Amazon Prime Day 2017で買ったGoPro HERO 5 Sessionが到着 〜 Sessionにしてよかったという話

Amazon Prime Day 2017が終わりました。 わりと長い時間張り付いていましたが、自分が欲しいものはほとんど初日の夜中までに集中していたようです。 さて、ゲットしたものの第1段としてGoPro HERO 5 Sessionが到着したので、第一印象をまとめます。 Sessionを選んだのは正解だったかもしれない。

BIGLOBE SIMが最大2万円のキャッシュバック・キャンペーンを実施中!

BIGLOBE SIMの夏のキャンペーンが始まっておりまして、新たに音声通話SIMを契約した場合は最大2万円、データSIMでも5,000円のキャッシュバックが受けられます。 これは実質約2.5〜5か月間の利用料がタダになるのに等しいキャンペーンで、ちょっとやりすぎな感じもしますが、これからMVNOに加入しようという方には超朗報です。

待ちに待ったソニー「wena wrist」のバンド単品がまもなく発売

ソニーから発売されている「wena wrist」というスマートウォッチがありまして、スマートな機能をバンド部分に集約することでバッテリーが長持ちするようなものなのですが、これまではスマート機能とは関係のない時計部分とセットでなければ買えませんでした。 それがついにバンドだけでも買えるようになるそうです。これは朗報。

Apple Magic Mouse(初代)の通信が安定しない問題の解決方法

MacBook Proを買って、クラムシェルモード(蓋を閉じて外部モニターで使うモード)で使っています。 キーボードやマウスも外付けのものを使うのですが、ずっと前から持っているAppleのBluetoothマウス「Magic Mouse」(初代の方)で通信が頻繁に途切れて困っていました。 どうやって解決したかという話。

【レビュー】iPad Pro 10.5インチモデル(2017年版)の実機レビュー

iPad Pro 10.5インチモデル(2017年発売)を使い始めました。 薄くて軽くてスーパーな処理能力。異常に持ちのいいバッテリーと外出先での充電の容易さ。 機能を絞った、でもとても出来のいい道具を常に持ち歩くこの感じは、もしかすると文具マニアの方の心情にも通じるエンスーな歓びを呼び覚ますのではないかと思ったりします。 「1台」というより「1枚」というのがふさわしいです。

Windows 10のメールアプリでカーソルが勝手に移動して困っているなら、IMEをGoogle日本語入力に変えるのがおすすめ

Windows 10をインストールしたデスクトップPCを、つい最近まで自宅でのメイン環境として使っていました。 なるべく標準でインストールされているアプリを使おうという方針で、Windows 10標準のメーラーを使っているのですが、一つだけ我慢ならない問題がありました。 ある入力でカーソルの位置が不自然に変わってしまうことです。これを解決する方法。

【レビュー】新しいSurface Pro(2017年モデル)の長文・写真多め実機レビュー

つい先日発売されたばかりのSurface Proを使う機会があり、ここ数日ずっとこいつで作業していますが、思っていたよりもずっと出来が良いです。正直、甘くみてました。すみません。 そんなわけで、Surface Proのレビューをお届けします。書きたいことがたくさんありますので、そのつもりでお読みください。 なお、今回はペン入力に関するレビューはありませんし、タイプカバーは既存の黒いタイプを使っています。ご了承ください。(新しいペンもタイプカバーも未発売なので)

【レビュー】ポータブル防水Bluetoothスピーカー「Omaker Nature(M4 Plus)」のレビュー

OmakerのBluetoothスピーカー「Omaker Nature(M4 Plus)」を使わせていただく機会がありましたので、そのレビューをお届けします。 前モデルのOmaker M4の防水性能を維持したまま、見た目がブラッシュアップされ、スピーカーとしても使いやすいチューニングが行われたようです。

旧iPad Pro 12.9インチモデルから新10.5インチモデルへの変更で得るものと失うもの

iPad Pro 12.9インチモデル(2015年物)を使っています。 まずまず気に入って使っておりますが、外へ持ち出すときの重さと大きさが少し気になる今日このごろ、発売されたばかりの10.5インチモデルはいかがなものかと物色を始めました。 iPad Pro 12.9インチ(旧モデル)からiPad Pro 10.5インチ(新モデル)への変更で得るものと失うもの。

手持ちのディスプレイがRetina相当なのかを計算して買い替えを思いとどまれるか?

MacBook Proを買いまして、本体のディスプレイは正真正銘のRetinaディスプレイですが、普段はクラムシェルモードで使っているので関係ありません。 MacBook Proに接続しているディスプレイはDELLのP2415Q。解像度は4K(3840 x 2160)ですが、サイズが23.8インチもあるので、ピクセル密度はMacBook Pro本体のものに劣ります。 果たしてP2415QはRetina相当と言えるのか?

MacBookとMacBook Proのための USB-C / Thunderbolt 3 対応ディスプレイの比較

最近のMacBook ProにはThunderbolt 3ポートが装備されていて、あらゆる周辺機器はこのポートを介して接続しなければなりません。ディスプレイも例外ではありません。 Thunderbolt 3やUSB Type-Cに対応したディスプレイの中には、接続したコンピューターに電力を供給できる(Power Delivery機能)ものがあり、そうしたディスプレイを使うとコンピューターはディスプレイケーブル1本だけで使えて大変お手軽、かつ、机の上をきれいに保てます。 というわけで、Thunderbolt 3 / USB Type-CのPower Delivery対応ディスプレイをまとめま...

iMacかMacBook Proかで迷ったときに考えること

まだiMacかMacBook Proかで悩んでいます。 いろいろ考えた末の選択肢は「iMac 27インチ/Core i7-7700K(たぶん)/16GB RAM/512GB SSD」(約32万円)と「MacBook Pro 15インチ (Late 2016)/Core i7-6820HQ/16GB RAM/512GB SSD」(約25万円)。 前者は現在使っているWindowsデスクトップを上回る性能を追求しつつ、5Kディスプレイを既存のディスプレイアームに載っけて使うという夢の構成。 後者は旧モデルとは言え発売後半年しか経っておらず、現在のWindows環境と比べてもそれほど性能が劣ら...

ASUS ZenBook 3 Deluxeは1台でなんでもこなしたい人向けの薄型・軽量ラップトップだった

COMPUTEX 2017の会場に展示されたASUS ZenBook 3 Deluxeを見てきました。 ZenBook 3 Deluxeはディスプレイのベゼルの幅を小さくすることで、13インチサイズの筐体に14インチのディスプレイを搭載し、さらに、薄さわずか12.9mm、重さ1.1kgを実現したラップトップPCです。 外部GPUにも対応するので、これ1台で外での仕事からVRゲームまでなんでもこなせます。

スポンサーリンク