OneDriveの最大容量がまもなく2TBに増強

OneDrive - 2 インターネット/Webサービス

Microsoftのクラウドストレージサービス「OneDrive」が最大容量を2TBまで拡張できるアップデートをされるようです。

1TB以上は小刻みに容量を増やせるようでたいへん良心的です。


スポンサーリンク

OneDriveの最大容量が2TBに

Microsoftのクラウドストレージサービス「OneDrive」は5GBまでは無料、それ以上は有料で容量を追加でき、最大1TBまで利用できます。

OneDrive - 1

いち早くファイルオンデマンド機能(クラウド上のファイルをエクスプローラーに表示しつつ、ローカルストレージの容量を消費しない機能)に対応したり、OfficeやOneNoteからシームレスに利用できたりと、Windowsユーザーにとってとても使いやすいサービスなので、すでに利用されている方も多いのではないでしょうか。

そんなOneDriveの最大容量はOffice 365ユーザーで1TBで、従来はそれ以上増やす方法はありませんでした。(OneDrive for Businessを5人分以上契約する方法はありますがとても高いです)

1TBといえばなかなかの容量ですが、スマホの写真や動画を自動的にアップロードする「カメラのアップロード」機能を利用したり、NASに保存したデータのバックアップ先として利用したりしていると、やがては足りなくなる容量でもありました。保存すべきデータはどんどん増え続けています。

じっさい、私はOneDriveの1TBだけでは足りなくてDropboxやiCloud Driveの有料プランを併用する有様です。

そんなOneDriveの最大容量が2TBに増強されると発表されました。

リンク:OneDrive Personal Vault brings added security to your most important files and OneDrive gets additional storage options(Microsoft)

1TB超えの料金プランは次のようなものです。

OneDrive - 2

1TBまでは従来どおりOffice 365サブスクリプションに含まれ、それを超える分は200GB刻みで約2ドルずつ課金されて、2TBいっぱいまで使うと9.99ドル必要ということです。

必要な容量に合わせて200GBずつ増やしていけるのは良心的ですね。


Officeプランとセットになった独特の料金体系 ~ ストレージだけが必要ならDropbox Plusという手も

OneDriveの料金は上図のとおりOffice 365のサブスクリプションとセットになった独特なものです。

Office 365はおなじみのMicrosoft Officeアプリの最新版を利用できるサブスクリプションサービスで、Officeが付属していないPCを買った方はこれに加入するのがおすすめです。

リンク:Office 365 Solo(マイクロソフトストア)icon

年額で1万2,000円以上掛かるのでちょっと手を伸ばしづらい印象を受けますが、複数台のPC/Mac、タブレット、スマホで最新版のOfficeアプリ(Word、Excel、PowerPoint、Outlook等)を利用できるほか、Web版のOffice 365もフル機能で利用でき、Skypeの無料通話までついてくるので、内容に対してお得な価格設定だと思います。

海外旅行中に日本に電話しなければならなくなったとき、Skypeの無料通話に何度も助けられました。

さて、お仕事や勉強にOfficeが必要な方はOffice 365 Soloを契約して、今後利用できるようになるはずの2TBまでの容量追加をすればいいわけですが、大容量のクラウドストレージだけが必要なら、ストレージ専門のサービス「Dropbox Plus」を利用するという手もあります。

Dropbox Plusはつい最近2TBに容量アップし、同時にOneDriveのファイルオンデマンドに相当する「スマートシンク」を利用できるようになりました。

ストレージ専門な分(=OfficeやSkypeが付いていない分)料金も安くて、3年契約すれば1か月あたり864円(税込)で利用できます。

リンク:Dropbox Plus 3年版(ソースネクスト)icon

Office 365 SoloでOneDriveを2TBいっぱいまで利用すると月額およそ2,200円。(容量追加分を約1,100円として計算)
Dropbox Plus 3年版ならOfficeなしで月額864円です。(ただし3年分の前払いが必要)

差額の1,300円/月ほどをOffice/Skype代として納得できればOffice 365 Solo、そうでなければDropboxということですね。(Office 365の方は1TBを超えた分の料金は段階的に上がっていくので、これよりもう少し有利ですが)

PCをOffice同梱で購入すると2万5,000~2万6,000円ほど高くなるようですから、およそ2~3年以内にPCを買い換える方ならOffice 365 Soloがいいかなあと思います。

以上、OneDriveの最大容量が2TBになりそうだという話でした。

リンク:Office 365 Solo(マイクロソフトストア)icon
リンク:Dropbox Plus 3年版(ソースネクスト)icon


タイトルとURLをコピーしました