いま13インチを買うならMacBook Air 2020年モデルが良い

MacBook Air 2020 - 0Apple

MacBook Airの2020年モデルが発売になりまして、その仕様をつらつらとチェックしてみたところ、MacBook Pro 13インチモデルの立つ瀬がなくなりつつあることに気づきました。

いま買うならMacBook Airでしょという話。


スポンサーリンク

MacBook Air 2020年モデルの概要

MacBook Air 2020年モデルの主な仕様は次のとおりです。
MacBook Pro 13インチ(Mid-2019)の仕様と併記します。

MacBook Air (2020)MacBook Pro 13 (Mid 2019)
CPU第10世代 Intel Core
i7-1060NG7/i5-1030NG7/i3-1000NG4
第8世代 Intel Core
i7-8557U/i5-8279U/i7-8569U/i5-8257U
GPUIntel Iris Plus GraphicsIntel Iris Plus Graphics 655
Intel Iris Plus Graphics 645
RAM8GB / 16GB (LPDDR4X)8GB / 16GB (LPDDR3)
ストレージ256GB/512GB/1TB/2TB128GB/256GB/512GB/1TB/2TB
ディスプレイ13.3インチ 2560 x 1600ピクセル13.3インチ 2560 x 1600ピクセル
カメライン:720pイン:720p
キーボードシザーキーボード(Touch Barなし)バタフライキーボード(Touch Bar付き)
インターフェースThunerbolt 3(USB-C)x 2Thunerbolt 3(USB-C)x 4
ワイヤレスIEEE 802.11 ac(Wi-Fi 5)、Bluetooth 5.0IEEE 802.11 ac(Wi-Fi 5)、Bluetooth 5.0
バッテリー11時間10時間
サイズ・重さ304.1 x 212.4 x 16.1mm 1.29kg304.1 x 212.4 x 14.9mm 1.37kg

両者の違いをざっくり列挙すると次のようになります。

  • CPUの世代の違い
    MacBook Airでは最新世代の第10世代 Intel Coreプロセッサーが採用されています。

  • GPUの違い
    MacBook Airではより高性能なIntel Iris Plus Graphicsが採用されています。

  • ストレージ容量の違い
    MacBook Airではストレージの最低容量が256GBに引き上げられています。

  • キーボードの違い
    MacBook AirではMacBook Proで不評だったバタフライキーボードではなくシザーキーボードが採用されています。

  • Thunerbolt 3ポート数の違い
    MacBook AirではThunderbolt 3(USB Type-C)ポートが2つしかありません。

  • バッテリライフの違い
    MacBook Airの方が1時間長い11時間となっています。

  • 厚みと重さの違い
    フットプリントは両者全く同じですが、最厚部の厚みはMacBook Airの方が厚く、重さはMacBook Airの方が軽くなっています。


最新世代MacBook Proに引けを取らないパフォーマンス

さて、MacBook Airがお買い得だと思う理由の筆頭はそのパフォーマンスです。

MacBook AirとMacBook Pro 13インチのボリュームゾーンだと思われる、Core i5モデル(Proは2種類ある上位の方)のGeekbenchスコアを比較してみると次のようになります。

MacBook Air (2020)MacBook Pro 13 (Mid 2019)
(Core i5-8279U)
シングルコアおよそ1,100957
マルチコアおよそ2,9003,931
Open CL85138272
Metal73815564

いずれも値の大きい方が高性能です。

こうしてみるとCPUのマルチコア性能以外は両者ほぼ同等かMacBook Airの方がやや上回っていると言えます。

一般的なオフィスワーク用途ではシングルコアの性能が使い勝手に影響するタスクが多いので、そういう用途ではMacBook Airの方が快適に使えると予想できます。

マルチコアの性能が効いてくる、より計算量の多いタスクでは、GPUの性能も重要になるケースが多いため、そもそもdGPUを持たないMacBook Airや13インチMacBook Pro向けの作業ではないと考えれば、マルチコア性能が(MacBook Proよりも)低いことはあまりデメリットにならないように思います。


MacBook Airは安い

MacBook AirのCore i5モデルは13万4,800円から。対するMacBook Proは最安モデルが13万9,800円です。

ほとんど同じような値段ですが、MacBook Airのストレージは256GB、Proは128GBと、容量に2倍の差があります。

また、AirではRAMもより高速なDDR4が採用されています。

AirにはTouch Barがありませんが、まあなくても困るようなものではありません。むしろ物理Escキー/ファンクションキーがある分Airの方が良いくらいです。
なお、Airにも指紋認証のTouch IDは搭載されています。

こうした点を考慮すれば、発売されたばかりのMacBook Airの方がお買い得に見えますね。

唯一Airが実質的に見劣りするところとして、Thunerbolt 3(USB-C)のポート数が2つしかないことがあります。
外部ディスプレイ、有線LAN、有線マウス/キーボード等を常用したい場合は、USBハブでカバーできるかをあらかじめ検討しておくと良いでしょう。

なお、上の性能比較に登場したMacBook Pro Core i5の上位モデルは19万8,800円と一気にお値段が上がります。


MacBook AirにはProにはない「ゴールド」がある

MacBook Airには新色のゴールドモデルがあります。

MacBook Air 2020 - 1

12インチMacBookにあったローズゴールドとは違うオレンジ寄りの色です。

スペースグレイとシルバーはもう見飽きたという方にはうれしい選択肢ではないでしょうか。

先代のMacBook Airは「これを買うんだったらProの安いのを買った方がいいな」という仕様でしたが、今回のバージョンアップでアップデートの遅れているMacBook Pro 13インチモデルを凌ぐ実力を身に着けました。

いま13インチを買うならAirが良いと思います。


関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Apple Mac
キリツメをフォローする
kiritsume.com
タイトルとURLをコピーしました