iPhone Xと物理キーボードを組み合わせたときにFace IDが便利な話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 15
Apple iPhone X

iPhone Xで物理キーボードを使うとFace IDのおかげで快適に作業できるという話です。


スポンサーリンク

iPhoneと物理キーボードの組み合わせはテキスト書きに便利

iPhone 8 PlusとApple Magic Keyboardの組み合わせが出先でのテキスト書きに便利だという話を先日書きました。

iPhone 8 Plusを手に入れて持ち歩くようになりましたが、A11 Bionicという新しいプロセッサーが採用されたおかげで、GeekbenchではiPad Pro (2017年モデル)よりも高いスコアを叩き出していて、また、画面サイズもまずまず大きいことから、作業用に使えないかと考えています。 とりあえずApple Magic Keyboardとの組み合わせでブログ書きに投入してみます。

同じことをiPhone Xでやるとさらに快適だとわかりました。


ロック状態でキーを押すとFace IDが作動する

なにが快適かというと、iPhone Xがロック状態で画面が暗くなっているときにApple Magic Keyboardの何かのキーを押すと、Face IDが作動してロックが解除されることです。

作業中に考え事をしたりしてキー入力が止まり、その間に画面がロックされるのは珍しいことではありません。

そんなときもiPhone Xなら、何かキーを押すとロック状態のまま画面が点灯し、その状態で画面を見るとFace IDによってロックが解除されます。

これだけではまだ作業画面には戻れません(日付と時刻の画面が表示されている)が、もう一度何かのキーを叩くと直前の作業画面に戻れます。

従来のTouch IDのモデルだと、キーボードでiPhoneを起こしてからホームボタンを押して指紋認証させるか、キーボードからパスコードを入力する必要がありましたが、iPhone Xなら適当なキーを2回叩くだけで済みます。

iPhoneはバッテリーライフを伸ばすためにわりとあっさりロックされてしまうので、そんなときにいちいち認証を意識しなくて済むのは本当に便利です。

というわけで、出先での作業をiPhoneと物理キーボードである程度やってしまいたいと考えている方は、iPhone Xを選ぶと少しだけ快適さが増しますという話でした。

リンク:iPhone X(Apple)
リンク:iPhone X(ドコモ)
リンク:iPhone X(au)
リンク:iPhone X(ソフトバンク)