【キャンペーン実施中】BIGLOBEモバイルのタイプA(au回線)はiPhone 7以降もOK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10
SIM cards

BIGLOBEモバイル(旧BIGLOBE SIM)が従来からあるドコモ回線に加えてau回線のサービスを始めました。

問題はiPhone 7以降の機種が使えるかどうかですが、ちゃんと使える様子です。


スポンサーリンク

BIGLOBEモバイルのタイプDとタイプA

BIGLOBEモバイルは従来、NTTドコモの回線を利用するMVNOサービスを提供していましたが、今回新たにauの回線を利用するサービスを追加しました。
ドコモ回線を利用するサービスは「タイプD」、au回線のサービスは「タイプA」と呼ばれます。

追加されたタイプAはデータSIMには対応せず、音声SIMとSMS機能付きデータSIMのプランだけをサポートしています。

BIGLOBEモバイル タイプA - 0

月額料金は、サポートしているプランについてはタイプDと同じで、金額も従来から変更ありません。

すでにタイプD(というか、従来のBIGLOBEモバイルのサービス)を利用中のユーザーがタイプAに変更するためにはSIMの交換が必要で、その際手数料が発生します。

リンク:BIGLOBEモバイル


BIGLOBEモバイルのタイプAではiPhone 7以降の機種も使える

au回線の格安SIMといえばUQ mobileが超高速で快適だと評判ですが、iPhone 7以降の機種は動作確認端末としてリストされていません。

私がUQ mobileのSIMを試した範囲では、Try UQ mobileのレンタルサービスで借りたSIMはiPhone 7では正常に動作せず、正式に契約して送られてきたSIMでは正常に動作するという状態で、iPhone 7以降の機種用に自信を持っておすすめできる状態ではありません。

そんなわけで、公式に動作確認端末にリストされるかどうかはとても重要です。

その点、BIGLOBEモバイルのタイプAでは、SIMフリー版(Appleストア販売版)のiPhone 7以降のモデルで動作確認がされており、テザリングと3G回線の利用以外は動作するとされています。(3G回線が利用できなくてもLTE回線が利用できるので実質問題ありません)

BIGLOBEモバイル タイプA - 1

BIGLOBEモバイルのタイプAの回線品質がどの程度かはまだわかりませんが、既存のドコモ回線のもの(現タイプD)と同程度の品質が保たれているのなら、日常の使用では特に不便はなかろうというのが、1年以上BIGLOBEモバイルのSIMを使ってきた私の印象です。


BIGLOBEモバイルでキャッシュバックキャンペーン実施中

現在BIGLOBEモバイルでは、新たに音声通話SIM(3GB以上のプラン)を契約した方に1万2,000円、データSIM(3GB以上のプラン)なら3,600円のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

BIGLOBEモバイル タイプA - 2

また、音声通話SIMなら「Gポイント」というBIGLOBEの料金支払いにも利用できるポイントを3,000円分もらえます。

BIGLOBEモバイル タイプA - 3

合わせて最大1万5,000円ももらえるわけで、これは他社から転入する際の手数料を支払って、さらに3〜4か月はBIGLOBEモバイルをタダで使えるほどの金額です。
以前のキャリアを解約月以外に解約して違約金が発生する場合でも、キャッシュバックとポイントでかなりの範囲をカバーできます。

ついでに、BIGLOBEモバイルは契約した初月の月額基本料金は無料なので、うまくタイミングをはかって月初に開通させれば更にもう1か月分お得です。

申し込みから開通までの手順や日数はこちらの記事が参考になると思います。

2014年3月にNTT docomoにMNPしてから2年と少し。この4月と5月が私の2年契約の解約月です。 docomoで最新の端末を安く手に入れられるならそのまま使い続けてもいいかと思っていましたが、総務省のやらかしのせいでその望みは断たれました。その結果、この数日間記事を連投しているiPhone SEのSIMフリー版をアップルストアで購入し、いまとても幸せです。 さて、このままdocomoに居残った場合、「月々サポート」と「ドコモに乗り換え割」が順次終了するため、毎月の支払いが4,000円くらい増えます。なんとかしなくては。

というわけでBIGLOBEモバイルから引き続き目が離せないという話でした。

リンク:BIGLOBEモバイル