【フィードバック手順】Mac用OneNoteのバグが修正されてうれしい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10
OneNote

Mac用OneNoteで私にとって致命的なバグがあったのですが、修正されて心晴ればれです。

不具合をフィードバックしてさっさと修正してもらう手順など。


スポンサーリンク

Mac用OneNoteで修正された問題

問題のバグはOneNoteで書いたテキストを他のアプリにコピー&ペーストしたときに、すべての行末に不要な空白文字(スペース)が追加されるというものです。

私はブログの下書きをOneNoteでやっていましたが、この問題のせいでMarkdown形式で書いたものが正しく解釈されなくなり、いちいち空白文字を取り除く作業が発生するようになったため、しばらくOneNoteを使うのをやめていました。

これが修正されたということで、たいへんありがたいことです。


OneNoteの不具合報告の手順

上のような問題を見つけたときに、黙って指をくわえていたり、SNSやブログで愚痴るよりも、正式のルートでフィードバックして修正を促す方がお得です。

OneNoteの場合、フィードバックはアプリ上から行います。

ウィンドウの右上にある顔マークのメニューを開き、「改善要望を通知する…」を選んで。
OneNote feedback - 1

改善してほしい内容を記入して送信すればOKです。
OneNote feedback - 2

同じ問題がたくさん報告されればそれだけMicrosoft内部での優先度も上がりますので、もし何か問題や仕様面での改善要望があれば、積極的にフィードバックするのが使いやすい環境を手に入れる近道です。

というわけで、OneNoteのバグが直ってハッピーだという話でした。

リンク:OneNote(Microsoft)