iOS 15でSafariが使いづらくなった?こうすれば戻せます

iPhone 13 Pro - 1Apple

iOS 15がリリースされてしばらく経ちましたが、まだSafariの仕様変更には慣れません。

アドレスバーを上に戻す方法。


スポンサーリンク

なぜアドレスバーを下にしたのか?〜タブバーモード

iOS 15でSafariを開くとアドレスバーがなくなったのかとびっくりします。

iOS 15 Safari - 1

実は画面の下端に移動しただけなのですが、Mosaicの昔からアドレスバーが上にあることに慣らされつづけていたため、iOS 15のリリースからずいぶん経った今でも違和感を禁じ得ません。

なぜiOSのアドレスバーが下に移動したかというと、Safariで複数のタブを開いている状態でこの部分を左右にスワイプするとタブ間を移動できるという仕様変更のためだと思われます。

iOS 15 Safari - 2

アドレスバーをスワイプしてタブ切り替えできる

そういう操作に使えるのはアドレスバーの部分くらいしかないので、それなら指が届きやすい下に持ってこようという発想ではないかと。

だから、この機能を便利だと思う場合はこのままの設定で自分を慣れさせればいいと思いますし、どうしても慣れないなら以前の仕様に戻すこともできます。


Safariのアドレスバーを画面の上に戻す方法

Safariの動作を以前のように戻すのは簡単です。

まず、設定アプリを開いてずっと下の方にスクロールし、「Safari」を選びます。

iOS 15 Safari - 3

表示された設定画面の「タブ」の項目で「シングルタブ」を選べば…

iOS 15 Safari - 4

このとおり、以前のようにアドレスバーが上に表示されるようになりました。

iOS 15 Safari - 5

以上、Safariの新仕様にどうしても慣れない方向けの設定方法についてでした。


タイトルとURLをコピーしました