【未来】Koogeekスマートコンセントでホームオートメーションの世界を垣間見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 284
Koogeek Smart Concent - 1

iOS 10で追加された「ホーム」というアプリを使うと、HomeKit規格に対応した家電製品を制御して、ホームオートメーションというやつを実現できます。

日本ではまだHomeKit対応機器があまり多く発売されていないのですが、今回HomeKitに対応したKoogeekのスマートコンセントを使う機会がありましたので、セットアップから実際の使い勝手までをお届けします。

未来の予感を十分に感じられます。


スポンサーリンク

Koogeekスマートコンセントのセットアップ

Koogeekスマートコンセントのパッケージは非常にシンプルで、中身はこれだけです。
Koogeek Smart Concent - 1

本体裏側には壁のACコンセントに接続する3ピンのコネクターがあり。
Koogeek Smart Concent - 2

天面には本体をリセットするときに押すボタンがあります。
Koogeek Smart Concent - 3

コンセントに挿してみるとこうなります。
Koogeek Smart Concent - 4

ここに制御したい機器のACプラグを挿すと、Koogeekスマートコンセントがその機器に電力を供給する/しないを制御してくれるというわけです。

Koogeek Homeアプリのセットアップ

では、早速セットアップしてみます。

KoogeekスマートコンセントをACコンセントに挿し込むと、ロゴの「e」の部分が点滅し始めます。
Koogeek Smart Concent - 5

この状態でiOSのKoogeek Homeというアプリを起動します。

Koogeek Homeアプリ。インストールして起動します。
Koogeek Smart Concent - 6

ホームデータへのアクセスは「OK」します。
Koogeek Smart Concent - 7

チュートリアルは英語でわかりづらいので、どんどんスワイプして進めましょう。
Koogeek Smart Concent - 8

「Done」でチュートリアル終了です。
Koogeek Smart Concent - 9

アプリの初期画面が表示されました。
Koogeek Smart Concent - 10

ここで「Join Koogeek」を選んでアカウントを作成します。すでにアカウントがある場合は、「Login」でIDとパスワードを入力する画面になるので、それらを入力して進んでください。

「Join Koogeek」画面にメールアドレスとパスワード(2回)を入力して「Register」です。
Koogeek Smart Concent - 11

「Do you want to add home ?」という問い合わせが出るので、「Sure」します。
Koogeek Smart Concent - 12

次の画面ではとくに何も入力する必要はありません。「Done」で進みましょう。
Koogeek Smart Concent - 13

「Home」画面が表示されますが、まだスマートコンセントを追加していないので、中身は空っぽです。
右上の「+」をタップします。
Koogeek Smart Concent - 14

すると、先ほどコンセントに接続したKoogeekスマートコンセントが検出されるので、それを選択します。
Koogeek Smart Concent - 15

※ ここでスマートコンセントが検出されない場合は、設置場所のWi-Fiがちゃんと機能しているかを確認して、スマートコンセントの近くで再度試してみてください。
Wi-Fiルーターがマルチバンド対応の場合(=2.4GHzと5GHzの両方に対応している場合)、セットアップ時にはiPhoneを2.4GHz側に接続しておく必要があるようです。その点も確認してください。

HomeKitコードを認識する画面になるので、スマートコンセント本体かパッケージにあるコード(3桁-2桁-3桁の数字)をiOS機器のカメラの枠内に捉えます。
Koogeek Smart Concent - 16

すると、アプリが自動的にコードを読み取ってペアリングが行われます。
Koogeek Smart Concent - 17

以上で、Koogeekスマートコンセントがアプリに追加されました。「完了」で画面を閉じます。
Koogeek Smart Concent - 18

では早速、Koogeekスマートコンセントに制御したい電気機器を繋いでテストしてみましょう。

Koogeekスマートコンセントは電気の供給をオン/オフするだけなので、コンセントに電気が供給されたらオンになり、電気が供給されなくなったらオフになるような機器を繋がなければ意味がありません。

というわけで、今回は電気スタンドを接続してテストしました。

こちらが電気スタンドのコンセントをKoogeekスマートコンセントに接続した様子です。
Koogeek Smart Concent - 19

電気スタンド本体のスイッチはオンの状態にしておきます。

Koogeek Homeアプリの「Home」画面で「Koogeek Outlet」のアイコンをタップすると、アイコンの表示がOffからOnに切り替わり。
Koogeek Smart Concent - 20

電気スタンドの電源が入りました。
Koogeek Smart Concent - 21

もう一度アイコンをタップすると、スタンドもオフになります。
Koogeek Smart Concent - 22

リモートコントロールはうまくいっているようです。

iOSの「ホーム」アプリのセットアップ

続いて、iOSの「ホーム」アプリのセットアップを行います。
「ホーム」アプリはiOS 10にあらかじめインストールされています。

「ホーム」アプリをセットアップしておけば、毎日決まった時刻に機器をオン/オフしたり、自分が出かけたり帰宅したタイミングで機器をオン/オフしたりといったインテリジェントな制御(「オートメーション」)ができるようになるので、ぜひともやっておきたい作業です。

オートメーションを利用するためには、Apple TV(第4世代)または自宅に備え付けのiPadが必要です。

このため、以下の手順はiPadの画面で解説します。

iPadで「ホーム」アプリを起動すると、「ようこそホームへ」の画面が表示されるので「開始」します。
Koogeek Smart Concent - 23

位置情報の利用を「許可」します。
Koogeek Smart Concent - 24

「アクセサリを追加」します。
Koogeek Smart Concent - 25

「ホーム」に追加するアクセサリを選択します。
Koogeek Smart Concent - 26

すでに先ほどKoogeek Homeで追加したKoogeekスマートコンセントが表示されているので、これを選択します。

再度コードの入力を求められるので、コードをカメラの枠内に捉えるか、手動でコードを入力します。
Koogeek Smart Concent - 27

追加できました。「完了」で閉じます。
Koogeek Smart Concent - 28

続いて「オートメーション」の設定をします。

画面右下の「オートメーション」をタップします。
Koogeek Smart Concent - 29

画面の指示に従って、「設定」アプリで「このiPadをホームハブとして使う」を有効にします。
Koogeek Smart Concent - 30

「ホーム」アプリに戻って、「新規オートメーションを作成」。
Koogeek Smart Concent - 31

追加するオートメーションのタイプを選択します。
Koogeek Smart Concent - 32

「自分の現在地が変わったとき」は、GPSなどの位置情報に応じて機器を制御するもので、家を出たら自動的に照明を消すとか、帰宅したら自動的に空調を入れるといったことが可能です。
「ある時間が来たとき」は、時刻に応じて機器を制御するもので、決まった時刻に照明を点ける/消すとか、日の入りの時刻に合わせて照明を点けるようなことができます。

今回は照明を制御しますので、試しに毎日日の入りの時刻に照明を点ける設定をしてみます。

「ある時間が来たとき」を選び、「日の入」にチェックを入れて、動作させる曜日を選びます。(ここでは毎日にしています)
Koogeek Smart Concent - 33

制御する機器にチェックマークを入れます。
Koogeek Smart Concent - 34

機器が「オフ」になっています。このままでは日の入りとともに照明がオフになってしまうので、アイコンを長押しして設定を変えます。
Koogeek Smart Concent - 35

「オン」に切り替え。
Koogeek Smart Concent - 36

最後に「完了」を選んで終了です。
Koogeek Smart Concent - 37

これで、毎日の日の入りの時刻にKoogeekスマートコンセントに接続した照明が点灯するようになります。


ホームオートメーションの未来を実感できる素敵ガジェット

このように、Koogeekのスマートコンセントを使うことで、ご家庭のプリミティブな電気機器をスマートデバイス化することができます。

コンセントの電源供給を制御する方式なので、どうしても対応機器が限られてしまうのが難点ですが、うまく機器を選べばホームオートメーションの息吹を感じられる楽しいガジェットです。

今回Koogeekスマートコンセントと組み合わせた電気スタンド(フロアスタンド)は、本体を直接操作しないとオン・オフができないもので、壁のスイッチからは制御できません。わざわざ照明の場所まで移動してオン・オフするのは面倒なので、普段はずっとオフのままになっていたものでした。
洒落た家具屋さんで売られている外国製のカッコいい照明って、だいたいそんな感じで使われなくなっていくような気がします。実体験として。

それが、「オートメーション」の機能によって、iPhoneやiPadで操作するまでもなく、自動的にオン・オフされるようになったわけで、これまで持ち腐れていた宝が息を吹き返したようで、とてもハッピーです。

本格的なホームオートメーションを求めるなら、家中の照明をPhilipsのHueに置き換えるとか、HomeKit対応の赤外線リモコンを用意するとかすることになるのでしょうが、現状のHomeKit対応製品の品揃えではまだまだ中途半端な感じがします。

そんなわけで、現時点で手軽にスマートホームやホームオートメーションを少しだけ体感できるKoogeekスマートコンセントは、新しいもの好きの皆さんにおすすめできる素敵ガジェットだと思います。
HomeKit対応機器としては比較的お求めやすい価格設定ですので、興味のある方は一つ手に入れてみると良いでしょう。

リンク:Koogeek Apple HomeKit対応 スマートコンセント(Amazon)

(追記)
上記リンク先で使える25%オフのクーポンコードをいただきました。
お買い上げの際は忘れずにご利用ください。

クーポンコード:FKSRDE5I(2017年4月30日まで有効)