Windows 10一覧

Microsoftアカウントに紐づけされたデバイスを削除する方法

Windows 10を搭載したデバイスを使う場合、通常はそのデバイスとオーナーのMicrosoftアカウントが紐づけされた状態になっています。 このこと自体に特別な不都合はないのですが、デバイスを手放す場合にはこの紐づけを解除しておかないと、アカウントに紐づけされるデバイスが際限なく増えていくことになります。 Windowsストアからダウンロードしたアプリ・音楽・動画などは、最大10台までのデバイスでしか利用できないため、手元にないデバイスはアカウントから削除しておかないと、いつか面倒なことになります。 Microsoftアカウントに紐づけされたデバイスを削除する方法。

Windows 10の「動的ロック」でセキュリティを高める方法

Windows 10には「動的ロック(Dynamic Lock)」という機能があり、ユーザーがPCのそばを離れると自動的に画面をロックするように設定することができます。 オフィスでちょっと人に呼ばれたりしたときなどに手動ロックをし忘れた場合も、自動でロックしてくれるのでセキュリティが高まります。 動的ロック(Dynamic Lock)の設定の手順について。

Windows 10 Sを既存のWindows 10 Pro等の環境にインストールする方法

現状、Surface Laptopだけに搭載されているWindowsの新バージョン「Windows 10 S」を、既存のWindows 10 Pro、Windows 10 Pro Education、Windows 10 Education、Windows 10 Enterpriseの環境にインストールする方法が用意されています。 名目はお試し用となっていますが、そのまま使い続けることもできるようです。

Windows 10のメールアプリでカーソルが勝手に移動して困っているなら、IMEをGoogle日本語入力に変えるのがおすすめ

Windows 10をインストールしたデスクトップPCを、つい最近まで自宅でのメイン環境として使っていました。 なるべく標準でインストールされているアプリを使おうという方針で、Windows 10標準のメーラーを使っているのですが、一つだけ我慢ならない問題がありました。 ある入力でカーソルの位置が不自然に変わってしまうことです。これを解決する方法。

マイクロソフトアカウントの2段階認証を使うならMicrosoft Authenticatorも一緒に使うと便利な話

マイクロソフトアカウントで2段階認証を有効にしている場合のサインインを簡単にするスマホアプリ「Microsoft Authenticator」というのがあるのを初めて知りました。 2段階認証の面倒なメール確認を不要にするナイスなアプリのセットアップから使い方まで。

OneDriveのファイルをローカルに同期しなくても参照できる「オンデマンド参照」が復活

Microsoftのクラウドストレージサービス「OneDrive」をWindows 10で利用する場合、ユーザーは同期するファイルやフォルダーを指定しておき、それらがすべてローカルストレージにダウンロードされる(=クラウドとローカルの二重持ちになる)という動作をしています。 この動作には、同期するファイルが増えれば増えるほど、ローカルのストレージ容量が圧迫されるという弊害があります。 この仕様がついに改善されるようです。待ちに待った仕様変更です。

Windows 10 Creators Updateで夜間モードが使えない場合は、グラフィックスドライバーを最新にすると良いかもしれない

Windows 10 Creators Updateをクリーンインストールしたら、Creators Updateの新機能「夜間モード」の設定項目がグレイアウトしていて使えないという現象に見舞われました。 いろいろ試してみたところ、グラフィックスドライバーを最新のものにすると使えるようになったという話です。

Windows 10 Creators Update ~ アップグレード→ダウングレード→クリーンインストールの顛末とOSクリーンインストールへの備えについて

Windows 10 Creators Updateが公開されたその日に勇んでアップグレードしたところ、ブルースクリーンが頻発するようになり、対処に困って泣く泣くAnniversary Updateにダウングレードしたことはすでに書きました。 しかし、ダウングレードにはダウングレードなりの問題があったのです。 結局、Creators Updateをクリーンインストールした話と、クリーンインストールへの備えについて。

【超速】古いデスクトップPCのSSDをSamsung 960 EVOに交換して面倒だった話

自宅での作業用デスクトップPCには、Samsung 840というSATA接続のSSDを使っていましたが、これをSamsung 960 EVOというM.2接続できるすごく速いやつに交換しました。 マザーボードはMSIのH97M-G43という約3年前の代物で、とっくに廃番になっています。 この製品が出た頃はちょうどマザーボードにM.2スロットが付き始めた時期で、H97M-G43にもM.2スロットがあります。 しかし、実際にM.2のSSDに換装しようとすると、いろいろと面倒なことがありました。

【待望】Microsoft Edge向け「1Password」アドオンのプレビュー版リリース間近

2015年7月にWindows 10がリリースされ、標準のブラウザーがMicrosoft Edgeになりましたが、当初はEdgeの機能拡張のためのインターフェースが封印されていて、なにかと不便な状況でした。 今年リリースされたWindows 10 Anniversary Updateではようやく拡張機能が解禁されましたが、パスワードマネージャー「1Password」のものはリリースされずじまいで、やっぱり不便な状況が続いています。 これがようやく解決に向かう模様。

【回避】Windows 10の「休止状態」でクラッシュするようになったらKB3197954が怪しい

ここ数日、Windows 10を休止状態にすると、次にOSを起動したときにすべてのプログラムが不正終了しているという現象が発生するようになりました。 作業途中のデータは全部パーになってしまうので「休止状態」として役に立たなくなっていたのですが、とりあえずの回避方法を見つけたので書き残します。 同じ問題で困っている方は参考にされてください。

【Windows 10】スリープからの復帰時にパスワード入力を不要にする方法

Windows 10をラップトップやタブレットで利用するときには、モニターを閉じたり電源ボタンを押したときにスリープ状態へ移行する設定になっている場合が多いと思います。 それで、スリープから復帰するときに毎回パスワードを入力するのが面倒だったりします。 パスワードを不要にする設定を紹介します。

【Tips】Windows PCでSpotifyの音楽をAirPlay機器に飛ばす方法

先ごろ日本に上陸した定額制音楽配信サービス「Spotify」には、スマホ・タブレット用アプリだけでなく、Windows PC/Mac用の非常に使い勝手の良いクライアントが提供されています。 Windows PCでSpotifyを使う場合の泣き所はAirPlay機器にSpotifyの音声を飛ばす術がないことでしたが、ちょっとした小技でほぼ満足行く使い勝手を実現できましたので紹介します。 なお、iOSデバイスが必須です。

【Tips】Microsoft Edgeの「お気に入り」(ブックマーク)をエクスポートする方法

Windows 10で日々Edgeブラウザーを使っていますが、いくつか不満があります。 たとえば、タブをたくさん開くとタブ一覧で新しいタブを操作できなくなることとか、ウェブサイトの画像リンクで拡大画像を表示したときに表示倍率がおかしいことがあるとか、そういったことです。 そこで、久しぶりにGoogle Chromeでも使ってみようかとEdgeのブックマークをエクスポートしようとして、その方法が用意されていないことに気付きました。 Edgeの「お気に入り」(ブックマーク)をエクスポートする方法。

【一掃】Windows 10 Anniversary Updateをインストールしたせいで少なくなったディスク容量を回復する方法

日本時間の8月3日にWindows 10 Anniversary Updateと呼ばれるVersion 10.0.14393の配信が始まりました。 インストールはWindows Updateから行われます。 インストール完了後には以前のバージョンのイメージなどが残ったままになり、ディスクスペースを激しく圧迫しますので、それらを削除してディスク容量を回復する方法を紹介します。

【まとめ】Windows 10にアップグレードするメリット・デメリットとなるべく簡単に安く導入する方法

Windows 7/8.1からWindows 10に無償アップグレードできるのは7月29日までです。 残り約2週間となりましたので、アップグレードするかどうか悩んでいる方向けに、アップグレードのメリット・デメリットと、なるべく簡単に導入する方法のまとめをお届けします。

【UWA】新しいOneDriveアプリの使い心地が悩ましい

Windows 10とWindows 10 Mobileで使える新しいOneDriveアプリがリリースされました。 UWA(Universal Windows App)として刷新されたOneDriveアプリでは、これまでウェブのOneDriveでしかできなかったファイルやフォルダーの共有設定をアプリで直接できるようになるなど改善が図られています。 また、Windows 10のエクスプローラーに統合されたOneDrive機能のようにファイルをローカルドライブにダウンロードして同期しないので、ローカルのディスクを節約できるというメリットもあります。 が、今のところこれ一本に頼るのはキツイと思...

スポンサーリンク