iPad Pro向けタッチパッド付きキーボードBRYDGE PRO+の時代が来たのか?

※ 当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しており、記事等には [広告・PR] が含まれる場合があります。
※ 当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しており、記事等には [広告・PR] が含まれる場合があります。
New BRYDGE PRO+ - 1 Apple

iPadOS 13.4がリリースされ、ついにマウスとタッチパッドがまともに使えるようになりました。

タッチパッドを内蔵した純正Magic Keyboardの発売は5月まで待たなければならない中で、ついにBRYDGEの時代が来たのかもしれません。


スポンサーリンク

ついにBRYDGE PRO+が欲しくなるか?

BRYDGE PRO+とは?

BRYDGEはアメリカ ユタ州の会社で、iPadシリーズ向けのキーボードケースや、MacBook向けのドックを製造・販売しています。

そのBRYDGEから最新世代のiPad Proに対応した、タッチパッド付きキーボードケース「BRYDGE PRO+」がリリースされました。

というか、BRYDGE PRO+自体は数か月前から販売されていたのですが、iPad Pro 2020年モデルの発売に合わせて、リアカメラ部分の切り欠きのサイズ変更に対応した新しいバージョンとして生まれ変わった、というのが正確な言い方でしょうか。

新しいBRYDGE PRO+は現在予約受付中で、4月中旬から発送が始まるとのことです。

新しいBRYDGE PRO+の概要

BRYDGE PRO+の主な仕様は次のとおりです。

項目 内容
対応モデル iPad Pro 11インチ(全モデル)
iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)
サイズ・重さ 11インチ:247.6 x 178.5 x 6.7mm 550g
12.9インチ:280.6 x 214.9 x 6.8mm 690g
バックライト あり
インターフェース Bluetooth 4.1
USB-C(充電用)
開閉角度 0~180度
バッテリー 12か月(バックライトオフ/1日2時間使用)
20時間(バックライトオン/連続)

キーの配列は英語版のみです。

素材はアルミ製でその分少し重いですが、iPad Proの上質な質感を損なわないのが売りになっています。

iPad Proの背面を保護するために、マグネットで吸着するカバーが付属します。

BRYDGE PRO+の何が良いのか?

BRYDGE PRO+の良さは次の3点です。

  • 値段が安い
    BRYDGE PRO+は11インチ版が199.99ドル、12.9インチ版が229.99ドルです。
    純正のMagic Keyboardは299ドルと349ドルなので、およそ100~120ドルも安いことになります。
    日本から買うと送料49ドルが別途必要ですが、それでもまだ安いです。

  • 早めに手に入る
    純正Magic Keyboardは2020年5月発売。日にちはよくわかりません。
    対してBRYDGE PRO+は4月中旬に発送開始。配送には2~6日掛かるそうですが、それを加味しても純正より早く手に入りそうです。

  • 安定して打鍵できそう
    上の動画からもわかるとおり、BRYDGE PRO+は土台の部分にしっかりした厚みがあり、そこにラップトップのようなキーボードがセットされています。

また、画面を開いた状態でキーボードが手前に傾斜するようになっているため、デスクと平行になる純正Magic Keyboardよりタイプしやすそうに見えます。

一方で、Apple純正じゃないこと、日本語配列を選べないこと、厚く・重くなることがデメリットとして考えられます。

iPad Proのキーボードに300ドルも350ドルも払えないよという方は、検討されてみるといいかもしれません。

リンク:BRYDGE PRO+(BRYDGE)


関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
AppleiPhone/iPad/iOS
キリツメをフォローする
kiritsume.com
タイトルとURLをコピーしました