【学生さん必見】Amazon Prime Studentの特典の数々

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10
Amazon Kindle Oasis - 19

この秋から私も放送大学の全科履修生になりまして、晴れていろいろな学割の恩恵を受けられるようになりました。

その中で、おそらくいちばん多用するであろうサービスがAmazonの学割制度「Prime Student」です。

そのメリットをまとめます。


スポンサーリンク

Prime Studentの概要

Prime Studentは日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校の学生さん向けにAmazonが提供する学割サービスで、Amazonプライムのサービスをほぼ丸ごと受けられる上に、Amazonでの書籍購入時に10%のポイント還元を受けられるという学生ならではの特典まであります。

Prime Studentの特典は次のとおりです。

  • お急ぎ便使い放題
    まず、Amazonで買い物をしたときの送料が基本的に無料になります。(一部例外あり)
    また、お急ぎ便・お届け日時指定便も無料で利用できるようになります。注文したものの多くが翌日の午前中には手に入る(東京での例です)という恐るべきサービスです。
    Amazonプライムに加入している人のほとんどが、このサービス目当てで年会費を払っています。

  • 書籍購入時に+10%ポイント還元
    Amazonで本(コミック・雑誌を除く)を買ったときにAmazonのポイントが10%還元されます。
    Amazonのポイントは使い勝手が非常に良い(Amazonでは現金同様に使える)ので、書籍はいつでも10%オフという感覚になります。

  • Amazonプライム・ビデオ(有料会員のみ)
    Amazonが提供する動画見放題のサービスです。
    映画・ドラマ・アニメ・ドキュメンタリーなどが大量に登録されているほか、Amazonが制作した独自コンテンツも充実しています。
    アニメなどは放送とほぼ同時に配信されるものがありますし、映画も比較的新しいものまで揃っています。

  • Amazon Prime Music(有料会員のみ)
    100万曲以上の音楽が聴き放題になるサービスです。
    他社が提供している単体の有料サービス(Apple Music、Google Play Music、Spotifyなど)と比べるとさすがに見劣りしますが、BGM的に使う程度なら問題ありません。

  • タイムセールに30分早く参加
    Amazonでは毎日タイムセールが行われますが、それに一般会員よりも30分早く参加できるようになります。
    タイムセールはこまめにチェックしていると掘り出し物があって、そういうものは人気が集中するので、一般会員では手に入りません。

  • Amazonプライムデーに参加できる
    毎年7月に開催されるAmazonの大値引き祭り「Amazonプライムデー」に参加できます。
    プライムデーではAmazonが扱う様々なジャンルの商品が、普段では考えられないほどの値引率で販売されます。多くは数量限定なので、かなり気合を入れて臨まないとゲットできませんが、そのあたりは学生さんのほうが有利かもしれません。

  • Amazonプライム・フォト
    写真を容量無制限でAmazonのクラウドストレージに保存できます。
    クラウドにアップロードしておけば、スマホやPCが壊れても写真がなくならないので安心。

  • Amazon Prime Now
    注文した商品を2時間以内に受け取れる地域限定のサービスです。
    対象地域宛の販売なら、2時間便は無料、1時間便は890円で利用できます。

  • Kindle本が毎月1冊無料(有料会員のみ)
    Amazonの電子書籍端末「Kindle」や、スマホの「Kindle」アプリで読める電子書籍が、毎月1冊無料でダウンロードできます。
    対象書籍はKindleストアで売られているものの一部に限られますが、それでも和書2万冊、洋書60万冊の充実ぶりです。

  • Amazonパントリー
    食品や日用品を低価格で届けてくれるサービスです。
    別途送料が必要ですが、うまく使えばお得です。

  • Amazon Mastercardで+2%
    AmazonのクレジットカードをAmazonでの買い物に使うと、2%のAmazonポイントが還元されます。還元率はクレジットカードとしては最高レベルで、しかも使い勝手の良いAmazonポイントとして還元されるので、とっても有利です。

「有料会員のみ」とあるのは、Prime Studentには6か月間の無料お試し期間があり、その期間には「有料会員のみ」のサービスは受けられないということを表しています。
これらのサービスを利用したい場合、無料体験を途中で切り上げて有料会員になることも可能です。


Prime Studentを利用できる人

Prime Studentは学生向けのサービスで、以下の条件をすべて満たす場合のみ利用できます。

  • 日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校の学生であること
  • 学生用Eメールアドレス(「ac.jp」等で終わるEメールアドレス)を持っていること。学生用Eメールアドレスがない場合は、学生証の写しなど学生であることを確認できる書類をカスタマーサービスにお送りいただく必要があります)
  • Amazon.co.jp のアカウントを持っていること
  • 年会費をお支払いいただくためのクレジットカード、au WALLETプリペイドカードまたはVisaデビットカードを持っていること(親権者の同意があれば、親権者のクレジットカード、au WALLETプリペイドカードまたはVisaデビットカードでも可)
  • Prime Student 会員限定の特典やキャンペーンなどの、お得な情報をメールで受信することに同意いただけること
  • 未成年者の場合は、親権者の同意があること
  • Amazon Mastercardゴールド付帯のAmazonプライム特典を受けていないこと

学生さんの場合、年会費の支払い手段が問題になるかもしれませんが、au WALLETやVisaデビットのようなカードなら容易に発行できるはずです。


Prime Studentは当初6か月無料 / 有料会員も年額1,900円の低価格

Prime Studentにはお試し期間があり、当初6か月間は無料体験として年会費が掛かりません。(前記のとおり、無料体験期間中は利用できないサービスもあります)

無料期間が終了すると自動的に有料会員に移行しますが、年会費は通常のAmazonプライム(3,900円)の半額以下の1,900円です。

すでにAmazonプライム会員の方がPrime Studentに切り替えた場合、すでに支払い済みの年会費(3,900円)から未経過分が月割りで返金されます。なんという手厚さでしょう。

なお、Prime Studentは最大4年間(無料期間を含まず)利用でき、その後は通常のAmazonプライム会員に移行します。

私は長年Amazonプライムの年会費を払い続けていますが、3,900円が高いと思ったことはありません。
お急ぎ便が無料で使えるだけでも価格以上の値打ちがありますし、その上プライム・ビデオを利用でき、プライムデーにも参加できるなんて、本心からお得だと思います。

というわけで、学生となった今、私はPrime Studentの有料会員になろうと思います。

リンク:Amazon Prime Student(Amazon)