OneDriveの「ファイルのオンデマンド」が使えない場合にやるべきこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12
Surface Pro - 3

Windows 10 Fall Creators Updateがリリースされました。

目玉になる改善項目のひとつにクラウドストレージ「OneDrive」のオンデマンド・ダウンロードへの対応があります。
OneDrive上のファイルをすべてエクスプローラーに表示しつつ、ファイルの実体はローカルで必要になったときにはじめてダウンロードするようにして、PCのストレージを無駄に消費しない仕組みです。

このオンデマンド・ダウンロードですが、OSをアップデートしただけでは適用されない場合があるので、その解決方法を紹介します。


スポンサーリンク

OneDriveのオンデマンド・ダウンロード機能が使えない場合の解決方法

オンデマンド・ダウンロード機能が利用できる状態では、OneDriveの設定画面に「ファイルのオンデマンド」という項目が表示されます。
OneDrive file on-demand - 5

設定画面はタスクトレイのOneDriveアイコンを右クリックして「設定」で開きます。
OneDrive file on-demand - 0

この項目が表示されていない場合は、次の手順でOneDriveアプリを最新版に置き換えてください。

最新のOneDriveアプリの入手方法

まず、下記のサイトにアクセスします。

Microsoft Office 「Learn about OneDrive Files On-Demand」
https://support.office.com/en-us/article/Learn-about-OneDrive-Files-On-Demand-0E6860D3-D9F3-4971-B321-7092438FB38E#bkmk_installonedrive

ページ上の「the latest version of OneDrive」のリンクをクリックします。
OneDrive file on-demand - 1

「OneDriveSetup.exe」という実行ファイルがダウンロードされるので「実行」します。
OneDrive file on-demand - 2

OneDriveのインストーラーが起動するので指示に従ってインストールします。
OneDrive file on-demand - 3

インストールが完了するとOneDriveのバージョンが「2017」になり、オンデマンド・ダウンロードの機能が使えるようになります。
OneDrive file on-demand - 4

以上、OneDriveのオンデマンド・ダウンロード機能が使えない場合にやるべきことでした。

リンク:Windows 10 Home(Amazon)
リンク:Windows 10 Pro(Amazon)