Surface ProをSurface Studio風にするドッキングステーション

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 22
Kensington SD7000 - 1

KensingtonがSurface ProをSurface Studio風にできるドッキングステーションを開発しているようです。

価格は299.99ドル。なかなか悪くなさそうです。


Kensington SD7000 Dual 4K Surface Pro Docking Station

ラップトップPCの盗難防止ケーブルやトラックボールなど、PC用アクセサリーでおなじみのKensingtonが、Surface Pro用のドッキングステーションを発表しました

その動画がこちらです。

現在わかっている仕様は次のとおりです。

  • Microsoft Surface Proに対応
  • Surfaceとの接続はSurface Connectポートで行う
  • 4Kディスプレイを2台接続可能
  • 有線LANポートを装備
  • USB Type-A 4ポート
  • USB Type-C 1ポート
  • 3.5mmステレオヘッドセットジャック
  • ケンジントンロックを接続可能

Kensington SD7000 - 4

画像からは、電源は独自のACアダプターで供給するらしいことがわかります。

上の動画でははっきりしませんでしたが、Surface Studio風にSurface本体を平らに近い状態まで寝かせることも可能なようです。

Kensington SD7000 - 2

また、Surface Proをセットする部分にもロック機構があるようです。

Kensington SD7000 - 5

背面のロックケーブルに加え、Surfaceをささえるパーツ付近に鍵穴が見える

側面にはSurfaceペンをマグネットで接着できます。

Kensington SD7000 - 3

なかなか悪くないんじゃないでしょうか。


Surfaceをタブレット形態で使う人におすすめ

この商品は、現在ラスベガスで行われているMicrosoft Inspireというイベントで実物が展示されているそうです。

発売時期は明らかにされていませんが、価格は本体部分が299.99ドル、ロックモジュール(ロックケーブルのこと?)が29.99ドルと決まっているので、近いうちに発売されそうです。

Surface Proの弱点は、本体だけでは拡張性に限りがあることです。純正のドック(Surfaceドック)もありますが、値段が高めですし、拡張性もこの商品に劣ります。

どうせ買うならSD7000の方がお得でしょう。

SD7000の良さそうなところは、普段はSurface Proをタブレットとして持ち歩き、自宅やオフィスでは拡張性の高いデスクトップPCのように扱いたいという場合に、ほぼ完ぺきなソリューションである点です。

ディスプレイはDisplayPortとHDMIの両方で接続できるので、現行のディスプレイなら接続できないということはないでしょう。

USB Type-A 4ポートに加え、USB Type-Cも備えているので、周辺機器の接続にも不安がありません。

外出先でキーボードを使わないと割り切れるなら、タイプカバー(キーボードカバー)を買うかわりに、より上質なBluetoothキーボードを用意して、自宅・オフィスでの作業性を向上させることができます。

発売が待ち遠しいです。