スマホの使い方が変わる!大容量バッテリーケースの魅力【Smart Battery Case】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 28
iPhone XR - 5

iPhone XRにSmart Battery Caseを取り付けて使い始めたわけですが、予想どおりスマホの使い方が劇的に変わりました。

とてもおすすめです。


スマホに大容量のバッテリーケースを取り付けたら起こったこと

iPhone XRに純正バッテリーケースを取り付けた様子がこちらです。

iPhone XR - 4

底面積はiPhone単体とそれほど変わらないのですが、厚みがめちゃくちゃ増えています。

iPhone XR - 7

しかし、ケースがちょうどいいグリップ感のシリコンでできているため、持ちやすさは大きくは損なわれません。

というか、ツルツル・スルスルのガラス製iPhone XRと比べると、むしろこちらの方が持ちやすいくらいです。

片手操作の安定感はケース付きの方が上です。

さて、このケースを取り付けることでどういう利点があるのでしょうか。

Apple純正Smart Battery Caseは常にiPhoneを満充電に保ってくれる

Smart Battery Caseはバッテリーが残っている限りiPhoneに電力を供給し続けるようになっています。

iPhone XR - 8

つまり、適切に充電されたSmart Battery Caseを取り付けたiPhoneは、常にバッテリー残量100%の状態に保たれるということです。

このことには意外なメリットがあって、たとえば一時的にカバーを外さなければならなくなったとき(スマホ用のスタビライザーに取り付けるときや、バイク・自転車用のホルダーに取り付けるとき)に、いつもバッテリー残量100%からスタートできることです。

社外品のバッテリーの場合、ユーザーがボタンを押して充電のオン・オフをコントロールすることになるようですが、それよりも常に電力を供給し続けるという単純な制御の方が使い勝手が良いと思います。(単純に見えて、じつはiPhone側のバッテリーが劣化しないような高度な制御がされているのかもしれませんし)

スマホを使う時間帯が自由になる

たいていのスマホはバッテリー容量の制限のために、主に朝から夕方にかけて使うもののようになっていると思うのですが、Smart Battery Caseで2倍近くまで増量されたバッテリー容量のおかげで時間帯を気にせずいつでも全力でスマホを使えるようになります。

充電のためにスマホを使うのを控える時間帯を作るというこれまでの使い方を、スマホを使っていないときに充電するというスタイルに改めることができます。

これはこうして言葉で書いたものから受ける印象よりもずっと快適です。

使った分だけ充電しなければならないのはケースなし時代から変わらないのですが、バッファが増えたぶん時間の融通がきくようになって、バッテリーのことで思い悩まなくてよくなりました。

Lightningポートもワイヤレス充電も使える

Smart Battery Caseが便利なのは、ケース側にiPhone本体と同じLightningポートがあることです。

サードパーティのバッテリーケースではポートがmicroUSBになっていて、Lightning接続のイヤフォンなどのアクセサリーが使えないとか、充電に時間がかかるといった不都合がありますが、純正品ではそんな心配は無用です。

また、これまでiPhoneを充電するのに使っていたQi規格のワイヤレス充電パッドを流用して、Smart Battery Caseごと充電ができます。

つまり、ケースを付けた分だけサイズと重さが増えたこと以外は、iPhoneの使い勝手を全く損なわない、良いことづくめのアクセサリーだということです。

ほんと便利です。


ぜひ一度試してみるべき

このように、iPhone XRにSmart Battery Caseを組み合わせた結果、スマホの使い方が大きく変わりました。

もうモバイルバッテリーを持ち歩くこともないでしょう。

サイズと重さの変化は許容できるレベルだと思いますし、むしろ持ちやすさがアップするほどなのですが、心配な方はAppleストアでスタッフさんに相談すると、実物を見せてくれるはずです。(スタッフさん自身がSmart Battery Caseの愛好家だったりします)

というわけで、Apple純正のSmart Battery Caseはおすすめだという話でした。

量販店の在庫も復活し始めているようです。

リンク:iPhone XR Smart Battery Case(ビックカメラ)icon