Surface Book 2の15インチは16GB / 256GBモデルに注目

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 22
Surface Book 2 15inch

Surface Book 2の15インチがようやく日本国内でも発表されました。

ざっと仕様と価格を眺めたところ、Core i7 / 16GB / 256GBがかなりお買い得なのではと感じています。


Surface Book 2に15インチモデルが登場

Surface Book 2の15インチモデルは、アメリカでは13インチモデルと同時に昨年発売され、その他の一部の国々では今年に入って発売されていましたが、日本ではいつもどおり音沙汰なしの状態でした。

そんな15インチモデルが満を持して登場するわけです。

主な仕様は次のとおりです。13インチモデルと併記します。

項目 Surface Book 2
15インチ
Surface Book 2
13インチ
OS Windows 10 Pro(Fall Creators Update) Windows 10 Pro(Fall Creators Update)
CPU 第8世代 Intel Core i7-8650U(4コア) 第7世代 Intel Core i5-7300U(2コア)
第8世代 Intel Core i7-8650U(4コア)
GPU GeForce GTX 1060(6GB) Intel HD Graphics 620 / GeForce GTX 1050(2GB)
RAM 16GB(LPDDR3) 8GB / 16GB(いずれもLPDDR3)
ストレージ 256GB / 512GB / 1TB SSD(いずれもPCIe NVMe) 256GB / 512GB / 1TB SSD(いずれもPCIe NVMe)
ディスプレイ 15インチ 3240 x 2160ピクセル(260ppi) 13.5インチ 3000 x 2000ピクセル(267ppi)
カメラ イン:500万画素(1080p HDビデオ対応)
アウト:800万画素(1080p HDビデオ対応)
イン:500万画素(1080p HDビデオ対応)
アウト:800万画素(1080p HDビデオ対応)
インターフェース USB 3.1 Type-A x 2、USB 3.1 Type-C
SDカードスロット、Surface Connect
3.5mmヘッドセット
USB 3.1 Type-A x 2、USB 3.1 Type-C
SDカードスロット、Surface Connect
3.5mmヘッドセット
サイズ・重さ 343 x 251 x 15~23mm、1905g Core i5:312 x 232 x 13~23mm、1534g
Core i7:312 x 232 x 15~23mm、1642g
その他 Windows Hello顔認証によるサインイン対応 Windows Hello顔認証によるサインイン対応

13インチモデルはCPUを第7世代 Core i5と第8世代 Core i7の2種類から選べましたが、15インチモデルではCore i7一択になりました。

dGPUは標準装備で、内容もより強力なGTX 1060(6GB)に強化されています。もはやゲーミングラップトップレベル。

ディスプレイが大型化する分、サイズは一回り大きくなりますが、厚みは13インチのCore i7モデルと変わらず、15~23mmをキープしています。重さも2kgを切りました。
MacBook Pro 15インチが349.3 x 240.7 x 15.5 1830gなので、タッチスクリーンやロングバッテリーライフなどを考えれば、かなり頑張ったと言えるのではないでしょうか。


15インチモデルは RAM 16GB / ストレージ 256GB がお買い得

今回発表された15インチモデルには、ストレージ容量によって3つのグレードがあります。

モデル 価格(マイクロソフトストア・税込)
RAM 16GB / SSD 256GB 30万6,504円
RAM 16GB / SSD 512GB 35万4,024円
RAM 16GB / SSD 1TB 40万1,544円

ここで注目したいのが、13インチモデルにはなかったRAM 16GB / ストレージ 256GBのモデルがラインアップされていることです。

大量の写真を保存したり、内蔵ストレージだけでたくさんの素材から動画を編集して保存したり、オープンワールドの3Dゲームをいくつもインストールしたりしなければ、SSDは256GBあれば足りるケースが多いです。

こちら、私のSurface Book 2(13インチ)の内蔵ストレージの様子ですが、必要なアプリとデータが全部手元にある状態でこんな様子です。

Surface Book 2 storage usage

Windows 10 Fall Creators UpdateでOneDriveが「ファイルのオンデマンド」(必要なファイルだけローカルストレージにコピーする機能)に対応してくれたおかげで、内蔵ストレージの悩みがなくなりました。

気合を入れて動画編集するときには、どのみち外部ストレージを使うことになるわけですし、ゲームだって常に持ち歩く必要はないので、外部ストレージにインストールしておけばOKです。13インチモデルにこの構成があれば、きっとそっちを買っていたはず。

15インチの16GB / 256GBモデルは、13インチモデルの16GB/512GBモデルよりも、約3万円お安くなっていますので、大画面でより高性能なラップトップが欲しいならこちらを買って、浮いた分で外付けのSSDを手に入れるという選択肢もありだと思います。

据え置きで使うことが多いなら、より大容量で安価なHDDでもいいですね。

なんとか持ち運べて、文字通りデスクトップクラスの処理能力。ゲーミングPCのようにゴツくなくて、レンガブロックみたいなACアダプターやぶっといケーブルを持ち歩く必要もない上に、オフィスワーク的な作業なら8時間超バッテリーが持つという、唯一無二のラップトップがSurface Book 2(15インチ)です。これ一台あれば、PCでやりたい作業のほとんどはこなせますので、家でも外でもオフィスでも、価格相応の活躍をしてくれると思います。