コルタナを使った時の音声データをMicrosoftのサーバーから消去する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 23
Windows 10

Windows 10のパーソナル・アシスタント機能「コルタナ」は、声で呼びかけるだけで簡単な情報なら教えてくれたり、アラームやタイマーをセットすることができます。

しかし、このように呼びかけたときの音声情報はMicrosoftに送信され、保存されています。

こうした情報を消去する方法について。


Microsoftが保管している自分の声の情報を消去する

過去に「コルタナさん」の機能を使ったことがあるなら、そのときの音声の情報はMicrosoftに保存されているはずです。

確認してみましょう。

まず、設定画面の「アカウント」を開き

remove voice data - 1

「Microsoft アカウントの管理」をクリックします。

remove voice data - 2

ブラウザーが開き、Microsoftアカウントの管理画面が表示されます。(パスワードを求められます)

remove voice data - 3

「プライバシー」をクリックします。

remove voice data - 4

「プライバシー ダッシュボード」が表示されるので…

remove voice data - 5

下にスクロールして「音声のアクティビティ」にある「音声のアクティビティを表示および消去する」をクリックします。

remove voice data - 6

こちらが音声のアクティビティの履歴です。再生ボタンを押すと自分の声が再生されます。怖い…。

remove voice data - 7

「アクティビティの消去」をクリックしてデータを消去します。

remove voice data - 8

「消去」をクリックすれば完了です。

remove voice data - 9

Microsoftでは、こうしたデータを蓄積することで音声認識の精度を高めることができるとしていますが、特別な学習をしない状態でも十分に高い精度で認識できていると感じますし、何より現状のコルタナは音声を認識した後の動作が物足りない(やたらとウェブ検索に逃げるとか)ので、上記のようなデータはひとまず消しておいても支障はないと思います。

以上、Microsoftに保存されている自分の音声データを消去する方法でした。