ロゼッタストーンの効果を確認するためにTOEIC試験を受けてきた話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12
Rosetta Stone sale - 1

「ロゼッタストーン 英語(アメリカ)」をクリアーして約2週間。その効果を確認するために、英語でのコミュニケーション能力を測るテストの定番「TOEIC Listening & Reading Test」を受けてきました。
結果が出るのは約3週間後です。

受験前の準備と受験直後の手応えなどをまとめます。


スポンサーリンク

ロゼッタストーンとTOEIC Listening & Reading Test

ロゼッタストーンのQ&Aでは、ロゼッタストーンを使った学習でTOEICのスコアが800点台から900点台に伸びた方もいるとされています。

実際にロゼッタストーンで学習してみた感触では、ロゼッタストーンだけではTOEICでハイスコアを取るには語彙が足りないし、読解の訓練もたくさんはできないけど、その一方で男女複数人の発音でリスニングを大量に練習できるので、リスニングが不得手な人が使うにはちょうど良い教材なのではないかと思います。

文字で書いてあればわかる内容がちゃんと聞き取れないのは、聞き取りに慣れていないだけですが、だからといって英語のニュースやドラマを漫然と聞いていてもなかなか上手にはなりません。

ロゼッタストーンの「リスニング」の学習では、文字なしで確実に聞き取らないと正解できない問題が大量に出題され、解答後には読み上げられた内容が文字で表示されるので、ただ聞き流しているよりもずっと確実にリスニングの練習と確認ができます。

TOEICのリスニングテストの音声では、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアという4タイプの話者が入り混じっていますが、個人的には「r」の発音が粘っこいアメリカタイプの聞き取りがいちばん難しいと感じます。
だから、全編アメリカ英語の発音しか流れない「ロゼッタストーン 英語(アメリカ)」は、TOEICのリスニングテスト対策に向いていると思います。


語彙を補うには

さて、ロゼッタストーンだけではTOEIC用の語彙をマスターするのは難しいので、他の方法で補う必要があります。

今回は、ロゼッタストーンを終えてからTOEICの受験まで約2週間しか取れなかったので、TOEICの問題集から知らない語句をピックアップして集中的に覚えることにしました。

使ったのはこちらの2冊です。


TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編


公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 1

それぞれ、TOEIC Listening & Reading Test 2回分の問題が収録されています。

テスト1回に2時間掛かるので、まず全問解くのに8時間掛かります。

それから、解答集の英文(解答の選択肢を含む)を全部読んで知らない単語・熟語をピックアップし、単語帳メーカーというスマホアプリに登録します。
この作業にテストと同じくらい時間が掛かります。つまり8時間。

そして、単語帳メーカーを使って全部暗記します。これは空いてる時間にやったので時間はノーカウントとします。

このように、合計16時間+α掛けてピックアップした単語・熟語320個ほどをすべて覚えました。TOEIC向けなので、英語→日本語がわかれば良いことにしたため、数のわりには楽ちんです。

TOEICテストは全体的に時間が足りないので、知らない単語の意味を「文脈から考えればこうだろう」式に類推している暇はありません。また、解答の選択肢の2つ以上に知らない単語が使われていると、消去法で正解を探るのも難しくなります。リスニングの短いスキットに知らない単語が2つも3つも出てきたら、もうまともに意味を取ることなんかできません。

というわけで、語彙強化は非常に大切だということです。

ちなみに、覚えた単語・熟語は実際の試験ではたしか4箇所で出てきました。
高得点を狙うなら、4つの取りこぼしは致命傷ですので、効果はあったと思います。


試験の手応え

そんなわけで、ロゼッタストーンを3か月で済ませたあとに問題集を2冊解いて臨んだTOEIC Listening & Reading Testですが、その手応えは、昔受けたときよりはうまくいったかな、という感じです。

受験されていた方の年齢層は幅広いのですが、ボリュームゾーンは30代のように見受けられました。お仕事のためにスコアが必要になるお年頃ということかもしれません。
そんな中、ロゼッタストーンの効果を確かめたいというアホな動機で受験してしまって申し訳ないです。

隣に座っていたお姉さんが、リスニングの音声の途中で解答の選択肢を先読みしてどんどんマークしていくという実力者で、それを真似しようとしてペースを乱したりもしましたが、全体的に「何を言ってるかわからない」「何を聞かれてるかわからない」ということもほとんどなく、リーディングでは少し時間を余す余裕もありましたし、まずまずの手応えです。

結果発表は8月中旬。良い結果が出ていた場合は記事にするかもしれません。記事が出ない場合はお察しください。

以上、ロゼッタストーンの効果を確認するためにTOEICを受けてきた話でした。


ロゼッタストーンの詳細は公式サイトでご確認ください。

リンク:ロゼッタストーン 英語(アメリカ)(ソースネクスト)
リンク:ロゼッタストーン 製品ラインアップ(ソースネクスト)