで、キーボードはApple Magic Keyboardに決定です。ここが折りたたみ式のコンパクトかつ軽量なものに置き換わるとさらに便利になるのですが、そのあたりは今後のOS更新に期待しましょう。

それから、iPhoneを立てておくためのスタンドになるものが必要です。

折りたたみ式のタブレットスタンドでもいいですし、スタンド機能付きのケースでもいいですし、スタンドにもなるバンカーリングを使うのでもいいです。

私は当分の間はiPhoneを裸で使いたいと思っているので、100均スタンドを携行することにします。こういうやつです。
Blogging with iPhone 8 Plus - 1

キーボードもスタンドもすごく軽いので、適当なスリーブケースに入れて常にバッグに放り込んでおいてもほとんど苦になりません。

Happy Hacking Keyboard Professional BTを買ったときにもらったバード電子のスリーブケースがちょうど良いサイズなので、これを流用しようと思います。HHKBを持ち歩くことはまずないので無問題です。

関連記事:【レビュー】PFU Happy Hacking Keyboard Professional BTの感想

セットにするとこうなります。
Blogging with iPhone 8 Plus - 2

キーボードのバッテリーが切れてしまわないかという心配は不要です。Apple Magic Keyboardは、前回いつ充電したか思い出せないくらいの超ロングバッテリーライフなので、2か月か3か月に一度くらい電源に接続してやれば大丈夫だと思います。

iPad Pro 10.5インチモデルは持っていて、これはこれで大画面かつペン入力ができるので便利なのですが、持ち出すときは「よし、持ち出すぞ」という気合いとともにいちいちケースに入れたりしなければならないのが面倒です。

必ず持ち歩くスマホである程度代用できるならそれに越したことはありません。

また、iPhoneだけで事足りるならテザリングのことは考えなくてもいいし、キャリアのWi-Fiサービスも利用できます。(ふつう、キャリアのWi-Fiサービスを無料で使えるのは契約しているSIMが挿さった端末だけで、それ以外の機器では有料です)

というわけで、良いことづくめのような気がするiPhone 8 Plusでのブログ書きです。


まとめ

この記事は実際にiPhone 8 PlusとApple Magic Keyboardだけを使って書きましたが、慣れていないせいで手際が悪いことを除けば、なにも困ることはありませんでした。

普段からPCを持ち歩く必要があるならすべての作業をそれで済ませてしまうことができますが、そうじゃない場合は常に携行しているスマホで作業できれば便利ですし、機能のダブるものを持ち歩かずに済むので楽ちんです。

キーボードとスタンドが必要になりますが、幸いどちらも非常に薄くて軽いので、たいていのバッグには無理なく収まりますし、重さも気になりません。

今回例にしたブログに限らず、テキスト主体のドキュメントを作成する必要のある方は、スマホ+軽いキーボードの組み合わせを試してみると、作業できる場所が広がったり出費が減らせたりして幸せになれるかもしれません。

リンク:iPhone 8 / 8 Plus(Apple)
リンク:iPhone 8 / 8 Plus(ビックカメラ)icon