Windows 10一覧

Windows 10の「動的ロック」でセキュリティを高める方法

Windows 10には「動的ロック(Dynamic Lock)」という機能があり、ユーザーがPCのそばを離れると自動的に画面をロックするように設定することができます。 オフィスでちょっと人に呼ばれたりしたときなどに手動ロックをし忘れた場合も、自動でロックしてくれるのでセキュリティが高まります。 動的ロック(Dynamic Lock)の設定の手順について。

Windows 10 Sを既存のWindows 10 Pro等の環境にインストールする方法

現状、Surface Laptopだけに搭載されているWindowsの新バージョン「Windows 10 S」を、既存のWindows 10 Pro、Windows 10 Pro Education、Windows 10 Education、Windows 10 Enterpriseの環境にインストールする方法が用意されています。 名目はお試し用となっていますが、そのまま使い続けることもできるようです。

Windows 10のメールアプリでカーソルが勝手に移動して困っているなら、IMEをGoogle日本語入力に変えるのがおすすめ

Windows 10をインストールしたデスクトップPCを、つい最近まで自宅でのメイン環境として使っていました。 なるべく標準でインストールされているアプリを使おうという方針で、Windows 10標準のメーラーを使っているのですが、一つだけ我慢ならない問題がありました。 ある入力でカーソルの位置が不自然に変わってしまうことです。これを解決する方法。

マイクロソフトアカウントの2段階認証を使うならMicrosoft Authenticatorも一緒に使うと便利な話

マイクロソフトアカウントで2段階認証を有効にしている場合のサインインを簡単にするスマホアプリ「Microsoft Authenticator」というのがあるのを初めて知りました。 2段階認証の面倒なメール確認を不要にするナイスなアプリのセットアップから使い方まで。

OneDriveのファイルをローカルに同期しなくても参照できる「オンデマンド参照」が復活

Microsoftのクラウドストレージサービス「OneDrive」をWindows 10で利用する場合、ユーザーは同期するファイルやフォルダーを指定しておき、それらがすべてローカルストレージにダウンロードされる(=クラウドとローカルの二重持ちになる)という動作をしています。 この動作には、同期するファイルが増えれば増えるほど、ローカルのストレージ容量が圧迫されるという弊害があります。 この仕様がついに改善されるようです。待ちに待った仕様変更です。

Windows 10 Creators Updateで夜間モードが使えない場合は、グラフィックスドライバーを最新にすると良いかもしれない

Windows 10 Creators Updateをクリーンインストールしたら、Creators Updateの新機能「夜間モード」の設定項目がグレイアウトしていて使えないという現象に見舞われました。 いろいろ試してみたところ、グラフィックスドライバーを最新のものにすると使えるようになったという話です。

Windows 10 Creators Update ~ アップグレード→ダウングレード→クリーンインストールの顛末とOSクリーンインストールへの備えについて

Windows 10 Creators Updateが公開されたその日に勇んでアップグレードしたところ、ブルースクリーンが頻発するようになり、対処に困って泣く泣くAnniversary Updateにダウングレードしたことはすでに書きました。 しかし、ダウングレードにはダウングレードなりの問題があったのです。 結局、Creators Updateをクリーンインストールした話と、クリーンインストールへの備えについて。

スポンサーリンク