驚くほど薄くて軽いラップトップ「Samsung Galaxy Book Pro」

Samsung Galaxy Book Pro 15 - 1Microsoft/Windows

Samsungから新しいラップトップが発表されました。

その名もGalaxy Book Pro。

めちゃくちゃ薄くて、めちゃくちゃ軽いです。


スポンサーリンク

Galaxy Book Pro の概要

こちらがGalaxy Book Proの公式「開封」動画です。

13.3インチと15.6インチの2サイズがあり、それぞれの主な仕様は次のとおりです。

項目13.3インチモデル15.6インチモデル
OSWindows 10 Home/ProWindows 10 Home/Pro
CPU第11世代 Intel Core i5-1135G7
第11世代 Intel Core i7-1165G7
(仕様表にはCore i3もあり)
第11世代 Intel Core i5-1135G7
第11世代 Intel Core i7-1165G7
(仕様表にはCore i3もあり)
グラフィックスIntel Iris Xe Graphics
(Core i3はIntel UHD Graphics)
Intel Iris Xe Graphics
NVIDIA GeForce MX450
(Core i3はIntel UHD Graphics)
RAM8GB/16GB/32GB(LPDDR4)8GB/16GB/32GB(LPDDR4)
ストレージ256GB/512GB/1TB SSD512GB/1TB SSD
ディスプレイ13.3インチ、1920 x 1080ピクセル15.6インチ、1920 x 1080ピクセル
カメライン:720pイン:720p
インターフェースUSB-A、USB-C、Thunderbolt 4
HDMI、MicroSD、3.5mmステレオ
USB-A、USB-C、Thunderbolt 4
HDMI、MicroSD、3.5mmステレオ
ワイヤレスWi-Fi 6、Bluetooth 5.1
Wi-Fi 6E Ready
Wi-Fi 6、Bluetooth 5.1
Wi-Fi 6E Ready
バッテリー最大21時間最大20時間
サイズ・重さ304.4 x 199.8 x 11.2mm、0.87kg355.4 x 225.8 x 11.7mm、1.05kg(Intel Graphics)
355.4 x 225.8 x 13.3mm、1.15kg(NVIDIA Graphics)
その他指紋センサー指紋センサー
テンキーあり

プロセッサーはIntelの最新世代のモバイルプロセッサー。
仕様表にはCore i3が記載されていますが、現時点でUSで予約注文できるのはCore i5とCore i7のみです。

グラフィックスは13.3インチモデルがCPU内蔵グラフィックス。
15.6インチモデルならNVIDIAのディスクリートGPUも選べます。ただし、これも現時点でUSではオーダーできない模様です。

RAMとストレージの容量のバリエーションは普通。
上の動画では、15.6インチモデルについて「Extendable NVMe SSD Slot」(拡張可能なNVMe SSDスロット)という紹介があるので、容量の拡張もできそうです。

ディスプレイはFull HD解像度です。

カメラは720pと最小限の仕様ですが、ビデオチャットやビデオ会議などでは十分な仕様でもあります。

インターフェースはUSB Type-Aを残し、さらに、HDMIまで用意されています。
会議室のプロジェクターに接続するのも楽ちんです。

ワイヤレスはWi-Fi 6はもちろん、次世代のWi-Fi 6Eへの対応にも備えられています。

バッテリーライフはどちらのサイズも20時間以上を確保。
仮に、実際には半分しかもたないとしても、1日まるごとバッテリーだけで運用できそうです。

そして、最大の驚きは薄さと軽さです。
厚みは12mm未満で、重さも13.3インチモデルはなんと800グラム台。
15.6インチモデルでも1kgをほんの少し上回る程度です。

まず、12mm未満というのは、ちょっとした男性用の機械式腕時計よりも薄いです。(下のリンクの時計で13.3mm)

腕時計より薄いものがパカっと開いて、手前にフルサイズのキーボード、奥にはAMOLEDディスプレイと考えると、その異常さがわかります。

そして、重さもついに900グラムを切りました。

iPad Proの12.9インチモデルにSmart Keyboard Folio(Apple純正の軽いほうのキーボードカバー)を合わせると、だいたい1,090グラムで、Galaxy Book Proは15.6インチでもこれより軽いです。

LG Gramや富士通LIFEBOOKもすごいんですが、質感もバッテリーライフも犠牲にせずにここまでの薄さと軽さを実現したのはもう驚くしかありません。


Full HDディスプレイでもよければ買い

プロセッサーの性能とバッテリーライフを保ったまま、薄く、軽く仕上がったGalaxy Book Proですが、ディスプレイはFull HD解像度でやや物足りなく感じます。

2021年の感覚では、15.6インチの画面がFull HD解像度で表示されたら、ちょっとがっかりするかもしれません。

しかし、他社製品でも極限の薄さや軽さを追求したラップトップはどれもFull HD解像度なので、こうした製品ではディスプレイ解像度が妥協のしどころということなのでしょう。

Full HD解像度でも作業に支障があるわけではないので、薄さと軽さを最優先するなら、この製品を選んでも何の問題もありません。

アメリカでの価格はおよそ次のとおりで、めちゃくちゃに高いわけでもないようです。

構成価格
13.3in / Core i5 / 8GB / 256GB999.99ドル
13.3in / Core i7 / 8GB / 512GB1,199.99ドル
15.6in / Core i5 / 8GB / 512GB1,099.99ドル
15.6in / Core i7 / 16GB / 512GB1,299.99ドル

数年間、毎日持ち歩いて仕事や勉強のお供にするなら、納得の価格ではないでしょうか。

日本での発売が楽しみです。

リンク:The Samsung Galaxy Book Pro Series: Mobile Computing for the Connected World(Samsung Newsroom)


タイトルとURLをコピーしました