秋に出るというMacBook Proをたぶん買わない理由

※ 当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しており、記事等には [広告・PR] が含まれる場合があります。
※ 当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しており、記事等には [広告・PR] が含まれる場合があります。
MacBook Pro M1 - 1 Apple

新しいMacBook Pro(14インチと16インチ)が登場すると噂される第3四半期がやってきました。

でも、自分はたぶん買わないんじゃないかと思う理由。


スポンサーリンク

MacBook Pro 14/16インチモデルをたぶん買わない理由

WWDCで登場すると言われていたMacBook Pro 14インチ/16インチモデルですが、キーノート全体が完全な肩透かしで、ほぼ新OSの紹介だけで終わりました。
(消費者目線での話。本来は開発者向けのイベントで、そちら方面はちゃんと充実していたはずです)

私はといえば、昨年登場したMacBook Air(M1)をWWDC直前に再度手に入れて、同じく昨年モデルのMac mini(M1)から乗り換えたところでした。

Mac miniに不満はありませんでしたが、据え置きの大きなディスプレイを撤去したくなったため、省スペース化が容易なMacBook Airに出戻ったわけです。
MacBook Airは発売直後に手に入れて使った経験があったので、使い勝手もパフォーマンスも十分なことはすでに知っていました。

で、そうした経験を踏まえて、この秋登場するというMacBook Proへの買い替えはたぶんしないという話です。

パフォーマンス

MacBook Airのパフォーマンスには完全に満足しています。

メーラー、ブラウザー、Officeアプリ、Notionなどのノートアプリを使った日常の作業は全くなんのストレスもなく行なえます。
これらはいずれもApple Siliconに最適化済みのアプリですが、まだ最適化されていないアプリを使う場合もとくに問題を感じたことはありません。

また、動画編集や画像編集のような負荷が高めの作業も快適に行なえます。
DaVinci Resolve Studio、Final Cut Pro、GIMPあたりをよく使いますが、動画の書き出し速度が最新のディスクリートGPUを載せたWindowsデスクトップ(PC本体のパーツ代だけでMBAの2倍以上するもの)と比べれば遅いことを除けば、ラップトップだとは信じられないほど快適です。

ということで、きっとパフォーマンスが改善されるMacBook Proが出ても、それだけでは買い替えの理由にはなりません。

インターフェース

MacBook Proで改善されると言われているもうひとつのポイントはインターフェースです。

MacBook AirにはUSB-C(Thunderbolt 3)のポートが2つだけ搭載されています。現行のMacBook Pro(M1)も同じです。

MacBook Air or Mac mini - 1

電力供給もこのポートから行うので、充電・給電中はアクセサリーを接続するのに使えるのは1ポートのみです。

これにはたしかに不満で改善のためにこういうものを使っています。

充電器、USBハブ、HDMIポートが一体化した製品で、USB-Cポートから最大30Wまで供給できるので、MacBook Airにちょうどいい容量です。

USBポートの数としては電源供給用の1ポートを節約できるだけですが、たとえば有線LANアダプターのような、常に接続しておきたいものがある場合は本当に助かります。

ちなみに、使っているLANアダプターはこれです↓。

このハブのおかげで、MacBook Air本体のポートを1つフリーにできるようになり、必要なときにカードリーダーやSSDを接続することができます。
(カードリーダーって故障しがちなので複数持っています。おすすめは一番上)

Zendureの電源アダプター兼ハブはお値段1万円少々と若干高めですが、コンパクトかつMacBook Airにちょうどいい性能で、今後家の外に持ち出す機会が増えたとしても活躍してくれそうです。

ということで、MacBook Proのインターフェース改善もそれほどには刺さらないと見込まれます。

ディスプレイ

MacBook ProにはMini LEDディスプレイが搭載されると言われています。

Mini LEDというと先日登場したiPad Pro 12.9インチモデルにも採用されていますが、そのレビューでは「黒が締まる」ことくらいしか褒められていないような印象ですし、一部ではブルーミングの問題も指摘されています。

消費電力が減る効果は期待できますが、これだけでMacBook AirからMacBook Proに乗り換える理由にはならなさそうです。


当面はMacBook Airで戦えそう

そんなわけで、この秋に新しいMacBook Proが登場したとしても、すぐにMacBook Air(M1)から買い換える必要はないのではないか、というのが現時点で考えていることです。

また、いま別のモデルを使っていて、すぐにでも買い替えたいという方は、秋まで待たずに現行のMacBookシリーズを買ってもいいんじゃないかとも思います。

新MacBook ProはMini LEDディスプレイの供給量の問題を抱えているようなので、発売されてもすぐに手に入るかどうかはわかりませんし。

以上、新しいMacBook Proについて思うことでした。


関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
AppleMac
キリツメをフォローする
タイトルとURLをコピーしました