【一部在庫あり】iPad Pro 2020年モデルは2018年モデルからそれほど性能が上がっていないらしい話

※ 当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しており、記事等には [広告・PR] が含まれる場合があります。
※ 当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しており、記事等には [広告・PR] が含まれる場合があります。
iPad Pro 2020 - 1 Apple

iPad Pro 2020年モデルが発売になりました。

2020年モデルのパフォーマンスは前モデルからそれほど向上していないのでは?という話。


スポンサーリンク

iPad Pro 2020年モデルの性能

iPad Pro 2020年モデルは、前モデルと比べてプロセッサーが新しくなり、カメラの機能が向上し、Wi-Fi 6に対応したのに、日本では価格も安くなったというお買い得商品です。

しかし、A12Z Bionicという新しいプロセッサーの実力は謎に包まれていて、じっさいどれくらい速くなるのかがよくわかりません。

クロスプラットフォームのベンチマークソフトを提供しているGeekbenchを見てみても、モデル名でiPad Pro 2020年モデルとわかる結果は掲載されていません。

で、いろいろ試してみたところ、これがiPad Pro 2020年モデルの結果だろうと思われるものがありました。

その一部がこちらです。

iPad Pro 2020 パフォーマンス - 1

2020年3月に登録されたGeekbench 5の結果で、モデル名が「iPad8,12」とされているものです。

検索キーワードの「J421AP」というのは、新しいiPad Proのマザーボードの型番とされているものです。(ほかに「J420AP」「J418AP」「J417AP」で検索してもヒットします)

スコアはシングルコアが1,100台前半、マルチコアが4,600前後といったところでしょうか。2018年モデルとまったく変わりません。

中身を見てみるとこんな感じ。

iPad Pro 2020 パフォーマンス - 2

ざっと見たところ、掲載されているどの結果でも「Memory Information」の「Size」の値が5,656MBとなっていて、2018年モデルではストレージ1TBモデルだけだったRAM 6GB仕様が下位モデルにも行き渡っているらしいことがわかります。

一説にはMetalスコアは少し上がっていたり、Antutuなら旧モデルよりスコアが良いというiPad Pro 2020年モデルですが、やっぱり2018年モデルユーザーが慌てて買い換える必要はなさそうです。

もちろん、新規に購入される方は新モデルを選ばれるのがいいでしょう。Wi-Fi 6対応は魅力です。

なお、iPad Proを買うと当分はUSBハブやカードリーダーやストレージなどのアクセサリーへの出費が増えがちですので、その分の予算も確保しておくのがおすすめです。

Amazonだと12.9インチのシルバーにまだ在庫があるようですね。


関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
AppleiPhone/iPad/iOS
キリツメをフォローする
kiritsume.com
タイトルとURLをコピーしました