Logicool MX Anywhere 2S が壊れた話 ~ 取り扱いの注意点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 19
Logicool MX Anywhere 2S - 4

モバイル用に買ったLogicool MX Anywhere 2Sが壊れました。もとい、壊しました。

高機能マウスの取り扱いの注意点。


Logicool MX Anywhere 2Sを壊す

こちらが問題のMX Anywhere 2Sです。

Logicool MX Anywhere 2S - 1

一見問題なさそうに見えますが、こちらの角度から見るとどこかがおかしいような。

Logicool MX Anywhere 2S - 2

真上から見ると明らかです。

Logicool MX Anywhere 2S - 3

スクロールホイールが手前にずれて、角度も時計回り方向に少し歪んでいます。

ホイールがマウスの外装と干渉してしまっているので、回転がスムースではありません。というか、かなり力を入れないと回りません。
また、ホイールの押し込みや、左右へのチルトはできません。

電源は正常に入り、PCとのペアリングも問題なく行えますが、これはもはや大昔のホイールなしマウスのようにしか使えません。ゆえに、高機能マウスの面影はすでにありません。

というわけで、私のMX Anywhere 2Sは、その短い生涯を終えたのでした。

【レビュー】Logicool MX Anywhere 2Sの魅力
Logicoolのマウス・トラックボールシリーズの最高峰である「MX」シリーズの中で、最もコンパクトなマウス「MX Anywhere 2S」を手に入れました。 持ち運びに便利なサイズと工夫。そしてしっかりMXでした。

他の製品とスタックしてはいけない

さて、どうして私のMX Anywhere 2Sは壊れてしまったのか?

それは、約2ヶ月におよぶ海外出張から戻ったあと、自宅のガジェットの収納棚に適当に放り込んでおいたことが原因でした。

ガジェット収納棚には、普段は使わない有線キーボード、各種製品の箱(中身が入っているのも空のも)、もう二度と使わないと思われる書き込み可能な円盤メディア(50枚入り)など、私のガジェット趣味が集積した地層のような場所なのですが、その中身を出し入れするうち、MX Anywhere 2Sはいろんなものの下敷きになっていたようです。

マウスのホイール部分は、力をかけると引っ込み、放すと戻るようになっているので、上にモノが乗っても大丈夫そうに見えるのですが、あまり重いものを乗せると、ホイールを支える土台そのものが変形してしまい、正常な位置を保てなくなるのだと思われます。

というわけで、マウスのホイール部分の上にあまり重いものを重ねて置くのはよくないという話でした。皆さんもお気をつけて。