ゲーミングラップトップ Razer Blade 15(Core i7 / RTX 2070)が安くて危うく買いそうになった話

Microsoft/Windows

Windows Centralを覗いていてふと目に入った記事に、Razerのゲーミングラップトップ Razer Blade の15インチモデルが今なら300ドル引きというものがありまして、私もあと1クリックで購入というところまで行って引き返してきました。

たぶん25万円くらいで手に入るかなり強力なゲーミングラップトップの話。


スポンサーリンク

Razer Blade 15 が安いようだ

そのRazer Blade 15はこちら。

リンク:Razer Blade 15 – Advanced Model(Razer)

CPUに第9世代 Intel Core i7-9750Hを、GPUにはNVIDIA GeForce RTX 2070 Max-Q(8GB)をそれぞれ採用したモデルです。ただし、ディスプレイは15.6インチFull HD解像度(リフレッシュレートは144Hz)。

RAMは16GB、ストレージは512GBとやや控えめですが、これらはDIYで交換すればいいでしょう。

例によってYouTubeを逍遥してみると、Dave Leeさんのこんな動画を発見しました。

Dave Leeさんは昨年、MacBook ProのCore i9モデルがサーマルスロットリングでぜんぜんパフォーマンスを出せてないことを紹介する動画をいち早く発表して、その後のソフトウェアアップデートの契機となった方ですね。

上の動画はそのDaveさんが2019年に最もよく使った機材を紹介するというものです。

この動画の中で紹介されているのがまさにRazer Blade 15インチのマーキュリーホワイトモデルです。

ブラックモデルと違って指紋がつきにくく、何かがこすれても跡が残りにくいのがお気に入りだとか。

そして、ゲームにしても動画編集にしてもパフォーマンスは十分でとてもいいラップトップだと紹介されています。

90%はラップトップとして、残りは外部ディスプレイに接続してデスクトップ的に利用しているそうで、じっさいにディスプレイに接続して動画編集をする様子も映っていますが、とても軽快に動作しています。
Daveさんの最近の動画はどれも4K解像度でアップロードされていますが、上の動画の中で編集しているものが4Kなのかもっと解像度が低いものなのかはわかりません。(ゲーム動画のようなのでFull HDなのかもしれません)

MacBook Pro 16インチモデルと比べてもRazer Bladeの方が気に入っているという惚れ込みようで、Razer Blade 15インチモデルはとても様子が良さそうです。


Core i7-9750H / RTX 2070 Max-Q の Razer Blade 15 が約2,100ドル

それで、上のリンク先のRazer Bladeは期間・数量限定で300ドル引きとなっていて、お値段は2,099.99ドルです。

ちなみに、GPUをRTX 2080 Max-Qにすることもできて、そうするとディスプレイの選択肢が変わったり、色がブラックしか選べなくなったりした上に、お値段も3,000ドル近くになります。GPUはRTX 2070に留めておくのがお得。

2,099ドルといえば、1ドル110円として約23万円。

RazerのUSストアは日本には発送してくれないので、別途転送サービスを利用してプラス50ドル(5,500円)くらい。(州税が掛からない業者を選びましょう)

さらに輸入消費税が1万4,000円くらいだとして、総額25万円といったところです。

日本のRazerストアでは全く同じ構成は選べなくて、CPUは第8世代、色は黒、ストレージ容量は半分になった上に、お値段も約30万円になります。もしくは、CPUは第9世代、ディスプレイの仕様が上がって(144Hz → 240Hz)、お値段約34万円。
5%のキャッシュレス還元がありますが、それでもまだ高いです。

キーボードが英語配列なことを受け入れられるなら、個人輸入した方が断然お得ですね。


PCでゲームをするならRazer Bladeもありかも

そんなわけで、Razer Blade 15インチモデルが安いという話でした。

Razer Bladeはゲーミングラップトップなので、ディスプレイの解像度は基本的にはFull HDです。代わりにリフレッシュレートが144Hzだったり240Hzだったりします。

Full HD解像度はゲームを楽しむには不都合ありませんが、文字表示を伴う作業で15.6インチの画面に1920 x 1080ピクセルというのは、日ごろ超高ピクセル密度のスマホの表示に慣らされた我々には物足りなく感じられるかもしれません。

なので、ラップトップのディスプレイでゲームを楽しみたい、普段の作業はFull HDでも我慢するか外部ディスプレイに接続して行うつもり、という条件付きで、今回のRazer Blade 15インチモデルはお買い得ということになるかと思います。

結局私はFull HDがネックになって購入を思いとどまりましたが、気になる方はチェックしてみると幸せになれるかもしれません。

リンク:Razer Blade 15 – Advanced Model(Razer)

↓別モデル


タイトルとURLをコピーしました