【再認識】海外旅行にはやっぱりSIMフリー携帯が必須だった話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 15
iPhone 7 - 6

所用でしばらく海外へ行っていたのですが、やっぱりSIMフリー携帯は便利ということを再認識させられました。

現代の海外旅行にはSIMフリー携帯が必須ではないかという話です。


スポンサーリンク

「どうやってWi-Fi接続してるんですか?」

旅行先の空港に着いて最初にやることは、ATMで現地の通貨を引き出すことと、現地のSIMカードを手に入れることです。

foreign SIM card

SIM販売所にはこの人だかり. 別のキャリアはもっと混雑していました.

で、一息ついてスマホで市街地への移動手段などを調べていると、他の旅行者の方から「どうやってWi-Fiに接続してるんですか?」と聞かれたりします。
空港の無料Wi-Fiを使っていると思われているようです。

「これはWi-Fiじゃなくて、そこのブースでSIMを買ったんですよ」と説明します。
相手が日本の方の場合は「スマホがSIMフリーじゃないと使えないですけど」と付け加えます。

ここで、ある程度お年を召した方の場合は「???」となって会話が続かないパターンが多いです。SIMフリーというのは意外に浸透してないんだなと思う瞬間です。

他にも、旅行先から日本の友だちにLINEしたりすると、「そっちはWi-Fiは普及してるの?」などと聞かれたりもします。現地のSIMを使っていることなど思いもよらないようです。


SIMフリー端末で現地のSIMを使う

もちろん、観光客が多く訪れる国では無料で使えるWi-Fiが普及している場合も多いのですが、接続するたびに確認画面に応答しなければならなかったり、通信速度がものすごく遅かったりで、率直に言ってあまり使い勝手が良いとは思えません。

そこでおすすめなのが現地SIMの活用です。

Foreign SIM card

現地SIMの例

使い方はとても簡単で、空港にある現地の通信会社のブースへ行って、料金プランを選んで、スマホを渡すだけです。
国によってはパスポートの提示を求められる場合があります。

料金プランは旅行者向けのプリペイドプランが用意されていて、利用期間(1週間とか1か月とか)と高速通信容量(1GBとか5GBとか)の組み合わせで料金が決まっている場合が多いです。
だいたいはわかりやすい表にまとめられているので、用途に合ったものを指さして指定すれば、あとは良きに計らってくれます。

たったこれだけのことで、日本にいるときと全く同じにネット接続を利用できます。

現地の観光スポットの情報を確認することも、天気予報をチェックすることも、Google Mapで目的地までのルートを確認することも、UBERで車を呼ぶことも、そしてもちろんSNSにアクセスすることも、なんでも自在です。

年がら年中スマホを携えて生活をしていると、海外旅行中だからといってスマホなし/ネットなしの環境には耐えられなくなります。何かというとスマホを取り出して、LINEなりTwitterなりを確認してしまいます。
これって、ガジェット中毒の私だけの問題ではなくて、ほとんどすべてのスマホユーザーに共通の症状なんじゃないでしょうか。

ともあれ、海外旅行へ行くときには、SIMフリー端末を1台用意していくのが絶対におすすめです。


SIMフリー端末をどうやって手に入れるか

そんなSIMフリー端末を手に入れる方法はいくつかあります。

一つ目は大手キャリアで買った端末のSIMロックを解除する方法。
ドコモ、au、ソフトバンクで売られている端末にはSIMロックが掛けられていて、そのままでは他社のSIMを利用できませんが、購入から一定期間経過するとこれを解除してもらうことができます。
ただし、対応する周波数帯がキャリア向けにカスタマイズされている場合があり、海外でそのまま利用できないケースに注意が必要な方法です。

二つ目はメーカーの直販でSIMフリー端末を手に入れる方法。
AppleストアでSIMフリーのiPhoneを買ったり、ASUS公式オンラインショップでZenFoneを買ったりする方法です。
国内の店舗や通販サイトで購入できるので簡単なのがメリットですが、国内向けの謎ローカライズ(シャッター音が消せないなど)がされているというデメリットもあります。
旅行中は写真を撮る機会が多くなると思いますが、飛行機の中や静かなレストランでシャッター音が気になる場面もあります。

三つ目は海外版のSIMフリー端末を通販で手に入れる方法。
正真正銘の海外版SIMフリー端末を日本に発送してくれるエクスパンシスiconイートレンといったサイトから購入する方法です。
日本向けにローカライズされていない海外版の端末が手に入るのと、大手キャリアと比べて価格が安いのがメリットですが、海外から発送されるため入手に多少時間が掛かるというデメリットもあります。

どの方法も一長一短ありますが、海外旅行での使い勝手を重視するなら、三つ目の方法をおすすめしたいです。エクスパンシスiconイートレンも日本語サイトが用意されているので、ネットで買い物をされたことがあれば、特に問題なく利用できると思います。

というわけで、海外旅行にはやっぱりSIMフリー端末は必須だという話でした。

リンク:エクスパンシスicon
リンク:イートレン