Surface Pro(Core m3)+ タイプカバーの割引セットふたたび

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 20
Surface Pro - 8

Surface ProのCore m3モデルとブラックのタイプカバーのセットが再び登場しています。

お値段は税込み10万224円。ペンをセットにしても11万2,960円。学生さんのいるご家庭なら、1万円のキャッシュバックも。


Surface Pro(Core m3モデル)+ブラックタイプカバーのセットが10万224円

今回登場したのはSurface ProのCore m3 / 4GB / 128GBモデルにブラックのスタンダード型タイプカバーをセットにしたものです。

Surface Pro(Core m3) and black typecover

本体のスペックは次のとおり。

項目 内容
OS Windows 10 Pro
CPU 第7世代 Intel Core m3-7Y30
RAM 4GB
ストレージ 128GB SSD
ディスプレイ 12.3インチ、2736 x 1824ピクセル、タッチ操作・ペン入力対応
カメラ イン:5Mピクセル(Windows Hello対応)、アウト:8Mピクセル
インターフェース USB 3.0 Type-A、microSDXC、Surface Connect、
Mini DisplayPort、3.5mmヘッドセット、タイプカバー接続ポート
ネットワーク Wi-Fi:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.1
バッテリー 13.5時間(動画再生)
サイズ・重量 292 x 201 x 8.5mm、768g
その他 ペンは別売り

発熱の少ないCore m3プロセッサーを採用しているため、本体内部に冷却ファンを持たない静音設計となっています。

タイプカバーは標準の黒いタイプ。機能的には高級モデルのSignatureタイプカバーと変わりありません。

Surfaceのタイプカバーは構造上それほど堅牢なものではありませんが、ポコポコした打ち心地が癖になる、良いキーボードだと思います。

Surfaceのタイプカバーの打ち心地などについては、こちらのレビューでも触れていますので、参考にしてください。今回セットになるのと同じ黒いタイプカバーです。

【レビュー】新しいSurface Pro(2017年モデル)の長文・写真多め実機レビュー
つい先日発売されたばかりのSurface Proを使う機会があり、ここ数日ずっとこいつで作業していますが、思っていたよりもずっと出来が良いです。正直、甘くみてました。すみません。 そんなわけで、Surface Proのレビューをお届けします。書きたいことがたくさんありますので、そのつもりでお読みください。 なお、今回はペン入力に関するレビューはありませんし、タイプカバーは既存の黒いタイプを使っています。ご了承ください。(新しいペンもタイプカバーも未発売なので)

Core m3 / 4GB / 128GBでどこまでやれるのか

さて、今回セット販売されるSurface Proは、シリーズの中で最小構成のものです。このスペックでどこまでやれるかが少し気になるところです。

まず、CPUについて、Surface ProのCore m3-7Y30は、現行の12インチMacBookのCore m3-7Y32に対して、ターボブースト時のクロックが若干低いため、ベンチマークでフル回転させたときのパフォーマンスで10~15%ほど劣っています。ただ、違いはブーストを掛けたときの最大クロックだけなので、オフィスワークのような軽い作業で違いを実感することはほとんどないでしょう。まずまず戦えるはずです。

RAMは4GBですが、これも同時に起動するプログラム数を欲張らなければ、この先2年くらいの間は、とくに問題なく使えるのではないかと思います。それより先は、OSやアプリの要求スペックの増大によって、快適に作業するためには買い替えなどの検討が必要になるかもしれません。

ストレージ128GBは微妙なラインです。手元のSurface Book 2には、Windowsとセットになっているメーラーやカレンダー、Edgeブラウザー、ストア版OneNoteなどの他には、Office 2016(Word / Excel / PowerPoint / OneNote)、iTunes、Spotify、ブラウザー2種類(ChromeとFirefox)、Gimp 2、マスターマネー 6、Evernote、VLC、Vegas Pro 15くらいしか入れていませんが、データを除いた容量はおよそ65~70GBといったところです。つまり、データに使える容量は58~63GBということ。
アプリは必要最小限に絞り、データはなるべくクラウドに退避するなど、使い方に工夫が必要になるでしょう。

というわけで、今後少なくとも2年くらいの間、オフィスワーク中心で、あまりアプリを欲張らずに、データの管理にも多少は気を使うという使い方をするなら、Surface Pro(Core m3 / 4GB / 128GB)は使えると思います。

もう少し長い期間快適に使いたいなら、より上位のモデルはタイプカバーが無料になるセール中ですので、そちらでCore i5 / 8GB / 256GBあたりをお求めになるという手もあります。

Surface Pro 純正キーボード プレゼントキャンペーン(マイクロソフトストア)icon

以上、Surface ProのCore m3モデル+タイプカバーセットが再登場した話でした。