Windows 10のアップデート「KB4093105」は早めに適用しておくべき

Windows 10 Terry Myerson Microsoft/Windows

Windows 10の次期大型アップデート「Spring Creators Update(April Update)」のリリースが先延ばしになる中、現行のFall Creators Updateにわりと規模の大きな更新が入りました。

インストールにはわりと時間が掛かりますので、次期アップデートの前に適用しておくのがいいと思います。


スポンサーリンク

Windows 10 Fall Creators Updateの更新:KB4093105

今回配信されているのは「KB4093105」と呼ばれるもので、Windows Updateから適用可能です。

Windows 10 KB4093105

変更内容は多岐にわたっており、現行Windows 10の修正済みのバグを総ざらいしたものという印象。ざっと目を通してみたところ、われわれ一般ユーザーにも影響しそうなものが含まれています。

リンク:Microsoft 「April 23, 2018—KB4093105 (OS Build 16299.402)」

また、先にリリースされたアップデート(KB4054517)が正しくインストールされているにもかかわらず、インストールに失敗したと表示される不具合も修正されているそうです。

アップデートの適用は、設定アプリの[更新とセキュリティ]-[Windows Update]で更新を確認してインストールすることで行なえます。

Windows Updateで未配信の場合は、Microsoft Update Catalogから手動でダウンロードしてインストールすることも可能です。

リンク:Microsoft Update カタログ「KB4093105」
リンク:Windows 10 Home(Amazon)
リンク:Windows 10 Pro(Amazon)


タイトルとURLをコピーしました