Office一覧

【無料】OneNote 2016のダウンロードとインストール

無料でダウンロードできるデスクトップ版のOneNoteアプリはずっとOneNote 2013のままかと思っていましたが、いつの間にかOneNote 2016をダウンロードできるようになっているのですね。知りませんでした。 Windows 10にはストアアプリ版OneNoteが統合されていますが、デスクトップ版の方が機能が豊富なので使いやすい場面が多いです。 無料のデスクトップ版OneNote 2016をダウンロードする手順をまとめます。

【最大約32%】Office 365がセール中. SurfaceなどOffice 365サービス同梱PCのユーザーはこの機会にまとめて延長を!

マイクロソフトストアでOffice 365を買うと最大3,000円がキャッシュバックされるキャンペーンが行われています。 「Office 365 サービス」付属PCのユーザーなら1年間の更新につき2,000円、それ以外のユーザーが「Office 365 Solo」の1年版を購入・延長すると3,000円がキャッシュバックされます。 この機会に最大の5年まで延長しておきましょう。

【複数台持ちの人は要注意】Office 365が有効になっていない場合がある件とその対応について

メーカー製のPCを買うとMicrosoft Officeがバンドルされている場合が多いです。 最近のモデルでは「Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス」や「Office Personal Premium プラス Office 365 サービス」のように、Office 365 サービスがついてくるものが多いですが、複数台持ちの人はちゃんとすべてのライセンスがアクティブになっているか確認した方が良いです。 私のはなっていませんでした。

【重要】PCを譲渡する前にOfficeのプロダクトキーを確認する方法

Surfaceなどメーカー製のPCに付属している「Office Home and Business Premium プラス Office 365 サービス」や「Office Personal Premium プラス Office 365 サービス」で、インストール後にプロダクトキーを確認する手順が以前のものから変わっているので紹介します。 プロダクトキーはPCを初期化した後Officeを再インストールするときに必要になる情報です。

【Tips】デスクトップ版OneNoteでペン入力するときにメニューがいちいち消えるのがわずらわしいので何とかする

デスクトップ版のOneNoteでペン入力をするときにペンの色や太さを変える場合は「描画」メニューから行いますが、このメニューが操作するたびに消えてしまうのがとてもわずらわしいです。 メニューを開いたままにする方法です。

【改善】OneNote 2016はデフォルトフォントが変わってスッキリしたけど、元に戻したいときはこうすればいいです

Office 2016が公開され、デスクトップ版のOneNoteも2016にバージョンアップされました。 OneNote 2016を使って最初に気付く変化はたぶんフォントの違いです。 私はスッキリして良くなったと思いますが、元に戻したい場合はこうします。

【Windows 10】Surfaceペンではデスクトップ版OneNoteが起動しない件、再び

Office 2016をインストールしまして、これでSurfaceペンのおしりのボタンでデスクトップ版のOneNoteを起動できるようになるかなと期待しましたが、やはりストア版のOneNoteが起動します。 Windows 10ではSurfaceペンからデスクトップ版OneNoteを起動できないという問題はMicrosoftのフォーラムでも話題になっているようですが。

【わかりづらい】「Office Home & Business Premium プラス Office 365」のユーザーがOffice 2016をインストールする方法

Windows用のOffice 2016が公開されました。 アメリカのOfficeのウェブサイトにOffice 365ユーザーがWindows用Office 2016をインストールする方法がアップされているのですが、日本ではちょっと手順が違うようなので、日本で行う手順を紹介します。

【発見】OneNoteをテキスト書きメインに使っていてペンをマウス的に使いたい人におすすめの設定

毎日毎日SurfaceとOneNote 2013をヘビーに使いたおしています。 OneNoteでは主にキーボードを使ってテキストを書き、そこにほかのツールで作った図表を貼り付けるという使い方をしているのですが、「この図をもうちょっと右へ移動」というときに画面をペンで突っついたらインクモードになっていてイライラすることがよくあります。 OneNoteにはペンの動作を自動的に切り替える機能があって、それが悪さをしているのです。 そんな機能はオフだ。

【微改善】Windows 10でデスクトップ版のOneNote 2013をデフォルトにする方法

Windows 10がリリースされ、私も普段持ち歩くPCは早速Windows 10にアップグレードして使っていますが、デスクトップ版のOneNoteを使おうとすると毎回「OneNote 2013(デスクトップ)は現在、既定の OneNote エクスペリエンスに設定されていません。」という警告画面が表示されて鬱陶しいです。 これをなんとかしたいと思います。

【節約】Surfaceユーザーの私はOffice 365を継続すると家計の見直しが捗りそうという話

個人向けに販売されるSurface Pro 3、Surface 3には1年間のOffice 365 サブスクリプションがついてきます。 Office 365はサブスクリプション期間中最新バージョンのOfficeを使う権利、期間中1TBのOneDriveを使う権利、期間中Skypeで国内・海外に毎月60分間無料で通話できる権利などからなるサービスです。 1TBのストレージはちょっとしたバックアップ用途に使うには十分な容量ですし、携帯電話で通話料金の高いスマホ用料金プランを使っている者としてはとても助かります。 このあたりを踏まえて、いくつかのサービスをまとめてOffice 365に乗り換え...

【Office 2013】Surfaceであのいまいましい「貼り付けオプション」ボタンを二度と表示させない方法

文書が電子化されたことの最大のメリットの一つは「コピペ」が簡単にできるようになったことです。 先人の知恵や過去の自分の創作をキー操作一つで自在に流用できることで無意味な書写が不要になり、文書作成の効率が劇的にアップしました。コピペ万歳。 しかし、Officeに実装されている「貼り付けオプション」ボタンは快適なコピペ環境を著しく阻害しています。 そんなわけで、Office 2013で「貼り付けオプション」ボタンを二度と表示させないための設定をまとめます。

【使い分け】Surfaceで2種類のOneNoteを使いこなす

SurfaceとOneNoteの組み合わせはいろいろなデータを貼りあわせてノートにまとめたり、アイデアを練ったり、簡単な文書作成をするときには非常に強力なタッグです。 Sean Ongさんの例の動画(下に貼ってあります)でもその威力の片鱗が垣間見られますが、じつはSurfaceにプリインストールされているOneNoteではあれと同じことはできません。 この記事では、Surfaceにプリインストールされているストア版OneNoteと、より強力なOneNote 2013を比較し、その使い分けについて考えます。

スポンサーリンク