2021年に「買わなくて」よかったもの

MacBook Pro 2021 - 1Apple

2021年も今日で終わりです。

今年はあまり物を買わなかったのですが、今になって「あれ買わなくて良かったな」と思うものを紹介しておきます。


スポンサーリンク

2021年に買わなくてよかったもの

2021年に買わなくてよかったものの筆頭はMacBook Proです。

発売直後からあちこちでレビューされてその性能の高さや電力効率の良さが称賛されまくってきたMacBook Proですが、どうにか冷静さを保って買わずに済ませました。

頭ではいま使っているMacBook Airで何も困らないとわかっていても、みんなが楽しそうに紹介する様子を見ると欲しくなってしまうものですが、幸か不幸か品薄が続いてすぐには手に入らなかったおかげで買いたい熱をやり過ごすことに成功しました。

今の自分の用途に向いているのは、2022年に出るかもしれないと言われている次のMacBook Air(または「MacBook」)ではないかと思います。

この動画ではリーク情報にもとづいてM2チップ(8コアCPU、9〜10コアGPU、4nmプロセス)、1080pカメラ、複数台の外部モニターサポートなどが予想されています。

もしくは、M1 ProやM1 Maxを搭載するかもと言われているMac mini。

これなら同じ処理性能のMacBook Proよりもかなり安く手に入れられそうです。

この新しいMac miniの楽しみを温存できたというだけでMacBook Proを買わなかったのは正解でした。

つづいて、買わなくてよかったのはApple Watch Series 7です。

Apple Watch Series 6も運動をするとき以外は使わなくなっているので、そもそもSeries 7を買う心配はなかったのですが、やはり買わなくてよかったと。

Series 4までのディスプレイが消灯する仕様に不満があり、ひとつ飛ばしてSeries 6で初めて常時点灯タイプのApple Watchを経験しましたが、実際に使ってみればそれはやはりそこらじゅうで見かけるようになったApple Watchのひとつにすぎず、持つ喜びのようなものをほとんど感じなかったのでした。

新しいPCを組んだり、新しいスマホを買ったりしたときと同じ、出来上がるまで・家に持って帰るまでがいちばん楽しい類の製品に、Apple Watchもなっていたということですね。


逆に買えなくて歯ぎしりしたもの

ほとんど何も買わなかった2021年ですが、買えなくて悔しい思いをした製品がひとつだけあります。

それは「Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S 雪」です。

このモデルを知るのが遅れ、気づいたときには英語配列はすでに完売。日本語配列も直後に完売となり、二度と手に入らない製品になりました。

HHKB 25周年記念モデルということなので、5年後の30周年の記念モデルは買い逃がさないようにしようと思います。

代わりにHUAWEI Ultrathin Keyboardを買っちゃおうかしらなどと思っています。

では、今年も当サイトをご利用いただきありがとうございました。来年も引き続きよろしくお願いします。


関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
AppleMac
キリツメをフォローする
kiritsume.com
タイトルとURLをコピーしました