Apple Watch Series 3はどのモデルを選ぶべきか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 15
Apple Watch Series 3 - 1

Apple Watch Series 3の予約受付が本日午後4時01分から始まります。

どれにしようかまだ決まってないという問題。


スポンサーリンク

Apple Watch Series 3はどれを買うか?

Apple Watch Series 3を選ぶポイントは次のとおりです。

  • 単体でのセルラー通信対応版か非対応版か
  • Nike+ / Hermesバージョンかどうか
  • Nike+ / Hermes以外なら素材はセラミックかステンレスかアルミか
  • 色はホワイトかシルバーかブラックか
  • サイズは38mmか42mmか

単体でのセルラー通信対応か非対応か

セルラー通信は間違いなくApple Watch Series 3の目玉です。

ペアリングしたiPhoneがそばにあればセルラー通信なし版でほぼすべての機能を代替できる(Apple Watchから番号を入力した発信はできなさそうです)わけですが、ジムやプールの中でスマホを持ち歩かなくてよくなったり、ちょっとコンビニへ行く時に手ぶらで財布すら持たずに出掛けられたりというのは、やはり便利そうです。

セルラー通信の有無による価格差はたったの3,000円。通信キャリアに支払う利用料金は月額350円(au、ソフトバンク)または500円(ドコモ)です。

Nike+ / Hermesバージョンかどうか

Nike+バージョンとそれ以外の実質的な違いは、専用のバンドがセットされているかどうかと、専用のウォッチフェイスが使えるかどうかです。
また、Nike+バージョンはアルミニウムボディ(風防はIon Xガラス)のものしか選べません。
価格は非Nike+バージョンのアルミモデルと同じです。

また、Hermesバージョンとそれ以外の実質的な違いは、専用のバンドがセットされているかどうかと、専用のウォッチフェイスが使えるかどうかです。
Hermesバージョンはステンレスボディ(風防はサファイアクリスタル)のものしか選べません。ボディの色はシルバーです。

機能的には同じなので、デザインの好みとお財布の様子だけで選べば良さそうです。

素材はセラミックかステンレスかアルミか

素材はお値段が高い順にApple Watch Editionのセラミック、Apple Watchのステンレス、Apple Watchのアルミニウムの3種類です。

セラミック版とステンレス版は風防がめったなことでは傷つかないサファイアクリスタルになっています。アルミ版はIon Xという強化ガラスです。少しぶ厚めのApple Watchはきっとどこかにぶつけることになる(それも、買ってすぐの慣れない時期にぶつけることが多い)ので、できればステンレス以上を選んでおきたいところです。

それから、セルラー通信対応版の証であるリューズの赤い塗装は、シルバーのステンレスととても相性が良いように見えます。
Apple Watch Series 3 - 1

このあたりの状況を踏まえつつ、最後はお財布との相談で決めることになります。

毎日身につけるものだからなるべく気に入ったデザインのものを選びたいけど、バッテリー内蔵のため数年以内に必ず買い換える時計にあまり高額を支払いたくないという、かなり悩ましい決断になりそうです。

色はホワイトかシルバーかブラックか

セラミック版はホワイトとブラック、その他はシルバーとブラックがあります。

完全に見た目の好みの話なので好きに選べばいいのですが、店頭に展示されているものの様子を見ると、シルバーのステンレスはわりと傷がついている印象があります。私が使っている初代のシルバー/ステンレスも細かな傷がたくさんあります。ステンレスを選ぶ場合はこの点に留意したほうがいいでしょう。

サイズは38mmか42mmか

手首のサイズにマッチするかどうかと、表示の見やすさと、バッテリーの持続時間に影響します。

男性なら42mmで大きすぎることはないでしょうが、女性用の時計としては42mmはちょっと大きめかつ分厚めです。(厚いのは38mmでも同じですが)

表示はもちろん42mmの方が見やすいです。
38mmを選んだ場合でも、通知の文字サイズなどは調整可能なので、一度に表示される情報量が減るだけで済みますが、通常のフェイスの表示は画面サイズに応じて小さくなります。視力に応じて選ばれるのが良いと思います。

バッテリーは42mm版の方が大きなものを搭載しているので持続時間が長くなります。
ただし、どちらを選んでも1日か2日に一度充電することに変わりはないので、バッテリーのことを気にしてサイズを決める必要はないと思います。


セルラー版ステンレスモデルのシルバーが鉄板なような気がする

このように比較してみたのは、ひとえに自分の決心を促すためです。

42mmのセルラー版にするのは最初から決めています。
色はSeries 2の実物をためつすがめつした結果やっぱりシルバーが良さそうです。

となると、あとはステンレスかアルミかの選択です。お値段の差は税別で2万1,000円。

Apple WatchはSeries 3でいよいよ完成度が高まっていて、おそらく長い付き合いになるはずです。とすると、やっぱり妥協なしにステンレスを選ぶべきか、という気がしてきました。

以上、Apple Watch Series 3はどれを選ぶべきかという話でした。

リンク:Apple Watch Series 3(Apple)
リンク:Apple Watch Series 3(ビックカメラ)icon