普通に買えるようになったAirPods Proをあらためて褒め称えたい

Apple

昨年11月に約2週間待たされて手に入れたAirPods Proですが、その後ほぼ毎日たいへん満足して使っています。

最近ではどこでも待たずに手に入るようになったようなので、この機会にあらためてその良さを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

AirPods Proはどこでもすぐに手に入る

初代のAIrPodsほどではありませんでしたが、AirPods Proも発売当初は品薄気味になりゲットするのに多少待たされました。

私は発売翌月に家電量販店の通販で注文し、2週間ほど後に受け取りました。

そんなAirPods Proが今やどこでもすぐに手に入る状態になっています。

お値段はだいたい3万円前後です。

潤沢に出回るようになって希少性という意味ではありがたみが薄れてきましたが、機能や性能の素晴らしさは少しも損なわれていません。


マスクもメガネも長時間利用も問題なし

自宅で作業する時間が長くなって、仕事をしていても会議中でなければ、音楽でもラジオでも聴き放題になりました。

大きなスピーカーから音を鳴らせればそれに越したことはありませんが、時間帯によっては家族や近隣の迷惑にならないための配慮も必要です。

オーバーヘッドタイプのヘッドフォンの良いものを使えば、音質もノイズキャンセリング性能も文句はありませんが、長時間使っていると重かったり、メガネのつるが押されて痛くなったりといった難点もあります。マスクとの相性もあまりよくないですね。

イヤフォンにもノイズキャンセリング機能付きのものがいろいろありますが、耳の外に出る部分が大きく・重くて座りが悪いものが少なくないようです。

その点AirPods Proなら、オーバーヘッドタイプの欠点がまったくないのはもちろん、小さく・軽く、ノイキャン性能も高く、装着したまま周囲の音を取り込めるトランスペアレントモードの出来もよく、モード間の行き来のインターフェースも優れているなど、至れり尽くせりです。

AirPods時代にはうるさい場所では音量をほぼ最大にしないとよく聞き取れないようなことがありましたが、Proではノイズキャンセリング機能のおかげでせいぜい50%の音量で十分になりました。

音質については「値段に見合ってない」という評価もあるようですが、私はそれほど悪いものとも思いません。

というわけで、私はAirPods Proを壊れて直せなくなるまで使い続けるつもりですし、バッテリーがヘタったり、落として壊したりするのを見越してAppleCare+にも加入済みです。

まだお持ちでない方はちょっと高いですけどこの機会に手に入れておくと生活が変わるかもしれません。


タイトルとURLをコピーしました