UQモバイルがデータ容量を増量!加入は12月まで待つべきか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 24
UQ mobile

UQモバイルが無料通話付きプランの通信容量を2倍に増量すると発表しました。

実施は2018年12月からですが、これから加入する場合も12月まで待つ必要はありません。

これで3年目以降も気兼ねなく利用できるようになります。英断に感謝です。


UQモバイルが「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」のデータ通信容量を倍増へ

格安SIMサービス「UQモバイル」で、無料通話付きの「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」の基本データ容量が2倍に増量されることが発表されました。

プレスリリースはこちら。

リンク:UQ mobile「おしゃべり/ぴったりプラン」の基本データ容量を増量(UQモバイル)

リンク先の図では、プランSが2GBから3GB、プランMが6GBから9GB、プランLが14GBから21GBという表現になっていますが、これはたとえばプランSなら、基本データ容量1GB + 増量オプション1GB の合計2GBが、基本データ容量が2倍になることで合計3GB(2GB + 1GB)になる、ということを表しています。わかりづらい。

肝心なことは、今回の変更で、プランSからプランLまで、基本データ容量がすべて2倍に引き上げられることです。

料金プラン 引き上げ前(2018年11月まで)の
基本データ容量
引き上げ後(2018年12月から)の
基本データ容量
プランS 1 GB 2 GB
プランM 3 GB 6 GB
プランL 7 GB 14 GB

これで、月額3,980円(当初13か月間は2,980円)のプランMで、追加料金も期間制限もなしに、毎月6GBという現実的な通信容量を利用できることになります。

また、これまで「増量オプション」で提供されていた追加容量分を利用するためには、データチャージの操作を行わなければなりませんでしたが、今回の変更以後は基本容量が増えるので、(基本容量の範囲内で利用する限りは)特別な操作なしで多くの容量を使えるようになるというのもありがたいところです。


わかりづらかったUQモバイルの料金体系

ここで、UQモバイルの現行の料金表を見てみましょう。

UQ mobile zouryou - 1

たとえば、「プランS」の料金は月額1,980円とされていますが、これは当初1年限りの料金で、2年目以降は月額1,000円増額になります。

また、同じ「プランS」のデータ容量は最大2GBとされていますが、これは先に述べた「増量オプション」分を含んでおり、3年目以降は増量オプションの月額料金を支払わなければ1GBに減ってしまいます。

さらに、ぴったりプランの「プランS」の通話時間最大60分も「増量オプション」分を含んでおり、3年目以降は増量オプションの月額料金を支払わなければ半分になってしまいます。

2年目以降の月額基本料の増加や、3年目以降の増額オプション料金の負担を考えても、ドコモ、au、ソフトバンクなどと比べれば安く利用できるのは間違いないのですが、それにしてもちょっと料金体系が複雑すぎたと言わざるを得ません。

今回の変更で、データ容量に関するややこしさが少しだけ解消されるので、料金の負担軽減に加えて、わかりやすさの面でも改善されるということになりますね。


加入を12月まで待つ必要はない

では、今回の変更の恩恵を受けるために、12月までUQモバイルへの加入を待った方がよいのでしょうか?

そんなことはありません。

今回の変更に合わせて、9月1日から11月30日までの間、実質的に12月以降の料金体系を先取りする「データ特盛キャンペーン」が行われます。

「データ特盛キャンペーン」の内容は次のとおりです。

  • 「増量オプション」の月額料金が無料になる
  • 「増量オプション」によるデータ容量の増量が増える
    (プランSは1GB→2GB、プランMは3GB→6GB、プランLは7GB→14GB)

そして、12月以降は前述のとおり基本データ容量が増える代わりに、「増量オプション」の増分は従来の容量に戻るということです。

11月までの間は「増量オプション」の増分でデータ容量の調整をするため、基本データ容量を超えて利用する場合には、データチャージの操作が必要ですが、その点に目をつむれば12月以降と同じだけの容量を利用できるわけです。

というわけで、シンプルで使いやすくなったUQモバイルは今後もますますおすすめです、という話でした。