LaCieとSeagateのサポートがすごすぎて今後HDDは絶対この2社から買うという話

周辺機器

自宅の外でデジカメやアクションカメラを使って撮影した素材を編集するまでの間保存するための機材として、LaCieから発売されているDJI Copilot BOSSというHDDを使っていたのですが、最近なんだか調子が悪いということで保証交換してもらいました。

LaCie(の親会社のSeagate)の対応が最高だったという話。


スポンサーリンク

まずDJI Copilot BOSSの話

LaCie DJI Copilot BOSSは当ブログでも何度か話題に出しています。

見た目はこういうずんぐりした感じ。

LaCieからたくさん出ている、本体の周囲をラバー素材でぐるっと囲んで耐衝撃性を向上させたHDDシリーズに似ていますが、色はグレーに、サイズも一回り大きなものに変更されています。

このドライブ、ふつうにUSB接続のHDDとして利用できるだけではありません。

最大の特徴はSDカードリーダーを内蔵していて、デジカメ等で撮影した写真や動画などをPCなどの親機なしでHDD内に取り込むことができることです。カメラの機種によっては直結することもできます。

名前の「BOSS」は「Backup On Set Solution」の頭文字で「現場でバックアップできますよ」ということですね。

バッテリーを内蔵しているため、本当にこれ一台で撮影済みの素材をバックアップすることができます。

メモリーカードに残しておくだけでは万一の故障によってデータが失われてしまうのが怖いからデータを二重化したいとか、アクションカメラで撮影するような大量データをすべてカードに保存するのはコストやカードの管理面で難しいというときに活躍してくれます。

また、付属のケーブルでLightning、USB-C、MicroUSBポートを持つ機器と接続できて、専用のアプリで機器側にデータを転送できるので、スマホやタブレットにデータを取り込むときに使えます。

とくにファイルの扱いに制限の多いiOS機器に外部からデータを取り込みたいとき、DJI Copilot BOSSを介することでうまく取り込めることから、iPad Proにさまざまな素材を取り込んで動画編集に生かしたいという用途で使われることもあります。

最近のファームウェアアップデートでUSB-Cポートを搭載したiPad Pro 2018年モデルにも対応しました。

このようにとても便利なDJI Copilot BOSSなのですが、私が使っているものはカードリーダー部の不調のため、メモリーカードからのデータ取り込みをうまくできなくなっていました。

今回はその保証交換のプロセスがすごく良かった話です。(前置きが長い)


LaCie/Seagate製品の保証対応がすごすぎた

LaCieは少し前にSeagateに買収されたため、保証対応もSeagateのシステムに統合されています。

HDD製品ですので故障品は修理ではなく正常品と交換する形で保証されます。

大まかな流れは次のとおり。

  • LaCieのサポートサイトで保証対象かどうかを確認する
    製品のシリアル番号を入力するだけで保証対象かどうかを確認できます。

    ちなみに、今回私が交換してもらったのは米Amazonで購入した海外品ですが(当時は国内正規品はなかった)、問題なく保証対象と判断されました。

  • 保証対象なら交換の申し込みをする
    保証対象と確認できたら、同じ画面で交換の申し込みができます。

    申し込みはSeagateのサイトにリダイレクトされ、そこでSeagateのアカウントを作成して行います。

  • 故障品を発送する
    故障品を梱包して所定の住所へ送付します。(国内とシンガポールの2か所から選べますが、国内の拠点をえらびましょう)
    業者は指定されていないので自分の都合の良い方法を選びます。送料はこちら持ちです。
    梱包には細かいルールが決められているのですが、ネット上の情報や私の体験を総合すると、一言一句漏れなく従っていなくても受け付けてもらえるようです。
    静電気防止袋に入れることと、衝撃を受けにくいよう丁寧な梱包を心がければ大丈夫でしょう。

  • 代替品を受け取る
    送付した故障品の確認が終わると、シンガポールから代替品が発送されます。
    私の例では、東京から発送した翌日に故障品の確認が行われたと通知(電子メール)があり、その翌日に代替品の発送通知(同)がありました。
    東京の自宅に代替品が届いたのはその翌日でした。

申し込みからわずか3日で代替品が手元に届いたということです。まさかシンガポール発の荷物が翌日配達されるとは思いませんでした。めちゃくちゃ迅速ですね。

今回はHDDドライブではなくSDカードリーダー部分の故障だったため、保存してあったデータはすべて事前に取り出すことができ、ついでに綺麗に消去してから発送することができました。

つまりこちらの損害は故障品を送るための送料(1,000円少々)とわずか3日間当該HDDを使えない不便さだけ。

保証期間は3年間。この間いつでもこのレベルのサービスを受けられるのですから、今後HDDを買うときはLaCieかSeagateを選んでおけば間違いないと思ったりしています。

今回とくに印象に残ったのはSeagate内の処理の速さです。
おそらく判断らしい判断は国内で故障品を受け取った時点でしか行っておらず、あとはすべて機械的に代替品を梱包・発送する手はずになっているのでしょう。超合理的です。

というわけで、LaCieやSeagateのサポートはすごいですよという話でした。

リンク:LaCie DJI Copilot(ビックカメラ)icon


関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
周辺機器
キリツメをフォローする
kiritsume.com
タイトルとURLをコピーしました