【MVNO】LINEモバイルがMUSIC+拡充と通話定額に対応予定で評価が急上昇

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 15
iPhone 7 - 3

BIGLOBE SIMを使い始めてそろそろ1年になります。

最低利用期間が間もなく終了するのを受けて、より良いMVNOがあれば移転も含めて検討したいと思っていますが、ここへ来て、私の中でLINEモバイルへの期待が急上昇しています。

LINEモバイルのMUSIC+の対象サービス追加と通話定額対応について。


スポンサーリンク

LINEモバイルが今夏にサービス拡充

LINEモバイルの嘉戸社長は3月14日の記者会見で、音楽配信サービスのデータ通信を通信量のカウント対象としない「MUSIC+プラン」をLINE MUSIC以外の配信サービスにも拡大することと、定額の音声通話サービスを導入することを発表しました。これらのサービス拡充は2017年の夏に行われるとのことです。

どっちもすごい朗報です。

MUSIC+の対象サービスの拡充について

新たにMUSIC+の対象となるサービスについて、記者会見では明らかにされませんでした。

嘉戸社長はITmediaのインタビューで新たに対象となるサービスについて「上から順番に」と答えられています。

ITmedia Mobile 「本格展開を開始した「LINEモバイル」 嘉戸社長が語る“ユーザー目線”の戦略」
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1703/27/news044.html

日本における音楽配信サービスのシェアがはっきりわかるデータを見つけられないのですが、下記のMMD総研の調査によれば、LINE MUSICを除くと、全年代ではApple Musicが、20代以上ではAmazonのPrime Musicが「メインで利用している定額制音楽配信サービス」のトップになっています。
※Spotifyは調査時点で日本でのサービスを始めていないので対象外です。おそらく記事執筆時点でも上記2つのサービスを上回ってはいないんじゃないかと思います。

MMD総研 「定額制音楽配信サービスの現状と今後」
https://mmdlabo.jp/blog/detail_1567.html

このデータを信用するなら、新たにMUSIC+の対象になるのは、Apple MusicかPrime Musicになると思われます。

両者を比べると、曲数も使い勝手もApple Musicの方が圧倒的に勝っているので、私としては「Prime Musicを対象にします」と言われても困惑してしまいます。ぜひApple MusicをMUSIC+の対象にしていただきたい。そう切に願います。

通話定額の方式について

MVNOで行われている通話定額サービスの方式には大きく2つあります。

一つは専用のアプリからの通話だけが対象になるもので、BIGLOBE SIMや楽天モバイルを始めとする多くのMVNOで採用されています。
この方式はOS標準の通話アプリから利用できない(または利用しづらい)ので、たとえばiPhoneのSiriから電話を掛けたり、メール等に書かれた電話番号をタップして電話を掛けたりという場合に使えないというデメリットがあります。

もう一つは普通に電話を掛ければ自動的に定額通話の対象になるもので、DTI SIMなどで採用されていますが、MVNOの中では比較的少数派のサービスです。
こちらは専用アプリ方式で挙げたデメリットがなく、使い勝手に優れています。

さて、LINEモバイルの通話定額がどちらの方式になるかについては発表されていません。
LINEには、すでにLINEユーザー間の音声通話を無料でできるサービスや、「LINE Out」というLINEユーザー以外(固定電話を含む)へのプリペイド通話サービスがあります。
これらはどちらも既存のLINEアプリを使うサービスで、ここに更に通話定額の通話機能を追加するのは、アプリの使いやすさ・わかりやすさを考えれば、ちょっと厳しいと思われます。

とすれば、LINEモバイル専用の通話アプリを新たにリリースするか、あるいは、普通に電話を掛ければ定額通話の対象になるかのどちらかということになります。

前出のITmediaのインタビューで嘉戸社長は、追加する通話定額サービスに関連して「「LINE Out」のような他のサービスもありますが、使い勝手を考えたとき、どっちがいいのかですね」と発言されています。これを額面通りに取ると、より使い勝手に優れた「普通に電話を掛ければ定額通話の対象になる」方式に期待してしまいます。ぜひそのようにしていただきたい。


まとめ 〜 初夏の正式発表に期待

というわけで、LINEモバイルへの期待が高まっているという話でした。

LINEモバイルは通信速度の定点観測でもかなりレベルの高い値を安定して出している印象があります。

そこに加えて、主要SNSの通信量がカウント対象外になる「コミュニケーションフリープラン」や、さらに音楽配信サービスまでカウント対象外になる「MUSIC+」プランが基本の料金プランとして用意されており、契約データ容量を少なめにして費用を抑えつつ、よく使うサービスは我慢せずに使うことが可能です。

今回紹介したMUSIC+の拡充や通話定額が私の目論見通りに行われれば、乗り換え先として非常に有力なMVNOということになるでしょう。

初夏に行われるという正式発表に期待したいと思います。

リンク:LINEモバイル

LINEモバイル