iPad Pro 2018 に最適なキーボードはどれ?

Apple

iPad Pro 11インチ 2018年モデルを使っています。

訳あっていろいろなキーボードで試し打ちをしていますが、必ずしも純正のSmart Keyboard Folioが良いわけでもないような気がし始めています。

iPad Pro 2018に最適なキーボードってどれ?という話。


スポンサーリンク

iPad Pro 2018 に最適なキーボードを探す

私が使っているiPad Proは持ち運びに便利な11インチモデルです。

iPad Pro 2018 11-inch

Cellularモデルではありませんが、ストレージはフル装備の1TB。

1TBモデルだけは他の容量のモデルと違ってRAMが6GB搭載されているそうですので、メモリーをたくさん使うアプリを動かしたり、同時にたくさんのアプリを利用したりといった場面で活躍してくれるはずです。

純正のSmart Keyboard Folio(日本語版)とセットで使っているのですが、せっかくのiPad Proですから常に最高の使い勝手を確保したいと考えて、より良いキーボードを探しています。

というわけで、今回はiPad Proと組み合わせるのはどのキーボードが良さそうかという話です。

候補になるキーボードたち

さて、ひとくちにキーボードといってもいろんなタイプがあります。

主にデスクトップPCと組み合わせて使うUSB接続のものから、モバイル用途に対応するBluetooth接続のもの、iPad Proなら純正のSmart Keyboard Folioも。

iPad ProはUSB-Cポートを装備しているため、その気になればフルキーのUSBキーボードだって使えるのですが、今回はiPad Proとともに無理なく持ち運べるもの、という縛りを設けて選んでみます。

エントリーするのはこちらの4機種です。

  • Apple Smart Keyboard Folio
    言わずと知れた純正キーボードカバーです。

    カバーにもなる一体感と純正の安心感が特長。日本語版はiOSでもちゃんと日本語キーボードとして認識されます。ただし値段は今回の候補の中でいちばん高いです。
  • Logicool Slim Folio Pro
    先日日本でも発売されたiPad Pro 2018専用キーボードカバーです。

    これもカバー一体型ですが、Smart Keyboard Folioほどは高くありません。英語版のみ。

  • Logicool K380
    こちらはLogitech / LogicoolからすでにリリースされているBluetoothキーボードです。

    日本で売られているものは日本語配列ですが、iOSで使うときには英語配列として認識されます。(キーボード上には英語配列のプリントもされています。親切)

  • Buffalo BSKBB500BK
    Buffaloから出ている極薄・軽量のBluetoothキーボードです。

    配列は英語です。

仕様と特徴を比較してみると

候補としたキーボードの仕様と特徴をざっくり比較した表がこちらです。

なお、重さの比較でiPad Pro本体との合計の重さを併記していますが、ケース一体型キーボード以外の機種では純正Smart Folioの重さ(170g)を加えてあります。

また、価格の比較ではケース一体型キーボード以外の機種では純正Smart Folioとの合計価格を併記しています。

Apple Smart Keyboard FolioLogicool Slim Folio ProLogicool K380Buffalo BSKBB500BK
重量(カッコ内はiPad Proとの合計)296g(747g)552.42g(1,020.42g)423g(1,061g)152g(800g)
ファンクションキー××
バックライト×××
他の機器での使用×(事実上)×
タイプしやすさ(サイズ)
価格1万9,800円119.99ドル / 約1万3,500円3,880円(1万3,780円)3,130円(1万2,930円)

「タイプしやすさ」の項目はキーボードのサイズが小さすぎないかという観点で評価しています。

Smart Keyboard FolioとK380はキーピッチが18mmでほぼ同等の打ちやすさ。ただし、Smart Keyboard Folioは日本語版だと左右の機能キー(ShiftやEnter)の幅が小さくて、その分打ちづらく感じるかもしれません。

Slim Folio ProとBuffaloは17mmで他の2機種より窮屈です。(Slim Folio Proの仕様表には11インチモデルと12.9インチモデル共通でキーピッチ17mmと書かれていて、この情報が本当に正しいのかイマイチ信用できない部分はあります)


結局どれが良さそうなのか?

価格、持ち運びの便利さ、タイプしやすさから総合的に判断すると、Smart Keyboard Folioの英語版が良さそうに感じます。
価格は他のモデルと比べて高めですが、最も重量が軽く、キーピッチも十分そうです。
英語版なら左右端の機能キーの幅も小さくなりすぎないので快適に使えると思います。

Logicool勢のファンクションキーはとても魅力的なのですが、どちらも総重量が1kgを超えてしまうのと、Slim Folio Proはキーピッチの狭さが気になります。
あとはSlim Folio Proにだけバックライトがあります。バックライトが必要な環境でお使いの方はこれ一択ですね。

Buffaloは単体では最も軽いので、Smart Folioではなくもっと軽いタブレットスタンドと組み合わせて持ち歩くと、超軽量装備として活躍してくれそうです。

私はというと、この中で持っていないのはSmart Keyboard Folio 英語版 と Slim Folio Pro だけなので、この2機種を実際に打ち比べてみて決めようと思います。すぐにAppleストアへ行かなくちゃ。


タイトルとURLをコピーしました