KyashがApple Payに対応したので、ついでに一軍のクレジットカードを見直す

※ 当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しており、記事等には [広告・PR] が含まれる場合があります。
※ 当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しており、記事等には [広告・PR] が含まれる場合があります。
Kyash Card - 1 マネー/クレジットカード/生活

ウォレットアプリ「Kyash」のリアルカードとバーチャルカードがApple Payに対応しました。

これでApple PayにはKyashを登録するのが最適解になるとして、ついでにクレジットカードのラインナップも見直そうという話。


スポンサーリンク

KyashがApple Payに対応

Kyashについてはつい先日も紹介したばかりです。アプリ上のバーチャルカードやVisaプリペイドタイプのリアルカードを利用することで、支払いごとに0.5~1%のポイント還元を受けられるというサービスです。

Kyashカードを更新する場合/しない場合の損得を毎月の利用金額ごとに考える
Kyashのサービスをご存知でしょうか? カード番号を使ったオンライン決済とプラスチックカードを使ったリアル店舗での決済の両方を利用でき、利用ごとにポイント還元を受けられる便利でお得なサービスです。 そのKyashのサービス変更に伴い、Ky...

支払いの都度Kyashに登録したクレジットカードに請求がされるので、事前にチャージする手間がなく、チャージした金額を余らせる心配もありません。超便利です。

さらに、Kyashで支払った分も紐付けたクレジットカードのポイントがもらえるので、二重にお得という効果もあります。

そのKyashがついにApple Payに対応しました。

Kyash and Apple Pay - 0

Apple Payは言わずと知れたAppleの決済手段で、iPhoneやApple Watchを店頭の端末にかざすことで様々な支払いが行えます。

QUICPayやiDに対応した端末のある店ならもれなく使えるので、コンビニやドラッグストアをはじめ、とても幅広い場面で利用できます。(Kyashを登録した場合はQUICPayの端末があるお店で使えます)

クレジットカードを利用できるお店でも、近頃は自力でカードをスライドさせなければならないところが増えて面倒だったり、新型コロナウィルス騒ぎでなるべくカードの受け渡しをしたくなかったりするわけで、そんなときには手で直接触れずに決済できるApple Payは便利です。


ついでにKyashに登録するクレジットカードを見直したい

さて、Kyashの支払手段として登録できるクレジットカードはVisaまたはMasterブランドのカードです。

私は一昨年の暮にJALのマイレージとステータス獲得を目的としてJALカード(Master)を作り、それをメインのカードとして使ってきました。もちろんApple PayにもKyashにもJALカードを登録しています。

そして、昨年たくさん買い物をし飛行機にも乗ったおかげで、およそ10万マイルとサファイアステータスを手に入れました。

Kyash and Apple Pay and JAL Card - 1

手持ちの他のポイントをマイレージに交換すればあと2~3万マイルは確保でき、合計12~13万マイルになるのでビジネスクラスでヨーロッパ往復も可能というところまで来ています。

また、半永久的にJALとワンワールドの上級会員相当のサービスを受けられるJGCカードを手に入れたので、今後はあまり積極的にJALカードで支払いをする必要がなくなりました。

そこで、このあたりでいったんJAL活動をストップして、より還元率の高いクレジットカードをメインカードにしようと目論んでいます。

手持ちのカードの中では、すでに新規発行を終えたリクルートカードプラスがポイント還元率2%の最強カードなのですが、前述のとおりKyashにはVisaかMasterしか登録できないため、Kyash用としては別のカードを選ばねばなりません。

次点は今も発行できるリクルートカードの還元率1.2%です。

リンク:リクルートカード

リクルートカードの還元率1.2%プラスKyashの還元率1%で、VisaプリペイドカードまたはApple Payを使える場所では2.2%の還元を受けられることになります。

というわけで、お店での支払いはリクルートカードに紐付けたKyashリアルカード、公共料金の支払いも基本的にはKyashのリアルカード、Kyashが使えない場面ではリクルートカードプラスを利用するのが、現時点で私の選べる最良の支払い方法ということになりそうです。

Kyashカード早く来ないかな。

リンク:Kyash


タイトルとURLをコピーしました