Windows 10 on ARMでx86アプリが動作する様子がわかる動画

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12
Windows 10 on ARM - 1

シアトルで開催されているMicrosoftの開発者向けイベント「Build 2017」で、ARMプロセッサー上で動作するWindows 10に関するセッションが行われました。

全編の動画が公開されていて、ARM環境でWindows 10がサクサク動いているのが確認できます。


スポンサーリンク

Windows 10 on ARMの動画

ARM上でWindows 10が動作している様子がこちらです。

Windows 10 on ARMの売りは、LTEネットワークにつながって、バッテリーが長持ちする、「anywhere, anytime」なPCだということだそうです。

USBデバイスの多くは、OSに内蔵されたインボックスドライバーで動作するので、ただ接続するだけで利用できます。(3分53秒付近)

5分34秒あたりから、x86アプリである「7-Zip」をインストールし、起動する様子が紹介されています。
説明しているハリさんは、この7-Zipはダウンロードしてきたまんま一切手を加えていないことを強調されています。

10分34秒付近からは、WindowsストアからインストールしたUWPアプリ「iHeartRadio」のデモをしていますが、それがARMプロセッサー向けのネイティブアプリであると説明されています。

つまり、Windows 10 on ARMでは、x86向けのアプリは無加工のままエミュレーションで動作させることで幅広いアプリ資産を利用でき、ARM向けのアプリはARMアプリとしてネイティブ動作させることでパフォーマンスを損なわないということです。

この動画ではx86アプリのエミュレーション動作のパフォーマンスがよくわかりませんが、それなりに高速に動作するのなら、Windows 10 on ARMはけっこう使えるOSになると期待できます。

リンク:Microsoft Build 2017